topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

渡良瀬バルーンレースで熱気球の試合を見る - 2014.04.16 Wed

渡良瀬遊水地(わたらせゆうすいち)という場所を皆さんご存知でしょうか。
栃木県・群馬県・埼玉県・茨城県の関東4県に渡る大湿地帯、
と言われていますが、実際のところは殆ど栃木県です。
あの辺りは各県の陣地が入り組んでいるためにそんな感じになっちゃってるだけです。

とはいえ、まあ広大な事には変わりなく、やった事はありませんが多分自転車で一周も私なら無謀となってしまうような広さを誇っています。

そこで、このたび気球のレースが行われるという情報を聞きつけたため、せっかくなので見に行ってみる事にしました。


渡良瀬川
折しも季節柄【花見イベント】も同時開催中でした。
桜、いいですね。春が来た感じがしますね。花粉も来ますけどね。


桜を見るのはもちろんタダ。加えて今回の気球レースもタダで観戦可能というからなかなかお得です。
そう言えば今まで気球ってちゃんと見た事ないですからね。
豆粒程の遠くでなら一度ツインリンクもてぎで見た事がありましたが、はてさて間近で見る気球とは一体どういうものなんでしょうか。
というよりまず開催場所はどこなんでしょうか。
事前にこちらの公式ページで大まかなスタート地点は探せていたのですが、何せ広い渡良瀬遊水地、いったいどこにあるのだろうと辺りをキョロキョロしていたら……、



渡良瀬川バルーンレース
のどかな桜並木の隙間から見えるゴツイ火柱を発見。

……アレだ。あそこがレースの出発地点だ。



渡良瀬川
気球レースは初めてだったんですが、どうやら公式のルールの中に複数の競技(タスク)があるんだそうです。

【気球で飛び立って、ポイント地点にマーカーを投下する】という点では大体一緒なんですが、そのポイント場所を競技委員が指定する(JDG)のか、自分で選ぶ(PDG)のかでも違いますし、はたまたどれだけ遠くまで行けるか(MXD)を競うのもあれば、どれだけスタート地点から動かないでいられるか(MND)を競ったりと……、軽く調べるだけでも色んな種類があるようです。
あとは逆に指定されたあらゆる場所から一斉にゴール地点を目指す(FIN)パターンとかもね。


それらを当日の気候に合わせて可能そうな物をチョイスして、全員で挑むんだそうですが、この『気候に合わせて』というのが、バルーンレース最大のポイントになるようです。
気球を生で見た事のない人も大体分かると思いますが、コレには翼もプロペラもありません。
あるのは先程空ぶかし(?)されていたガスバーナーのオバケみたいな機械だけ。
空に上がってしまえば進む先は風任せというなんとも原始的な駆動方法の中、いかに風の流れを読んで気流を捕まえるか、それが勝敗の、大げさに言えば生きて再び大地を踏みしめるための必須能力となるのです。
開場に響く司会兼解説者さんの話を聞く限りでは、『特に気球を膨らませて飛び立つまでは可能な限り風が無い状況が望ましく、協議委員会としては目印として飛ばしている黒いひも付き風船がほぼ真っすぐに浮かんでいる状態にならないとグリーンの旗を振れない』との事でした。


渡良瀬川バルーンレース
その目印の風船の現在の様子は、こう。


……無理だ。
いやーこの風船が真上で止まったらOKなんて、つまりは『ほぼ無風』じゃないと駄目って事じゃないですか。
気球って想像以上にシビアな離陸条件なんですね。


渡良瀬川バルーンレース
というわけで、競技開始時刻になっても飛べずにじっと我慢の選手の皆さん。


昔、NHKBSの番組で気球レースの(多分)世界大会を追ったドキュメントがあったんですが、参加者たちが皆呪文のように「短気な奴は気球乗りになれない」と言っていたその言葉の意味と重みがようやく肌身に染みて理解出来ました。
これは私たちもせっかちな心を押さえてゆっくりのんびり付き合わないと。
何せ相手は風なんですもん。自分でどうこう出来無い以上、待つ以外に方法なんてありません。
幸い周りには桜も一杯咲いていますし、花見気分で木の根元にでも腰かけてのんびりしていればいいじゃないですか。

渡良瀬川バルーンレース
朝にリンゴのパウンドケーキを焼いてきて正解だった。


というわけで桜のふもとでケーキをモリモリ食べながらのんびりしたり3DSで遊んだりしながら時間をつぶす事、多分約40分。
どうにか無風に近いような環境が整ったかと思うと、このチャンスは逃せないとばかりにいきなり競技がスタートしました。


渡良瀬川バルーンレース
各チームが一斉に巨大な布を辺りに広げ始めたかと思えば、


渡良瀬川バルーンレース
インフレーターと呼ばれる業務用扇風機みたいなもので急速に膨らましていきます。


渡良瀬川バルーンレース
そしてあっという間に視界が巨大風船で塞がれていく……、


ここ、ほんの3分前までは物すっごく質素なスタート地点だったのに。



渡良瀬川バルーンレース
今じゃカラフルな気球達でぎゅうぎゅう詰めです。


大混雑の中、ある程度空気をふくんで大きくなったら、今度は先程のオバケバーナーで気球内部に火を入れます。


渡良瀬川バルーンレース
……燃えんじゃないのか。


素人目には完全に自爆しようとしてるとしか思えない光景ですが、気球内部の空気を温めて浮かせるための大事な作業なんです。
火が直接触れてしまうような近くの布には、ちゃんと燃えないタイプの繊維を使われているらしいので大丈夫です。


