topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

イタリア旅行17 イタリア電車の切符の買い方について - 2014.06.21 Sat

さあて朝になりました。4日目の朝です。
今日は朝から電車に乗ってお出かけです。昨日も電車に乗ってました。そして明日も電車に乗ります。
イタリアの電車は覚えると結構楽ちん。そして使えると相当旅行の行き先が広がります。

と言うわけで、今回は電車の(主に)切符の買い方をご紹介します。


イタリア 切符の買い方
電車を乗る時の必需品、切符はこうした窓口(【biglietteria/ビリエッテリア】)か自動券売機での購入になります。

窓口の場合、行きたい駅名さえ叫べばどうにかチケットが手に入るという意味では非常に旅行者に優しいですが、
『何時に着きたい』だとか『出来るだけ安く行きたい』といった要望が色々ある場合、それを伝えて交渉するのは何かと骨が折れるかもしれません。


イタリア 切符の買い方
そんな時にお勧めなのが、【biglietto veroce(ビリエット・ベローチェ)】。つまり券売機です。
これなら人相手じゃないので十分長考の時間を取れます(並んでたらせかされますけど)。
使い方も分かれば結構簡単です。

と言うわけで、以下使い方の紹介です。


1、
イタリア 切符の買い方
言語を選択。一番自信のある言語で挑みましょう。

2、
イタリア 切符の買い方
普通に切符を買うのなら一番左上の【Compra biglietto(コンプラ ビリエット)=切符購入】ボタンを押します。

3、
イタリア 切符の買い方
行き先を押します。
最初から近辺の主要駅は予告標示してくれていますが、もしこの中に目的地の名前が無かったら、検索欄をクリックして入力しましょう。

イタリア切符の買い方
こんな風に。

4、
イタリア切符の買い方
無事入力できると、時刻表に沿った購入画面が出てきます。
毎回思うんですが、なんだかこの画面、切符購入というより乗換案内のよう。
表の一番左が【出発時刻 - 到着時刻】。次の【CAMBI(カンビ)】は乗り換えの回数を表示。その隣の【TRENI(トレーニ)】は電車の種類(鈍行とか急行とか新幹線みたいなのとか色々)【PREZZO(プレッゾ)】は価格で、一等車がある場合はその値段も表示されます。

……と、御覧の通り、一見するだけで何時発の電車が安いとか、速いとか、何回乗り換えるだとかが全て分かるようになっています。
個人的にはこの表示方法が分かりやすくて大好きです。
恐らく日本とは比べ物にならないくらい電車の路線も本数も少ないからこそ、こうして表示できるのではないでしょうか。うむ。助かる。

ちなみにココに出てくるのは『今日の今の時間から乗れる列車達』なのですが、もし数時間先、あるいは数日先の切符を買いたいのならば、右上にある【CAMBIA DATA E ORA(=日付&時間変更)】をクリックすると、

イタリア 切符の買い方
こうしてカレンダーから選べる形になります。
そうして自分の理想の『価格・時間・乗り換え回数』に合致する切符を見つけたら、右側にある買い物かごをクリックすれば、ネット通販みたいな感覚で購入可能です。

5、
イタリア切符の買い方
次の画面で人数も記入しましょう。【ADULTI(アダルティ)】がアダルト、つまり大人です。下の子供は12歳未満なら購入可能。


で、ここまで行ってしまえば、後は【AVANTI=進む】、あるいは【ACQUISTA=購入】を押していけば『料金を投入してください』みたいなイラストの所までたどり着くかと思いますので、そこで満を持してお財布からしかるべき料金を入れれば完了です。
お疲れ様です。

ちなみにこの時になって初めてこの券売機がクレジットカード専用機だと気づき、泣く泣く他の券売機に移動して最初からやり直した事も結構あります。
ちゃんと券売機の前面にお金のマークと投入口があるかどうかも確認してみてください。
あと、『何だか分からないけど切符がうまく発券されない券売機』も結構あります。画面が途中でフリーズするとか。
なので誰かが既に購入している所の後ろに並んで順番を待った方が安全かもしれません。
それと、券売機との格闘に夢中になっていると脇から「やり方教えてやるからお金くれ」とずかずか入ってくる人や、「切符なんて買わずに俺に金をくれ」としつこく迫ってくる人や、あまつさえ無言で財布や荷物を盗みに来る人たちも、駅の治安状況によってはいたりします。

理想としては1人が購入係、もう一人が辺りを警戒して購入者と荷物を守る『ツーマンセル』状態を保つ事です。
連携は戦場の要ですから。互いの背中を預けられる仲間、それがバディです。

