topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

台湾旅行03/チャイナエアラインでいざ台湾へ - 2013.12.21 Sat

いやあ前回のブログでは酷い目にあった。本当に酷い目にあった。
まあ正確には酷い目にあったのは私じゃなくて友達なんですが、まさか3人のウチ一人が飛行機に乗れずに台湾にたどり着けないなんて。
コレは今度の旅は相当なバトルロイヤル状態になるかもしれません。

最後まで生き残れるのは一体誰なのか。
私は無事に小龍包を食べつつ日本に帰ってくる事ができるのだろうか。
大佐、指示をくれ大佐。


2013台湾 (10)_R
取り敢えず、形見として託された友人の良いカメラを連れて先に進む事にしました。


うん、やっぱりちょっと重いけど画質は凄い良い。カメラってお金をかければそれだけ良くなるからむしろタチが悪いですよね。
いつの間にかどんどん良くて高いカメラに手を出したくなってしまいます。


そして今回台湾行きでお世話になった航空会社は【チャイナエアライン】。
チャイナエアラインは台湾の飛行機会社。なので当然日本⇔台湾の便の多さは言うまでもありませんが、
他にもハワイやアメリカへの直行便なども出ています。
マイレージのチームはスカイチーム。デルタとかアリタリアとかがいる所ですね。
個人的にはここのマイルを一番多く集めているのでこの飛行機のチョイスはありがたかったです。
チャイナエアライン自体は初めて利用した飛行機でしたが、特に欠点も無いいい飛行機でした。


2013台湾 (28)_R
たった4時間のフライトですが、一応朝食的な機内食も出てきました。


ワインやビールなどのアルコールもタダ。各席ごとにテレビが用意されていて好きな映画も見放題、と、
色々いい点も多かったんですが、中でも一番嬉しかったのが、


2013台湾 (25)_R
4列席をたった2人で使えたこと。


まあこれはこの便が空いていたからであってチャイナエアライン自体の評価とは違いますが、ともあれ前日健康ランドでの仮眠しかしていない我々にとって、これ程嬉しい事はありませんでした。


2013台湾 (26)_R
と言う訳で夢の『機内でのごろ寝』達成(シートベルトはわかり易い位置で締めておきましょう。注意のために起こされる事もあるので)。

あーお陰でよく眠れた。助かった。
やっぱり椅子に座ったままで寝るなんて無理がありますよね。
しかも飛行機の固くて狭い上に大してリクライニングできないあの座席なんて。


2013台湾 (33)_R
その後もたっぷり横になったりちょっと映画見たりしながら過ごしていたら、あっという間に台湾の首都、台北の【松山空港】に到着です。

松山空港。…なんかナチュラルに<まつやま>と読んでしまいますが本当は<しょうざん>です。ご注意を。

いやあしかし早い。時間にして軽く4時間。沖縄に毛が生えた程度です。
これなら何の苦労もなく海外まで足を伸ばせますね。
時差だって一時間しかないからあってないようなもんですし。


2013台湾 (32)_R
そしてこの松山航空、写真で見て分かるかと思いますが、すぐそこに普通に街が広がっています。

松山

googleマップで見てみるとその近さっぷりが大変よくわかってビビります。

これ、実際飛行機に乗って窓から着陸を見ているとなんか普通に街中に突っ込んでいく感じがしてかなり迫力があります。
というか、間違いなくこの近辺の住民は日夜相当騒音まみれだと思うんですが大丈夫なんでしょうか。

あ、それと、この飛行場は軍用空港も兼用している地味に個性満点な場所です。
なので着陸前のアナウンスで「軍事機密的なアレの関係で、空から空港内の写真とか撮らないでください」とか言われます。
今までそんな事言われながら着陸した事ないんでちょっと斬新。
他にも着陸時に滑走路を滑っている間、大変無機質な塗装が施されたいかにも『非民間』な感じの飛行機がたくさん並んでいる所を通ったりもしましたが、……まあ撮っておかないに越したことはないんだろうなきっと。


2013台湾 (35)_R
あとは普通の空港と同じ、入国審査をして手荷物を引き取っておしまいです。

写真は手荷物受取所の所にあったいい笑顔のビーグル犬。
「トランクからいい匂いがしたら吠えます」的な事が書かれています。

海外への持ち込み・持ち出しに制限があるのは、基本的に牛豚などのお肉や生の果物とか。肉に至っては生ハムになってもベーコンになってもビーフジャーキーになってもダメなんですよね。個人的には加工肉なら見逃してもらいたいもんですけど。
逆に意外にも大丈夫なのは魚介類。曰く海はつながっているからだそうです。……なる程。

ちなみに先日仕事でアメリカに行った姉はこの検査中のビーグルに出会い、思い当たる節が無いのに何故か自分のトランクが選ばれたという珍事に出くわしたんだそうです。
検査員のお兄さん同伴の元いざ開けてみたら、彼が「果物の匂い!」と反応していたのは相手先へのお土産で詰め込んだ『東京ばな奈』だったそうです。紛らわしい事を。


2013台湾 (34)_R
ま、何はともあれ無事たどり着きました。
いよいよ初めての地、台湾の地に踏み込みます。



○機内で見た映画まとめ(行き帰り合わせて)○
・プロメテウス
映画界屈指の最怖モンスター、『エイリアンの誕生話』みたいな位置づけて紹介されていた本作。
『予想もつかない展開の連続!』みたいな売り文句だった気がするが、「まさか!」の連続と「なんじゃそりゃ!」の連続では意味が全く変わってくる気がする。そしてもちろん本作は後者な気がする。
とにかく主人公の女科学者がタフすぎてしょうがない。自分でお腹をかっさばいて手術した挙句、ホチキス留めの状態のままなんか凄い走るし。すごい元気。
しかも最後は「人類の謎を知りたいのよ」みたいな事を言い残して地球に帰らずに宇宙のどこぞへと旅立ってしまうエンド……。『エイリアン誕生話』というよりは『サイエンティストがマッド・サイエンティストになっていく成長物語』みたいな話だった。

