topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

ベッド下に収納を - 2013.12.02 Mon

インテリアの話をします。インテリアというか片付けられない本たちの話をします。

我々が今住んでいる家は、数年前に立て替えた新築です。
そしてその際、将来増えるかもしれない人数も考慮した上でそこそこの広さの部屋を用意したはずなんです。
もちろん、それに伴って収納とかもたっぷり準備したはずなんです。はずなんですよ。

なのにいざ住んでみるとなんということでしょう。何故こんなにも物がしまいきれてないのでしょう。


DSC00545.jpg
引越し時に使った段ボールに何故まだ本が詰まっているのでしょう。


これは、マズイ。もう引っ越して数年経っているのに。
しかしそれならばと本棚を見てみると、


DSC00541.jpg
何故かもう何処にも本を置く隙間がないという超常現象。


どうして『収納』って作っても作ってもいっぱいになってしまうんでしょう。まさに世界の七不思議です。


でも文句を言っても本は減りません。頑張ってどうにかしてみましょう。

と言う訳で休日を利用して段ボールの中身をガサゴソしてみたのですが、ここである傾向が発覚。

そもそも、この家はご主人の実家を立て替えたわけなので、必然的に荷物の殆どがご主人所有の物になっています。
引越し時点で私の持ち物はわりと少なかったですし、幼少時代の思い出の品々的な物も、ほとんど実家に置いてきたままです。
そんなわけでこの段ボールの中にある本たちも、その全てがご主人の思い出深い書物の数々になるわけなんですが、特徴的なのは、やたら版形の大きい本ばっかだという点です。
文庫とか漫画とかが思いの外少ないんですよね。仮に何かの漫画の本だとしても『愛蔵版』サイズだったり、
ゲーム本とかも攻略本じゃなくて設定資料集とかばかりなんで、やたら装丁が大きくて固くてご立派。
そしてこんな本ばかりになってしまうと、あらかじめ棚がくくりつけられたタイプの本棚だと入れられる場所が非常に限られてしまうんです。


DSC00544.jpg
そんなわけで本来『文庫置き場』となるサイズの棚はプラモデル置き場になっています。

ちなみにここに自分のR2-D2を設置した時、「何だかコレ、この中で1体だけ浮いてるね」みたいな話をしたら、すぐに「いいや2体だ」との注意を受けました。
どうやら仲間はずれがもう1体いるようです。


で、そんなわけでもう我が家の本棚は物理的にほぼいっぱいなんです。
とてもこの段ボールの中身をどうにかする余裕はないんです。
と言う訳で何処かに新たな収納を作らなければ。
そう思って家の中を探し回り、結局ここに新たな収納を作ることにしました。


DSC08742_201312022309159d0.jpg
こちら、ベッドの下です。



確かにベッドの下は今のところ何の用途にも使っていないデッドスペースです。
ここにキャスター付きのチェストでも備え付けてやれば、それなりの収納が確保されるはず。
そう思って色々探してみたらば、ベッド下収納用のアイテムって思いの外存在する事が発覚しました。



ベッド下 収納ボックス 幅39×奥行80×高さ16.5cmベッド下 収納ボックス 幅39×奥行80×高さ16.5cm
()
不明

商品詳細を見る

蓋付のプラスチックボックスだったり



【アジアン雑貨】ウォーターヒヤシンス ベッド下収納ケース Lサイズ【アジアン雑貨】ウォーターヒヤシンス ベッド下収納ケース Lサイズ
()
アジアン雑貨(ax design)

商品詳細を見る

見えてもかなりオシャレな感じなものだったり。


結果、現物も見られたという事もあって、近所のニトリで売っていたキャスター付きのやつにしました。

2610008.jpg
これね。

こちら、木製の割とちゃんとした見た目の癖に、2個セットで2000円と大変リーズナボーなお値段になっていました。
しかも我々が行ったお店では展示品販売が1セットあって、ぱっと見で分かるような傷もあるものの、お値段がそこからさらにぐぐっと下がっていました。
なのでその展示品1セットと新品1セットをそれぞれお買い上げ。
ダブルサイズのベッドの両サイドを収納入れにしてやろうということになりました。

と言う訳で大きな荷物を抱えて帰宅。
自分で組立が必要な新品の棚の製作に着手したんですが、これがまあ地味に細かい作業でめんどいの何の。

当初は安さに目がくらんで完成品を1セット購入したんですが、後から考えたら「作る手間が省けた」という意味でも本当に完成品を選んで良かったとそう思いました。

そんなわけで計4個中2個だけ頑張って製作して出来上がったのがこちらです。


DSC00535.jpg
新たな収納スペースの登場。


色は展示品の都合で白になりました。
まあ白なら飽きたら何かに塗ればいいですしね。


DSC00536.jpg
ちなみに引き出すとこんな感じ。

これは中々の収納力が期待されるんじゃないですか?
この深さなら本だけじゃなくて冬用の毛布とかコートとかを入れてもいいかも。
そう思って喜んでいたんですが、これを見たご主人が「ホコリが積もりそう」と一言もらしていました。
ああ、そうか。そうかもね。
今までベッド下掃除するたびにホコリいっぱいだったものね。
隙間があるならホコリは積もるはずよね。うーんそうか。


とういわけで、



DSC00538.jpg
布をかぶせることにしました。

この布、その昔『見せる収納』ができない私が目隠し用に購入した大きな布で、一時はちゃんと棚の物を隠す用途に使われていたんですが、そのうち棚の中の物を探すのにいちいち布をめくるのが面倒くさくなって取り外されてしまっていた物です。
それをボックスの大きさに切って両端を縫って留めただけの簡単設計です。


DSC00539.jpg
しかもボックスへの留め方は釘で直打ちというワイルド仕様。


ま、普段見えませんからね。ココ。


DSC00540.jpg
そんなわけで、お陰で本も無事収納されました。

お疲れ様でした。
いやあ良かったこれで一安心。


ただちょっと心に引っかかるのは、確か引越し中の仮置きとして、ガレージの奥底にしまったままの段ボールがまだあったような気がしてならないんですが……。
まあそれはまた今度考えましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://valentinorossifumi.blog.fc2.com/tb.php/515-f217d37a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

家をクリスマスに衣替え «  | BLOG TOP |  » モーターショーに行こう2013

プロフィール

ジール

Author:ジール
出版社で仕事をした後イタリアに住み着く。
その後帰国し所帯を持ってからは映像編集の仕事に従事中。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



最新記事

カテゴリ

旅行 (49)
イタリア旅行14 (41)
イタリア旅行11 (29)
イタリア滞在 (43)
クルーズ旅行 (15)
カリフォルニア旅行 (11)
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー (8)
ウォルト・ディズニーワールド (50)
ディズニーランド・パリ (3)
ユニバーサル・スタジオ・フロリダ (9)
台湾旅行 (24)
京都旅行 (23)
各地イベント体験 (40)
インテリア (26)
映画 (14)
バイク (45)
ゲーム (25)
雑記 (26)
料理関係 (20)
結婚関係 (14)
ムジェロGP (2)
サンマリノGP (2)
もてぎGP (4)
ハワイ旅行 (39)
フランス旅行 (12)
北海道旅行 (13)
ハワイ旅行 15 (14)

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
338位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
112位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。