topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってみる - 2014.09.11 Thu

藤子・F・不二雄と聞いて、何の漫画を思い浮かべるでしょうか。
多分代表作は『ドラえもん』。ですが『パーマン』、『キテレツ大百科』、『エスパー魔美』、『21エモン』あたりも有名作品だと思います。


ドラえもんは今でも続いている作品なのでリアルタイム世代の幅が凄い事になっていますが、それ以外の『パーマン』や『キテレツ大百科』、あと『オバケのQ太郎』辺りも私の幼少期にギリギリでアニメ放送されていたような気がします。
なので、藤子先生の世代は私の世代と言っても、若干過言ではありますが、いいのではないでしょうか。


と言うわけで、

藤子・F・不二雄ミュージアム
このたび【藤子・F・不二雄ミュージアム】に行ってみました。


神奈川県川崎市にあるこのミュージアム。3年前くらいに出来た比較的新しい博物館で、珍しい完全予約制な事でもちょっと有名です。
同じく完全予約制と言えば、【三鷹の森ジブリ美術館】も有名ですね。こっちは三鷹市か。いずれにしろ遠いな。


藤子・F・不二雄ミュージアム
最寄駅は【向ケ丘遊園】です。
そこから歩いて15分くらい。のどかな住宅街と、所々に点在するキャラクターのオブジェとかを見ながらテクテク歩くのも結構良かったです。


藤子・F・不二雄ミュージアム
しかし3年近く経つと言うのに未だに凄い人気。平日はともかく、土日は数日前には予約完売していました。

我々も以前からちょっと興味があったのですが、やや遠い事と、あと予約が面倒そうだったのとで足が向かなかったんです。
というか、一番の理由は、実はあまり藤子先生の作品をちゃんと見た事がないから。
世代だって無理やり言った癖に……。



ドラえもん (1) (てんとう虫コミックス)ドラえもん (1) (てんとう虫コミックス)
(1974/07/31)
藤子・F・不二雄

商品詳細を見る

しょうがないんです。我が家の教育方針は『漫画・アニメ・ゲームに触れさせない』という方向性だったんです。
なので、先程アニメが放映されていた気がすると書きましたが、多分してたんでしょうがちゃんとは見せてくれなかったのでそんな気がするだけなんです。

その他にもコロコロやジャンプやなかよし的な雑誌も読んじゃダメ。我が家にあった唯一の漫画は、エルジェ作の『タンタン』シリーズと、あと何故か手塚治虫の『火の鳥』全巻です。



ふしぎな流れ星 (タンタンの冒険)ふしぎな流れ星 (タンタンの冒険)
(1983/04/30)
エルジェ

商品詳細を見る

この巻にあった世界の天変地異で焼け死にかけるシーンが、子供ながらにトラウマでした。



火の鳥 全13巻セット (角川文庫)火の鳥 全13巻セット (角川文庫)
(2004/03/14)
手塚 治虫

商品詳細を見る

そしてこちらも立派なトラウマ製造機。一巻一巻がレバーペースト並の重さ。


というように、唯一の読んでいい漫画のチョイスとしてはアクが強すぎる気もしますが、ともあれそんなわけで藤子先生どころかエルジェと手塚治虫以外の漫画は幼少期は知らなかったんです。
当然アンパンマンも見た事ありません。ファミリーコンピューターも、世代としては持っていてもおかしく無かったのですがありませんでした。

結局、小学校高学年辺りからその規制はやんわり解かれ始め、私の漫画やゲームの趣味はそこから花開いていったのです。


藤子・F・不二雄ミュージアム
で、話を戻してミュージアムです(専用シャトルバスもあった模様。ラッピングが可愛かったです)。


このミュージアム、展示物のある場所は基本的には撮影禁止です。
ですが入ると必ず全員にオーディオガイドが渡されて、じっくりゆっくり説明を聞いて回る事ができます。

藤子・F・不二雄ミュージアム
そして外の展示物なら撮影OKです。あの有名な綺麗なジャイアンもお外にあります。


つまり原画物は撮影NGだけどそれ以外ならOKという感じです。
先程言った通り、大して藤子先生知識の無い私にとって、何より嬉しかったのはこのオーディオガイド通常装備というスタイル。
やはりちゃんとした説明を聞いて、その話の前後や、これを描いていた頃の時代背景や作者の境遇などが分かれば分かる程、色んな物が興味深く見えてきます。


藤子・F・不二雄ミュージアム
それと色んな事を詳しく知らなくても、単純にとても面白かったのがこの特設カフェブース。

ここは行った事のある全ての人がお勧めしていて私も楽しみにしていたんですが、恐らくこのミュージアムに入る人全員がこのカフェを目指すため、常に2時間待ち近くの大混雑です。
このカフェは予約をしておくと、自分の番が近づき次第携帯電話に連絡が行くという素敵なシステムを採用しているため、なによりもまずミュージアムに入ったら真っ先に予約をして、それから2時間近くを博物館観賞しながら待っているのが一番効率良い回り方だと思います。


藤子・F・不二雄ミュージアム
キャラはランダムらしいラテアート。可愛い。


DSC_0248_R.jpg
未だに大人気で結構混んでいますが、それでも入ってしまえばいくらでも居ていいので、自分のペースでゆったりのんびり観賞できるのが良い所です。
我々も、何だかんだで3,4時間程居座った気がする。博物館としては驚異的。コストパフォーマンスもそう考えれば中々のもんです。



DSC_0251_R.jpg
夏休みも終って涼しくなれば空いてくるらしいので、もしいつかのお休みにいかがですか?


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://valentinorossifumi.blog.fc2.com/tb.php/605-b629ce53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トリシティモニターが当たったよ «  | BLOG TOP |  » ハワイアンっぽいランチパーティーをしよう

プロフィール

ジール

Author:ジール
出版社で仕事をした後イタリアに住み着く。
その後帰国し所帯を持ってからは映像編集の仕事に従事中。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



最新記事

カテゴリ

旅行 (49)
イタリア旅行14 (41)
イタリア旅行11 (29)
イタリア滞在 (43)
クルーズ旅行 (15)
カリフォルニア旅行 (11)
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー (8)
ウォルト・ディズニーワールド (50)
ディズニーランド・パリ (3)
ユニバーサル・スタジオ・フロリダ (9)
台湾旅行 (24)
京都旅行 (23)
各地イベント体験 (40)
インテリア (26)
映画 (14)
バイク (45)
ゲーム (25)
雑記 (26)
料理関係 (20)
結婚関係 (14)
ムジェロGP (2)
サンマリノGP (2)
もてぎGP (4)
ハワイ旅行 (39)
フランス旅行 (12)
北海道旅行 (13)
ハワイ旅行 15 (14)

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
271位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
96位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。