・エリジウム
地球が住みにくくなっちゃったからお金持ちはスペースコロニーみたいなもんを宇宙に作ってそこで暮らし始め、お陰で貧富の差が凄くなった未来世界の話。
でもスペースコロニーを作れる程の超文明がある割には、そこに暮らす超富裕層の生活がなんだか現代のビバリーヒルズ止まりなのが違和感満載だった。ワザワザ宇宙に浮かぶ必要は無くないか?

・ハンガーゲーム
近々2放映予定。こちらも超富裕層と扱いが奴隷レベルの主人公たちの争い。
超富裕層の「超」っぷりならこちらの方が実に上手くかつ分かりやすく表現していたと思う。
金持ち過ぎて『殺し合い鑑賞』なんていう下品すぎるご趣味を持ったり、ファッションにお金をかけ過ぎた結果ベルサイユ方面にこじらせて殆どギャグみたいな顔面になっていたりして、『次元違いの金持ち』感がよく表れていると思う。
郊外地区の男女24人をくじで選んで最後の一人になるまで殺し合いをさせるバトルロイヤルなゲームに参加させられる主人公も、最終的には殺し合いをさせられると分かっていても、その絢爛豪華すぎる世界にちょっとだけ心が踊ってしまうあたりも地味にリアル。
ヒーロー役が幼馴染の超好青年かと思いきや実は一緒に生贄に選ばれてしまったいけ好かない同級生だったあたりも面白い。
そんな感じで生贄に選ばれてからゲームの場に立つまでの2週間の話はワクワクできるが、いざゲームが始まってしまうとほぼ女主人公の沈黙の戦艦状態。凄い強い。
あと相手役の男のケツアゴが見事。


※次回からはいよいよ台湾での話が始まります。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

● COMMENT ●

ハンガーゲーム2は更に面白いらしいよー
到着して空港でその国らしさが感じれるとテンションあがるよね!チャイナ服かわいー

Re:

へー、ホント。でも私の場合、ハリーポッターでハリーが始めて魔法の世界に行くまでが一番面白かったように、このハンガーなゲームが始まるまでが面白かったんだよね。2になるともうそういうのないじゃない。
でも機会があったらちょっと見てみたいかもなーー。

あ、あと成田の空港よりも羽田の空港の方がよっぽどウェルカムジャパンな内装で凄い良かった。

こんにちは。北海道の旅と並行して過去の旅行記を読ませていただいているもので、亀レスならぬ亀コメントですみませんv-356
お友達のエピソードは勉強になりました・・・。自分も気をつけねば。
お姉さんの『東京ばな奈』笑いました。ある意味ホンモノに負けてないってことですね。
台湾はもう10年くらい前に台北に1度行っただけで、なんていうかこう建物が昔の古い公団っぽいものばかりで衝撃を受けました。

Re: タイトルなし

のぞさん
コメントありがとうございます。嬉しいです!
台湾は今思い出しても本当に面白かったです。ごはんがおいしくて景色も素敵で。おっしゃる通り古いごちゃごちゃした建物と、同時に妙に新しい場所もあったり、あとちょっと地方に行くと山の中に埋め込まれたような建物もあったりして。

パスポートのエピソード。くれぐれも本当に気を付けてください。あの時の絶望感は今となれば笑い話ですがかなりシャレにならないです。笑

北海道旅行の方はまだもうちょっと続きますので、引き続きお付き合いくださいませ。

こんにちは、初めまして。台湾関係をググッていてこちらにたどり着きました。
上記の上空からの空港の写真は、日本の松山市の松山空港のものだと思いますが・・・。

Re: タイトルなし

こんにちは。コメントありがとうございます。
そして空港の図の件ですが………。そうですね、多分そうですね。笑
すみません今までちっとも気づきませんでした。こちらで修正させて頂きました。
教えて下さりありがとうございます!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://valentinorossifumi.blog.fc2.com/tb.php/522-828467b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

台湾旅行04/空港からホテルへ «  | BLOG TOP |  » 台湾旅行02/羽田空港とまさかのリタイア騒動

プロフィール

ジール

Author:ジール
出版社で仕事をした後イタリアに住み着く。
その後帰国し所帯を持ってからは映像編集の仕事に従事中。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



最新記事

カテゴリ

旅行 (49)
イタリア旅行14 (41)
イタリア旅行11 (29)
イタリア滞在 (43)
クルーズ旅行 (15)
カリフォルニア旅行 (11)
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー (8)
ウォルト・ディズニーワールド (50)
ディズニーランド・パリ (3)
ユニバーサル・スタジオ・フロリダ (9)
台湾旅行 (24)
京都旅行 (23)
各地イベント体験 (40)
インテリア (26)
映画 (14)
バイク (45)
ゲーム (25)
雑記 (26)
料理関係 (20)
結婚関係 (14)
ムジェロGP (2)
サンマリノGP (2)
もてぎGP (4)
ハワイ旅行 (39)
フランス旅行 (12)
北海道旅行 (13)
ハワイ旅行 15 (14)

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
262位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
91位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。