topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

イタリア旅行01 夢の直行便でミラノへ - 2014.05.10 Sat

さて、このたび私はゴールデンウィークを利用してイタリアへと行ってきました。
なんだかんだで良く行くイタリア。行けども行けども見る所が多いイタリア。
素晴らしいイタリア。若干治安の悪いイタリア。そんなイタリアの旅行記です。
今回の旅のコンセプトは『盗まれない、盗ませない』です。皆さんバッグは必ずチャックの閉まる物を持っていきましょう。


成田空港
取りあえず、全ての始まりは成田から。


イタリアは観光旅行先として随分メジャーなため、成田以外にも関西国際空港からも直行便が出ていますし、乗り換えを視野に入れれば相当な数の飛行機会社からルートを選ぶ事が出来ます。これは便利。

もちろん一番楽なのは【ファーストクラスでの直行便】に決まっているのですが、今回もそんな予算は当然なく、
旅のご予算と機内滞在時間&乗り換え回数の精神的限界値を秤にかけた結果、【行きは直行便(ただし帰りは地獄の2回乗り換え)】というちょっと変わった飛行ルートをたどる事に決まりました。

旅行後半のしわ寄せ感が半端ないですが、まあこれも良いでしょう。
『元気な行きの便に乗り換えを多くして、帰りを楽な直行便にする』という逆の方法もあるにはあったのですが、
着いたその日からヘロヘロになっているくらいなら、旅を謳歌し終ってからの方がどれだけ飛行時間が長くても強制的に眠る事が出来るだろうという考えの元、このプランが決められました。


成田空港
多分私にとって『行き帰り直行便でヨーロッパへ行く』というのは、『ファーストクラスに座る』並に訪れる事の無い選択かと思われます。



ま、そんな愚痴はともかく、


成田空港
今回使った航空機はアリタリアです。

名前だけで分かる通り、イタリアの航空会社です。テーマカラーは深い緑とワンポイントの赤です。
現在日本⇔イタリア(ミラノ・ローマ)間を直通運転しているのはこの会社のみで、確か昔はJALもあったような気がしますがいつの間にか無くなってしまったようです。


アリタリア
航空会社によっては有料だったりしますが、アリタリアはアルコール無料です。
でもこのCASTELLO(カステッロ)というビールは始めてみました。
調べてみればこれはフリウリ・ヴェネツイア・ジュリア州(イタリアの一番右上の端っこ州)の会社の物らしいのですが、残念ながら私のタイプの味ではありませんでした。イタリアビールなら多分一番有名なnastro azzurro(ナストロアズーロ)の方が好きです。昔乗った時はそれが出てきた気がしたんですが、今回はなんでなんでしょ。
降りる場所が今回は北イタリアだからかしら。


アリタリア
機内食は普通の美味しさです。
こちらはジャポネーゼ。たらこご飯ときんぴらごぼうが美味しかったです。


アリタリア航空
こちらはイタリアーノ。ラザニアでした。
ビーフ・オア・チキンだとすると、こっちがチキンだったのでしょうか。それともそんな概念無いんでしょうか。
あとなんで両方とも炭水化物がメインであるのに平気でパンも出てくるんでしょうか。
機内食の伝統なんでしょうか。


アリタリア航空
食後に日本でもまだ食べた事の無い日本のアイスをくれました。

あいにく機内映画のラインナップは大した事ありませんでしたが、美味しいアイスと、何より直行便という素晴らしいサービスでもって大満足な空の旅。
寝たり起きたりお酒を飲んだりしているうちに11時間程経過して、我々ミラノのマルペンサ国際空港へとたどり着きました。


ミラノ空港
いつもならここで乗り換えとなるはずが、今回はもう到着。
ああなんて体と心が楽なんでしょ。
やっぱり直行便っていいですね。


ミラノ空港
さて、それではさっそくホテルへと向かいましょう。

マルペンサ空港からミラノの市内へと向かう場合、選択肢として出てくるのは、この荷物引取りターンテーブルの所にある大きな案内図の通りです。
なんかゴチャゴチャ書かれていますが、つまりは電車かバスか、タクシーかレンタカー。

