topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

イタリア旅行21ホテル屋上での優雅ディナー※ただし寒い - 2011.06.30 Thu

さあ夕飯を食べましょう。
ローマでの初夕飯です。


フォト

良い感じに日も暮れてきました。

お昼はオルヴィエートの田舎町で絶品のカルボナーラを頂いた我々。
さあて期待の今夜のご飯はどこで食べるかと言えば……。


フォト
なんとビックリ。この藪の中ホテル改めホテル・ラファエルでとのこと


母「おいしいんだって~」

そうかおいしいのか。
たださあ、あのほら我々数日前にヴェネツィアにいた時に、
そこのホテルのレストランでもおいしいお料理食べたじゃない。
というか「おいしい」よりも「量多過ぎ」が先行しまくってたアノ料理食べたじゃない。
だから私、現在ホテルのレストランに対して若干の恐怖があるんですが……。


とは言え、もうここのレストランはヴェネツィアのと同じく出国前に予約完了していたもの。
当日になってキャンセルってのはあまりに失礼なので、ちゃんと今回もおめかししてホテルへのレストランフロアへとやってまいりました。

そしたらそのレストラン会場ってのが……、

フォト

なんとこんなところ



あらまあ、なんて素敵。


フォト

レストランの名前はBramante-ブラマンテ-
ルーフガーデンと呼ばれる所にある、つまりは屋上でのディナーなのです。


フォト

そのためクルりと辺りを見渡せば、ローマの夕焼けを一望
何だココ、とんでもなくゴージャスじゃないか。


フォト

ロマンスグレーのおじい様が弾き語るピアノをバックに、ひとまずスプマンテで乾杯。


うーんこの絶景だけをツマミにしても、随分酒が進みそうである。
実はこのレストラン、確かにルーフガーデンなるフロアが存在していた事は事前予約の時点で知ってはいたのですが、ホテル側の注釈には『夏季限定』と書かれていたんです。
そして我々の訪問時期は5月初旬。
日中は確かにTシャツ一枚でも丁度いい位ですが、寒暖差の激しいイタリア、夜にはジャケットやらセーターやらないとかなりキツイ程にまで冷え込んでいました。
そのため今回予約したこのレストランも、てっきり室内にあるもう一つのフロアで頂くもんだと思っていたんですが、いやはやこれは嬉しい誤算。
この景色の中で味わう食事なんて、めったな事では振ってこないチャンスですからね。

フォト

というわけで、さあ食べますよ。

ちなみにこちらのメニューは基本コースではなくアラカルトでの注文方式でした。
助かった。ほっとした。なんだとっても良い所じゃないか。


フォト

そうこうしている内にサンセットは終了し、一面実に綺麗なローマの夜の夜景です。


そして出てくる料理達


フォト

アスパラガスの盛り合わせチーズかけ放題。
アスパラは今時期の『トップオブザ旬』だと分かった今、このメニューを外さない訳が無い。
そしてやっぱり案の定美味い。


フォト

生ハム色んなオリーブで試し食い
3種類のオリーブで食べ比べろというものだった。
この生ハムもこの価格&クオリティで日本で食せないのが本当に悔しい。


フォト

そして完全に夜が更け切ったころにメイン達(奥に見えるのはバチカン市国にあるサンピエトロ寺院です)


フォト

サーモンのクリーム系リガトーニ
リガトーニとはパスタの種類でバカでかいマカロニみたいなやつ。父のお気に入りでヴェネツィアでも食べた。


フォト

豚のヒレ焼き豆煮込みソース

フォト

いやあいいね。粋だね優雅だね。
あとあれだね。寒いね!!!!

ねえやっぱりさ、寒いよ。季節いつだと思ってるのよ。
伝熱ストーブとか置いてくれてるみたいだけど全然効かないよ。だって外なんだもん。
しかしこうやって寒い寒いと嘆いているお客はびっくりするごとに我々のみ。
あとのお客様たちなんか肩まで出したドレス姿で悠然とご飯を食べ続けています。
うーんなんだ、我々が鍛えてないだけなのだろうか。
しかしどうにもこうにも寒過ぎて、申し訳ないがレストランの給仕をしてくれていた綺麗なお姉さんに
「ちょっと膝かけを借りたいんだけれども……」
と頼んでみたら、返ってきたのは
「…え、膝かけ?なんで??」
という逆質問。寒いからだよ。


フォト

その後、そのお姉さんは困った顔で「ちょっと聞いてきますね」とその場を後にしましたが、しばらくして申し訳なさそうに戻ってくると、
「え~っと申し訳ありませんマダム。何せ今まで『寒い』と仰る方が居なかったもんで、用意していませんの」
だとの事。
みんなタフ過ぎるだろ。


フォト

結局、最期のデザートまで生き残るために、もしものために持ってきていたホッカイロを全員背中にペタペタつけて無事頂き終えましたとさ。


立地、おいしさ、共に最高のレストラン。
ホテル利用者限定なのかまでは分かりませんが、一見お席料だけでもとんでもない事になりそうな雰囲気にも関わらず、実際のお会計は気が抜ける程にお手頃でした。
もちろん格安とは言いませんが、東京の最上階レストラン系だったらこの額じゃ絶対間に合わないだろうなという位だったと思います。

皆さんも、チャンスがあれば是非ココへ。
ただし、あいつらの体感温度は何かがおかしいので、各自防寒対策はしっかりお願いします。


PS.
それと、このローマの夜景を見降ろしたいと思う人はもちろん我々だけではありません。
夕方から夜にかけて、ローマの上空をヘリでスカイクルージングするという大変ロマンチックなプランがはやっているのか、我々が優雅に夕食を取っている間中、ひっきりなしに頭上をヘリコプターが行き来していました。
そしてそのたびにヘリのブンバラブンバラやかましい騒音で会話が成立できず。
まあ誰のせいでもないのかもしれないが、うるさい。


フォト

明日はこのサンピエトロ寺院に行きます。




スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://valentinorossifumi.blog.fc2.com/tb.php/88-2fddc7fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イタリア旅行22バチカン市国とホテルの朝食 «  | BLOG TOP |  » イタリア旅行20オルヴィエートからローマへ

プロフィール

ジール

Author:ジール
出版社で仕事をした後イタリアに住み着く。
その後帰国し所帯を持ってからは映像編集の仕事に従事中。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



最新記事

カテゴリ

旅行 (49)
イタリア旅行14 (41)
イタリア旅行11 (29)
イタリア滞在 (43)
クルーズ旅行 (15)
カリフォルニア旅行 (11)
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー (8)
ウォルト・ディズニーワールド (50)
ディズニーランド・パリ (3)
ユニバーサル・スタジオ・フロリダ (9)
台湾旅行 (24)
京都旅行 (23)
各地イベント体験 (40)
インテリア (26)
映画 (14)
バイク (45)
ゲーム (25)
雑記 (26)
料理関係 (20)
結婚関係 (14)
ムジェロGP (2)
サンマリノGP (2)
もてぎGP (4)
ハワイ旅行 (39)
フランス旅行 (12)
北海道旅行 (13)
ハワイ旅行 15 (14)

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
262位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
90位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。