topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

ハネムーンクルーズ日記1(行き先決定と成田まで) - 2011.11.06 Sun

この度、ハネムーンをしてきました。
行き先はイタリアとギリシャとクロアチア。
この三ヶ国に旅行と聞いて、我が姉は「財政難シリーズの旅?」と尋ねていましたが違います。
「エーゲ海隣国シリーズの旅」です。
そこらへんお間違えなく。


そもそもこのハネムーン。
前回の日記にも書きましたがものすごく突発的に決まりました。
一般的に言われる所のハネムーンですと、それこそ結婚式の次の日辺りからトランク一つに空き缶を大量にぶら下げてゴンガラゴンガラ日本を飛び立ち、
旅行先ですったもんだあった挙句に成田離婚するとかしないとか…、
まあ聞きかじった内容が偏っているにも程がありますが、
ようするに結婚したら直ぐに行く初めての旅行、それがハネムーンのはずなんです。

めでたくも去年の11月に挙式を上げさせていただいた我々。
本来ならば去年の今頃あたりに旅行先での素敵体験を味わっているのが正しいハネムーンなんだったんだろうとは思うのですが、なかなか大きな休みを一度に取る事ができずに先延ばしになっていたのです。

その頃は「ハネムーンと結婚式を同時にやるより後日改めてハネムーンをすれば楽しみが二倍長持ち」
という極めて『楽しみ貧乏』な私の性格もあってむしろウェルカムな感じだったのですが(同じ理由で出来ちゃった結婚も勿体なくて嫌)、
なんだかその後仕事はますます忙しくなるわでとんと休める雰囲気がめぐって来ないまま、あれよあれよという間に一年が経過してしまったのです。

これはひょっとするとハネムーン消滅の危機だぞ と一人あわあわしかけていたその頃にやってきたのが、今回のチャンス。
元祖『楽しみ貧乏』であり初代『もったいないオバケ』である私としては、ハネムーンなんぞという一大イベントに置いて『無計画の適当旅行』なんぞもったいなさすぎてしょうがないのですが、
じゃあハネムーンごと無かったことにするかと聞かれればそんなの言語道断なわけなので、
大慌てでその日の夜に行き先の決定と航空券の予約をすることになったのです。


で、その時目に止まったのが、こちら

フォト

クルーズ旅行ー。
※このカタログは申し込みをしたら速達で届いたモノです。


その昔、行く予定も立たない新婚旅行の妄想にあぐねていた頃、一度目に止まっていたこのフレーズ。
『クルーズ×海外旅行』 というコンボを見ると、条件反射でロックフェラーやら若大将やらタイタニックやら氷山やら沈没やらのイメージが先行し、
どえらい富豪じゃない限り貨物室にすら入れないんじゃないかと思ってしまいがちですが、意外や意外、船のランクもそれぞれでちょっとしたバカンス用のカジュアル船なんてもんも結構ありました。
中でも今回利用した『Costa Cruising(コスタクルージング)』という会社が運営している大型客船は、カジュアル船の最王手。
イタリアジェノバが本社のイタリア船というだけあって(現在親会社は買い取られてアメリカ資本らしい)、イタリアのヴェネツィア・ナポリ・サボナ等々の港からヨーロッパの国々を回る船がじゃんじゃん出ているんだそうです。

へー、ヨーロッパって客船旅行がそれなりにメジャーだったのね。

元来、旅行となればできる限り多くの観光スポットを貧欲に巡ってみたいと思う私。
ハネムーン旅行といえばむしろ『何も無い南の島のビーチに寝転んで、誰にも邪魔されない二人だけの緩やかな時間を満喫する』って方が一般的なのかもしれませんが、
そこは初代『もったいないオバケ』であり本家『暑がり』である私の望む旅行ではありません。
泳げないし。

てなわけで、めでたくその場で行き先決定。
後は大慌てで飛行機の予約を取り、ホテルの予約を取り、屋根裏からトランクを掘り当て、
ありったけの荷物を詰めると…


フォト

成田~ん。

あっという間に当日です。
いやあ今回準備が早かった。我ながら頑張った。
色々あったけど、とはいえここまでは来られたのだ。
これで念願叶って夢のハネムーンへと旅立てるのだ。