渡良瀬川バルーンレース
うん、多分大丈夫。なんか色変わっちゃってるけど、多分大丈夫。



こうして気づけばバーナーが焚かれる大きな音と共に、横倒しだった気球がぐんぐん上を向き始めます。


渡良瀬川バルーンレース
そうして我先にとテイクオフ。目的地となる『マーカーポイント』までの激しい気流読み合戦が始まります。

この空にふわりと舞い上がる瞬間が、なんとも言えず感動的でした。
あんな大きな物体がコレだけ物音立てずに空へとあがるなんて。何だかこの目で見ているのに幻想的。


渡良瀬川バルーンレース
こうして空へと放たれた十数のチームは、一路目的地へと進みます。


コレだけの数の気球がこれだけ固まって飛んでる姿なんて、多分そうそうみる事は出来ないでしょう。
多分上空では熾烈な戦いをしているはずなのに、みてる観客としてはこの上なく優雅な気分。思わず『レース』な事を忘れてしまいます。
ああ、綺麗だな。

今回、我々は『スタート地点』に陣取って気球が飛び立つまでを見ていたため、何キロ先にあるか分からない渡良瀬遊水地内の何処かのマーカーポイントに誰が一番早くついて誰が一番マーカーを的の中心に投げ込む事が出来て、結果誰が一等賞になったのか。その全貌を見守る事は出来ませんでした。

何せ会場が広すぎる。他のどこの大会に行ったとしても、見られるのは「スタート」か「ゴール」のどっちかだけでしょう。
それでも今回、物すごい数の気球が一斉に飛び立つ姿を目の前で見る事が出来たのは非常に興奮しました。

我々が見た大会は【熱気球ホンダグランプリ】という(多分)全日本選手権みたいなものらしく、この渡良瀬遊水地以外にも各地で開催されているようです(詳しくは公式のこちらをどうぞ)。


うん、ホンダがスポンサーになっているだけあって、会場が鈴鹿サーキットだったりツインリンクもてぎだったりするんですね。サーキットって広いですもんね。使い勝手の良い場所だ。
そうして思い出してみると、確かにツインリンクもてぎの年間スケジュールで今までも何度か目にしていましたね、熱気球グランプリ。
確かいつも最終戦で冬に差し掛かる頃に開催されているため、興味はあれど寒さにめげて今まで一度も行った事がありませんでした。

ですが今回コレだけ面白いものを見てしまった以上、今年こそはこのツインリンクもてぎで行われるチャンピオンシップ戦に行ってみたいなと考えています。
いや~……でもちょっと寒いからなあ。しかも今回みたいに風がやまなかったらずっと外での「待ち」だし……。
いや、それでも行く!…事を検討してみよう。
前向きに。前向きにね。



PS.
そう言えばこの渡良瀬バルーンレース、参加したのは二日目の土曜だったのですが、この日の夜には桜祭りとのコラボイベント(?)として、夜の花火と共に送る【バルーンイリュージョン】という名の気球ライトアップショーが行われる、予定でした。
ですがレース終わり辺りから本格的な春の強風に吹かれてしまい、結局『気球をふくらましたままでは危ない』という判断が下ってしまいました。


caf7d66c_R.jpg
写真は公式にあったいつかの時の物。

ああ、見てみたかったな。綺麗だったろうな。


ただ、気球は膨らませられませんでしたが炎だけならいくらでも出せると言う事で、


渡良瀬川バルーンレース

『火祭り』という感じでなら一応開催されました。


渡良瀬川バルーンレース
すさまじい火力を意気揚々とぶっ放す気球乗りの皆さん、カッコいいです。


渡良瀬川バルーンレース
花火と火柱との豪快なコラボ。
これはこれで迫力満点で見て良かった。
でもやっぱり正式なバルーンイリュージョンを見たかったな。
……、やはり今年のツインリンクもてぎ行こうかな。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://valentinorossifumi.blog.fc2.com/tb.php/557-abe19684
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フランス展とリアル脱出ゲーム «  | BLOG TOP |  » 映画【ディズニー映画の名曲を作った兄弟:シャーマン・ブラザーズ】感想

プロフィール

ジール

Author:ジール
出版社で仕事をした後イタリアに住み着く。
その後帰国し所帯を持ってからは映像編集の仕事に従事中。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



最新記事

カテゴリ

旅行 (49)
イタリア旅行14 (41)
イタリア旅行11 (29)
イタリア滞在 (43)
クルーズ旅行 (15)
カリフォルニア旅行 (11)
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー (8)
ウォルト・ディズニーワールド (50)
ディズニーランド・パリ (3)
ユニバーサル・スタジオ・フロリダ (9)
台湾旅行 (24)
京都旅行 (23)
各地イベント体験 (40)
インテリア (26)
映画 (14)
バイク (45)
ゲーム (25)
雑記 (26)
料理関係 (20)
結婚関係 (14)
ムジェロGP (2)
サンマリノGP (2)
もてぎGP (4)
ハワイ旅行 (39)
フランス旅行 (12)
北海道旅行 (13)
ハワイ旅行 15 (14)

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
271位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
93位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。