電車切符の買い方
そんな相棒と幾多の戦場を駆け抜けて手に入れた切符は、こんな感じです。

日本の切符と比べると破格のでかさ。
新幹線の切符だってこれの3分の1程度じゃないでしょうか。
これ、上が普通の座席指定のない【鈍行列車】の切符。下が座席指定アリのやつです。
切符の真ん中辺りにある【CAROZZA 006】とは006車両という意味。隣の番号はそれぞれの座席番号です。
そして右上に【5 ADULTI】と書いてある通り、これ、この1枚で5人分です。
だからこんなに切符が大きいのか。と言うわけではなく、1人で買ってもこの大きさです。
まあ1枚で済むからバラバラにならないし、大きいから無くしにくいかもしれないので、これはこれで便利な点なのかもしれません。


電車切符の買い方
そして最後に必ず自動検札機で刻印(timbrare ティンブラーレ)しましょう。
ここまできて打刻せずに乗っては全てが水の泡です。


ジェノバ
それでは、よい列車の旅を。

※次回は改めて、チンクエテッレへ向かいます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

● COMMENT ●

初めまして!
キャメロットヒルズで挙式予定のゆいきゅると申します。
式場名で検索したらこちらのブログにたどり着きました。

結構前の記事にはなってしまいますが、
生い立ちムービー感動しました( ;∀;)
RPGツクールで作りたいと思っていた一人です。(作成経験全くなし)

あの頼んだら作成って可能でしょうか?
金ならいくらでも積みます。(ごめんなさい、いくらでもは嘘です)

真面目な話、作成っていうのは受け付けたりしていますでしょうか?
コメントお返事頂けたら幸いです(*´ω`*)

ゆいきゅる さん

ゆいきゅるさんはじめまして。昔の記事を読んでいただき光栄です。
そしてキャメロットヒルズで挙式を予定しているとのことで、まずはおめでとうございます!
数年前になってしまいますが、私が式を上げた時も、思い出に残る素敵なサポートをしてもらったとても良い会場でした。
建物も可愛らしいですよね =ワ=

そして、RPGツクールでプロフィールを…と言う事はゲームのお好きな方だとお見受けします。
幸せな日を迎える方のお力になりたい…とは思うのですが、何せ晴れの席。自分の式に自分の素人自主製作を流す分には一向に構わなくても、自分以外の方にというのはあまりに荷が重すぎます ><;
RPGツクール自体の製作経験は無いとの事ですが、一応「ゲームなんか作った事ない人用」のソフトである以上、恐らくゆいきゅるさんも時間さえかければちゃんと作れると思いますよ。
一応最新作(?)の『RPGツクールVX』なら公式サイトでキャラメイクが出来たりするようですし。http://www.famitsu.com/freegame/tool/chibi/index1.html
ふがいなくて申し訳ありません (ノД`)゜。゜ でもゆいきゅるさんのお幸せと式の成功は心よりお祈りさせていただきます!

さっそくお返事ありがとうございます( ;∀;)♡
こんな変なお願いをしたにも関わらず、ご丁寧に…。

ゲーム好きというか2ch実況好きの女です。笑
RPGツクールのフリゲとか見ていて、こんなの作れるなんてすごい!と感動していました。

主人が昔ツクール経験があるらしく、余裕があったら作ってみようかなと思います。
実現は難しそうですが…(;´・ω・)

見ず知らずの人間の式に流すのなんて確かに荷が重いですよねw
もし逆だったら絶対断りますwww
アドバイス本当にありがとうございました!
ツクールも視野に入れて考えてみます!

Re:

ゆいきゅるさん。
重ね重ねお力になれず申し訳ありません(┳◇┳)
しかしご主人さんはツクール経験おありなんですね!頼もしい方が居たようで一安心ですw
せっかくのお祝いの席、可能であればご自分で作られてみた方が良い思い出になると思いますよ。
あいにくお手伝いはできませんが、願うのは勝手と言う事で、キャメロットヒルズでのお式の成功重ねてお祈りいたします!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://valentinorossifumi.blog.fc2.com/tb.php/576-f42f4182
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イタリア旅行18 世界遺産、チンクエテッレへ «  | BLOG TOP |  » イタリア旅行16 ジェノバのSOHOで夕飯

プロフィール

ジール

Author:ジール
出版社で仕事をした後イタリアに住み着く。
その後帰国し所帯を持ってからは映像編集の仕事に従事中。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



最新記事

カテゴリ

旅行 (49)
イタリア旅行14 (41)
イタリア旅行11 (29)
イタリア滞在 (43)
クルーズ旅行 (15)
カリフォルニア旅行 (11)
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー (8)
ウォルト・ディズニーワールド (50)
ディズニーランド・パリ (3)
ユニバーサル・スタジオ・フロリダ (9)
台湾旅行 (24)
京都旅行 (23)
各地イベント体験 (40)
インテリア (26)
映画 (14)
バイク (45)
ゲーム (25)
雑記 (26)
料理関係 (20)
結婚関係 (14)
ムジェロGP (2)
サンマリノGP (2)
もてぎGP (4)
ハワイ旅行 (39)
フランス旅行 (12)
北海道旅行 (13)
ハワイ旅行 15 (14)

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
271位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
93位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。