topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

台湾旅行07/台北最大夜市、士林夜市へ - 2014.01.08 Wed

さて、お昼を食べ終わり、おやつもいただき、タピオカティーも買ってお土産も確保しました。


2013台湾 (171)_R
そうこうしている内に、もう夜になっていました。
あ、きゃりーぱみゅぱみゅと一緒にCM出てるサンスターのあいつが居る。


夜の12月だというのに結構暖かい台湾。さすが沖縄より南なだけはあります。
これはきっと夏は私生きていけない類の国だな……。


西門
お店の近くにいた犬。しかし彼、どうやってここまできたんだ?並走?バイクに?



さて、それでは夕御飯を食べに行きましょうか。
台湾初日の夜にふさわしいような豪華な夕飯処もガイドブックに多く載っていたんですが、今回はせっかくなんで夜市に行ってみたいと思います。

夜市。その名の通り夜に開かれる市場の事なんですが、台湾ではこの夜市文化が根付いていて、台北だけでもあらゆる場所でほぼ毎日夜市が開催されているんだそうです。


士林夜市
そこに、今回は電車を使って行ってみる事にしました。


我々の泊まっている西門周辺にも、ひとつガイドブックに乗るレベルの夜市があったんですが、
それとは別に、この日はこれから友人の元同僚であり生まれも育ちも台北というちゃきちゃきのシティガールと友人が涙の再開をするとの事。そしてついでになんと夜市を通訳付きでガイドしてくれるという私にとっては実に渡りに船な感じでお供させてもらう事になったんです。ありがたい。


士林夜市
なのでせっかくだからと台北最大規模を誇る夜市、【士林夜市(シーリンイエシー)】に行ってみる事にしました。

最寄り駅は剣潭(ジアンタン)駅。ここの改札口で台湾っ子の元同僚ちゃんと待ち合わせ。
始めてあった彼女は笑顔がキュートな上に日本を離れてしばらく経つのに未だ日本語が達者な才女でもありました。
はじめまして。よろしくお願いします。


士林夜市
と言う訳でここからは女3人旅で士林夜市へと向かいます。
うわあ。12月なのに気温が19度だ。通りで暑いわけだ。


この剣潭駅で降りた乗客はほぼ全員士林夜市へと向かうため、人の流れに沿っていけば簡単に夜市へとたどり着けます。
たとえそうでなくとも市場の端っこなら改札出て2分とかからず着いてしまうため、電車の乗り方さえわかれば観光客でも難なく来ることができそうです。


士林夜市
そして始まるめくるめく夜市の世界。



『ナイトマーケット』と言われると何となく築地みたいなのが夜に開いてる感じを想像してしまいますが、感覚としては『夏祭りの露天街』という雰囲気が強いです。
もしくは上野のアメ横辺りの感じ。
小さなお店に「何に使うんだ?」というような物から「誰が買うんだ?」というような物までとにかくごちゃごちゃ積み上げられていて、そんな感じの違うようで似ているラインナップのお店が大量に軒を連ねています。
そしてその店の前を一部占拠する形でどんと構えられているありとあらゆる食べ物関係の屋台たち。


士林夜市
読めぬ。


さすがB級グルメの巣窟。
観光客にも人気のスポットですが、基本的に看板およびメニューは漢字オンリーです。
そんなわけで興奮しつつも首をかしげてばかりの我々に、同僚ちゃんは一つ一つ日本でのそれっぽい食べ物を例えて説明してくれました。
ああ、彼女がいてくれて本当に良かった。だって本気で何だか分からない食べ物いっぱいあったんですもの。


士林夜市
そんなわけで色々説明してもらいつつも、取り敢えず座って何か食べようということになり、士林夜市中心部あたりにある美食地下街に行ってみる事にしました。
B級グルメがあつまったフードコートという感じでしょうか。
この頃になるとあいにくの雨がさらに強くなって来ていたので、建物の中でご飯が食べられるのは非常にありがたかったです。