レンタカーはさておき、公共交通を使うなら電車が一番初心者的には簡単かと思います。
安さを考え、なおかつ予約したホテルが何処かのバス停留所付近であると分かっていればバスも使えますが、
人数がそこそこいて割り勘できると考えれば、タクシーは『市内』ならどこでも一律料金なため、それこそホテル前まで直で移動できます(本当に一律料金で収まるかはタクシー次第ですが)。
空港から出ている電車はMalpensa Express(マルペンサエクスプレス)という名前も近い成田エクスプレス的な電車一本のみで、市内の2大主要駅の【Stazione di Milano Cadorna(ミラノカドルナ駅)】と【Stazione Centrale di Milano(ミラノチェントラーレ(=中央)駅)】に止まります。


10_milano.jpg
右上の赤丸がミラノ中央駅、左下の青丸がミラノ・カドルナ駅です。


ややこしいのがこのミラノ・カドルナ駅ミラノ・ノルド(北)駅とも呼ばれていたり、ミラノ中央駅ミラノチェントラーレ駅としてしか表記せずにあくまで別物だと勘違いさせてしまうような日本語表記がされていたりして混乱するんですが、これらは全て同じ駅です。
ミラノ・カドルナ駅ミラノ・ノルド駅であり、
ミラノ・チェントラーレ駅ミラノ中央駅なんです。
そして二つともマルペンサエクスプレスに乗れば着きます。
空港を出て案内表記に従ってトランクケースをゴロゴロ言わせれば、大きな駅への入り口と無駄にでかい有人窓口が見つかるのでそこでたどり着きたい方の駅名を言ってお金を払えば切符は買えます。
イタリアには改札機が無いため、自分でホーム前に設置されているマシーンに切符を入れて日付等を打刻しましょう。
じゃないと抜き打ち検査に来た駅員さんに物凄い罰金を支払う羽目になります。


ミラノ空港
そして中央、カドルナ両駅は二股に分かれた先の終着駅なため、乗り間違えには注意しましょう。


ミラノカドルナ
我々が今回ホテルを取った最寄駅はこちら、ミラノ・カドルナ駅(またの名をミラノノルド、あるいは北駅)です。
……ややこしい。


駅の規模で言えば中央と名が付くだけあって、ミラノ中央駅の方が大きく、また駅自体も大変立派です。
ただしミラノ名物のドゥオモやガレリア、最後の晩餐のある教会などはこちらのカドルナ駅に近いため、現地での移動のしやすさで考えればカドルナ駅周辺のホテルの方が何かと便利かもしれません。
それにミラノ中央駅方面の電車は途中駅停車タイプも多く、普通の通勤で利用している人もいたり降りる場所がちょっと不安になったりしてしまうかもしれませんが、こちらのカドルナ駅は空港と直結なため、停車駅も一個と間違えようがありません。


ミラノ
一応車内スクリーンに路線図がずっと掲示されているのだが、こんなに意味の無い路線案内は初めてだ。



ミラノ
ま、何はともあれそんなわけでミラノカドルナことノルドこと北駅へと到着しました。


ミラノ
この時点で時刻は午後7時半。
サマータイムが始まっているイタリアは未だ明るく、日のある内にイタリア上陸を果たしたのは今回が初めてです。
ああ、やっぱり直行便は本当に楽だ。
そして帰りの便の事は考えないでおこう……。寒気がする。


※次回は夜のミラノ

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://valentinorossifumi.blog.fc2.com/tb.php/560-0caf3ed4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イタリア旅行02 初めての晩御飯と夜のドゥオモ «  | BLOG TOP |  » 次回予告

プロフィール

ジール

Author:ジール
出版社で仕事をした後イタリアに住み着く。
その後帰国し所帯を持ってからは映像編集の仕事に従事中。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



最新記事

カテゴリ

旅行 (49)
イタリア旅行14 (41)
イタリア旅行11 (29)
イタリア滞在 (43)
クルーズ旅行 (15)
カリフォルニア旅行 (11)
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー (8)
ウォルト・ディズニーワールド (50)
ディズニーランド・パリ (3)
ユニバーサル・スタジオ・フロリダ (9)
台湾旅行 (24)
京都旅行 (23)
各地イベント体験 (40)
インテリア (26)
映画 (14)
バイク (45)
ゲーム (25)
雑記 (26)
料理関係 (20)
結婚関係 (14)
ムジェロGP (2)
サンマリノGP (2)
もてぎGP (4)
ハワイ旅行 (39)
フランス旅行 (12)
北海道旅行 (13)
ハワイ旅行 15 (14)

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
249位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
88位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。