フォト

夢のクルーズ旅行を祝して、成田空港での最後の日本食を嗜む我々二人。


まあ正直不安がないわけじゃない。
これだけ準備に時間の無かった海外旅行ってのは初めてだし、それを差し引いても、実は自分が全面的にリードしなくてはいけない旅行ってのもほぼ初めて。

今までの旅行はmikeと一緒の海外旅行が殆ど。互いに海外旅行は熟知している上に、語学も心配しない。さらに基本貧乏旅行しかしないのでスリ・置き引き等の犯罪にも巡り合わなかった。
金銭的に心配だった前回の家族旅行も経験しましたが、あれで一応我が家族の面々もそれぞれ海外自体には慣れているため、どこが危なくて何が危険なのかってのは大体分かってくれる。
対して今回の旅のお供であるゴードンさんは、これが人生2回目の海外経験。
しかも初回は私がイタリアにいた頃に会いに来てくれた時で、その時は日本からの直通飛行機で真っ直ぐローマへと向かい、空港では私が出口まで迎えに行くという破格のVIP待遇。
今まで埼玉の雄大な関東平野内だけでスクスクと育ち、十万石饅頭に包まれたような平和な生活しかしてこなかったゴードンは、果たして海外の治安の悪さをかいくぐって行けるのだろうかしら。
サービス業のお姉さんたちの愛想の悪さにショックを受けないかしら。



フォト
海外ではこういった料理の一つも笑顔でサーブしてくれるとは限らないのだよ。


と、まあ無駄に先輩風を吹かせて一人不安になってみたりもしましたが、そんなの本人にとっちゃ余計なお世話に違いない。
海外経験が乏しいとはいえ一端の成人男性が旅行に行くんだ。基本どこでだってでんと構えて謳歌してくれるはずだ。
かくいう私だって完璧なナビゲートができるとは限らないじゃないか。未だに税関とかちょっとドキドキするじゃないか。

フォト
お約束の飛行機の写真とかも、未だに浮かれて撮っちゃうじゃないか。

なんだ、結局の所私もゴードンと大差ないじゃないか。
ここは二人で互いに支え合いながらワイワイ仲良く楽しめればいいんじゃないか。
新婚旅行ってそういうものじゃないか。
と、成田空港にて改めて心を入れ替え直した私。
さあ、いよいよ初めての、二人っきりの新婚旅行の始まりです。
準備は良いかな?換えの下着やパンツは十分かな?乗船券はOKか?
慌ただしくて準備もままならなかった今回の旅だ。おおらかに行こうじゃないの。
洋服が少なくたってパンツが足りなくたって、最悪パスポートとお金さえあれば全てやり過ごせ…、
ゴードン「あ、そう言えばアレ忘れて来ちゃった」
アレって何を?
ゴードン「換金したユーロ紙幣全額」
……
……
………。



フォト
現金全てを家に忘れてきても、どんと構えて日本食を謳歌するゴードンの図。


前途が多難でしかない……。

スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://valentinorossifumi.blog.fc2.com/tb.php/72-41737f2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハネムーンクルーズ日記2(ヴェネツィアに着くまで) «  | BLOG TOP |  » 急に決まった

プロフィール

ジール

Author:ジール
出版社で仕事をした後イタリアに住み着く。
その後帰国し所帯を持ってからは映像編集の仕事に従事中。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



最新記事

カテゴリ

旅行 (49)
イタリア旅行14 (41)
イタリア旅行11 (29)
イタリア滞在 (43)
クルーズ旅行 (15)
カリフォルニア旅行 (11)
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー (8)
ウォルト・ディズニーワールド (50)
ディズニーランド・パリ (3)
ユニバーサル・スタジオ・フロリダ (9)
台湾旅行 (24)
京都旅行 (23)
各地イベント体験 (40)
インテリア (26)
映画 (14)
バイク (45)
ゲーム (25)
雑記 (26)
料理関係 (20)
結婚関係 (14)
ムジェロGP (2)
サンマリノGP (2)
もてぎGP (4)
ハワイ旅行 (39)
フランス旅行 (12)
北海道旅行 (13)
ハワイ旅行 15 (14)

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
304位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
104位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。