士林夜市
そして中に入るとウェルカムしてくれるのがこの光景。

士林夜市
これぞ『アジアの台所』といった雰囲気です。


士林夜市
そこそこ広い敷地の地下1階に、ギッチギチに店舗が詰まっています。
いや、店の間についたてすらないのでもはや天井のある露天のような感じです。
しかも料理と鍋とガスコンロが置いてない場所には全て椅子とテーブルが置かれていて、どの店ももれなく満員御礼。
一体この地下一階の人口密度はどうなっているんだ。


士林夜市
そして私は何を食べてどれを飲めばいいんだ。


あっちこっちで繰り広げられる呼び込み合戦と鍋のぶつかる音、食べるお客の騒ぎ声でフロア全体がお祭り状態です。
その熱気に押されてなんだか何のどれを見ても美味しそう過ぎて逆に決められないでいたんですが、そうこうしているうちにいよいよ持ってどの店の席もなくなりかけてきたため、取り敢えず美味しそうでかつ3人席がまだ空いていたお店の椅子をガシッと確保して座ることに成功しました。


士林夜市
テーブルのすぐ隣では女将さんがライブ感溢れまくる距離で揚げ物をしていました。


士林夜市
さて、何を食べるか。

助かったのは、このお店のメニューは写真入りな上、思った以上に正確な日本語での説明が書かれていた事。
さらに同僚ちゃんのオススメも色々聞いて、取り敢えず2、3品頼んで見ることにしました。


士林夜市
こちら、【生炒花枝(シェン チャオ ファ ジー)】
鰹ダシの効いた野菜スープの中にゆでたイカの切り身が入っている物。

屋台の定番メニューらしく、他のお店にも大体ありました。
これがちょっとスープもとろりとしていて美味しい。イカもプリプリです。


士林夜市
こちらは【魯肉飯(ルーローファン)】
これも台湾の定番ごはん。
八角で煮込んだ豚の角煮を細かくしてご飯に盛った感じでした。
肉も美味しいけどこの汁が染みたご飯がまた美味しい。


士林夜市
これは【蚵仔煎(オアチェン)】
ガイドブックにはよく【牡蠣入りオムレツ】と書かれています。


屋台で牡蠣とか、人によっては抵抗があるかもしれませんが、これも美味しかったです。
そして過去牡蠣であたって入院するハメになった経験のある私でも、特になんともなく美味しく頂けました。
ただ『牡蠣入りオムレツ』と紹介されてから食べると名前との違和感が凄いある食べ物です。
確かに卵も入っていますが、タレと牡蠣の味のせいでその存在感は殆ど感じられませんし、そしてなにより、


士林夜市
ほらこれ、みょーんと伸びるんです。


最初は餅でも入っているのか?!とびっくりしたんですが、どうやらさつまいもから取ったでんぷん粉を水で溶いてオムレツをとじるんだそうです。
でんぷん粉なので片栗粉のようなねっとりした感じではなく、本当に溶けたお餅みたいな感じ。
美味しい上に面白いです。こんな牡蠣の食べ方始めてだな。

台湾料理は自分の家でも作ってみたいと思わせる始めての味がいっぱいです。


※続く
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://valentinorossifumi.blog.fc2.com/tb.php/526-7a198da5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

台湾旅行08/士林夜市の屋台たち «  | BLOG TOP |  » 台湾旅行06/杏仁豆腐屋さんとスーパーカルフール

プロフィール

ジール

Author:ジール
出版社で仕事をした後イタリアに住み着く。
その後帰国し所帯を持ってからは映像編集の仕事に従事中。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



最新記事

カテゴリ

旅行 (49)
イタリア旅行14 (41)
イタリア旅行11 (29)
イタリア滞在 (43)
クルーズ旅行 (15)
カリフォルニア旅行 (11)
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー (8)
ウォルト・ディズニーワールド (50)
ディズニーランド・パリ (3)
ユニバーサル・スタジオ・フロリダ (9)
台湾旅行 (24)
京都旅行 (23)
各地イベント体験 (40)
インテリア (26)
映画 (14)
バイク (45)
ゲーム (25)
雑記 (26)
料理関係 (20)
結婚関係 (14)
ムジェロGP (2)
サンマリノGP (2)
もてぎGP (4)
ハワイ旅行 (39)
フランス旅行 (12)
北海道旅行 (13)
ハワイ旅行 15 (14)

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
271位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
96位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。