topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

イタリアに行くにあたって - 2014.03.20 Thu

皆様今年のGWの予定は決まりましたでしょうか。
私はまたイタリアへ行く事になりました。
多分これで5回目です。

世界にはわりといっぱい国があるわけでして、何も同じ所にそう何回も行かなくていいじゃないのと思うかもしれませんが、そうは言ってももう決めちゃったんだからしょうがないんです。飛行機のキャンセルは高いのです。

ま、今回は両親の仕事の関係が少し入っていて、『渡航の手配&現地での通訳兼荷物持ち』的なポジションを獲得する事によりかなりの割引価格で参加させてもらう事になりました。イタリア住んでて良かった。


と言うわけで、今回は旅行の準備段階で何かと便利になる物たちをご紹介しようと思います。
「5回しか行ってない奴が偉そうに」と6回行った人に言われそうな気もしますが、少なくともコレだけ同じ所に行った海外はココだけですし、日本でだって5回以下しか行っていない日光や京都よりは喋っていい気がします。
伊豆だったら6回以上は行ってるけど。金目鯛が有名です。

……ま、そんなことはともかく。


○その一:情報の集め方について○

ありがたい事に海外旅行先としてもかなりメジャーな国イタリア。色んな情報サイトやガイドブックがありますが、個人的にお勧めなのはこちら。
アーモイタリア旅行ガイドです。

大王道のローマ・フィレンツェ・ヴェネツィアあたりの情報量はもちろん、あまり馴染のない地方の街の紹介も沢山あって見ていて面白いです。
紹介されているホテルの予約代行なんかもしてくれたりします。
個人的に思い出深いのは2009年に住んでいた時に遊びに行って、2011年に渡航した時にもまた寄ったオルヴィエートという、…まあ特におったまげる物があるわけでもないかわりに非常にのんびりと安く美味しく過ごせる良い感じの村があるんですが、
そこのホテルの予約をお願いした時、最初に依頼したホテルを振り切って何故かすごいハイテンションで有無を言わさず薦められた安い方のホテルに流れで予約してしまった事がありました。


P5040441_R.jpg
そして行ってみたら場違いな程に広い部屋(というか一つの階ほぼ全部)に当たったそんなびっくりイベントもありました。
ちなみにその時のイタリア旅行記はこちらです。

あ、でも今回はオルヴィエートは行きません。そんなに南下する予定はありませんから。


で、ガイドブックに関してのお勧めは


A09 地球の歩き方 イタリア 2014~2015 (ガイドブック)A09 地球の歩き方 イタリア 2014~2015 (ガイドブック)
(2013/12/14)
地球の歩き方編集室

商品詳細を見る

まあ王道のこちらと、



イタリア (ブルーガイドわがまま歩き)イタリア (ブルーガイドわがまま歩き)
(2013/07/31)
ブルーガイド

商品詳細を見る

こちら辺りですかね。


ことりっぷやarucoと言った最近はやりのオシャレな本は小さくて持ち運びやすく魅力的な記事も多いですが、何せ小さいので情報量は少ないです。
私はどっちかというとこう言ったガッツリ分厚い系のガイドブックが好きです。




旅の指さし会話帳6イタリア[第3版] (ここ以外のどこかへ)旅の指さし会話帳6イタリア[第3版] (ここ以外のどこかへ)
(2009/09/01)
堀込 玲

商品詳細を見る

あと喋るための本とかも。

基本『何処かへ行ったらそこの言葉で話してみよう』がモットーの私としては欠かせない本です。
日本でも頑張って日本語話してきてくれる人の方が俄然道も教えたくなったり何かおまけしたくなったりしちゃいますからね。そんなもんです。



○その二:現地での移動を考える○
日本でも海外でも、移動となれば基本徒歩か車か電車かバスです。場所によっては自転車とかもあるかもしれませんけど。

ただ、知らない土地での移動はどんな方法を使っても不安で一杯になる事間違いなしです。
車を借りても標識は分からないし何より右側通行だし、バスに置いてはややこし過ぎて日本でだって知らない場所のは乗りたくありません。
そう言う点を考えてみれば、消去法的に電車が一番無難な移動手段になるんだと思います。

es_map.gif
そしてありがたい事に(?)イタリアは日本ほど電車事情は良くないため、路線が多過ぎて混乱する事も日本よりは少ないと思います。

首都ローマを走る地下鉄とかたった2線ですからね。ある意味分かりやすくてよろしい。

その電車の運行状況を調べる時に便利なのが、TRENITALIAです。

トレニタリアと呼ばれるコレはイタリアのJR的な所が運営しているホームページで、このトップページから電車の乗換案内や時刻表などを検索できます。

当たり前のように全編イタリア語ですが、最低限の優しさとして英語変換ボタンもありますし、画面丸ごと翻訳させてしまえば案外分かっちゃうもんなので試してみてください。
ストライキのお知らせも確認できます。



○その三:飛行機を確保○
言うまでも無く飛行機は高いです。凄く高いです。一見チケットが安く見える場合は大抵サーチャージが高いです。特に日本人が休めるゴールデンウィークとお盆休みの辺りは顎が外れる程高いです。
航空券を安く手に入れる方法として『直前まで粘って余ったチケットを買い叩く』と言った方法などもありますが、キャンセル待ちが10人20人単位で現れるGW時期などに置いてはこの戦法はきっとうまくいかないとおもいます。
となればむしろ出来る限り早い時期に予約する方が安く買えます。我々はGWの旅券を去年の10月辺りに買っていました。
またチケットを探す時も一つの旅行会社じゃなくて色んな所を比べてみる方が良いと思います。

良く使っているのはエイビーロード
という海外旅行&海外ツアーの比較検討サイトですが。これだとJTBやHISなどといった王手以外の旅行会社も一度に比べられて便利です。そこから各旅行会社に連絡して予約するのは自分ですけど。


と、まあ簡単にですが紹介させていただきました。
旅行って行ってる時はもちろんですが、準備してる時も楽しいもんですよね。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://valentinorossifumi.blog.fc2.com/tb.php/551-28e18be4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

食洗機について «  | BLOG TOP |  » Play Station plusでやったTOKYO JUNGLEの感想。

プロフィール

ジール

Author:ジール
出版社で仕事をした後イタリアに住み着く。
その後帰国し所帯を持ってからは映像編集の仕事に従事中。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



最新記事

カテゴリ

旅行 (49)
イタリア旅行14 (41)
イタリア旅行11 (29)
イタリア滞在 (43)
クルーズ旅行 (15)
カリフォルニア旅行 (11)
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー (8)
ウォルト・ディズニーワールド (50)
ディズニーランド・パリ (3)
ユニバーサル・スタジオ・フロリダ (9)
台湾旅行 (24)
京都旅行 (23)
各地イベント体験 (40)
インテリア (26)
映画 (14)
バイク (45)
ゲーム (25)
雑記 (26)
料理関係 (20)
結婚関係 (14)
ムジェロGP (2)
サンマリノGP (2)
もてぎGP (4)
ハワイ旅行 (39)
フランス旅行 (12)
北海道旅行 (13)
ハワイ旅行 15 (14)

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
392位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
131位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。