topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

METAL GEAR SOLID THE LEGACY COLLECTION(MGS3編)  - 2013.10.10 Thu

METAL GEAR SOLID THE LEGACY COLLECTION話、お次はメタルギアソリッド3の話です。


【METAL GEAR SOLID 3: SNAKE EATER】メタルギアソリッド3:スネークイーター

本作は2004年の12月に発売された続編で、ハード機はまだPS2の頃です。
そしてこちらも、前回のメタルギアソリッド2と同時にHDエディションとして2011年に発売し直されていました。


さらに2012年には【メタルギアソリッド スネークイーター 3D】として、Nintendo3Dソフトにもなっています。


メタルギアソリッド スネークイーター 3D
メタルギア ソリッド スネークイーター 3Dメタルギア ソリッド スネークイーター 3D
(2012/03/08)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

これね。

我が家には初代のソフトとHDエディション版が既にありましたが、この3DS版は体験版しか持っていません。


MGS3
だって画面ちっちゃいんだもん。

前にもグチグチ文句を言った気がしますが、敵から隠れて逃げて潜むゲームに、小さい画面は似合わないと思うんですよね。



MGS3
ほーら敵はおろか自分も何処にいるか分かんない。


なので私にとってのメタルギアソリッド3は、HD版の2011年ぶり。そして記憶では、2よりも若干難しく無かったような気がしていましたが、はたして本当なのでしょうか。


MGS3
まあちょっとやってみましょう。



しかし同じ元PS2ソフトのHD版と言っても、こっちの3の方が断然画質が綺麗だな。
さすがソフトの技術革新は日進月歩。2001年と2004年の発売差でもこんな目に見えて綺麗になるんだ。



MGS3
うむ。スネークも男前だ。

あ、そう言えば、
今彼を指して自然と『スネーク』と言ったのですが、このスネークは今までの1、2に出てきたスネークとは別人です。
ソリッド・スネークが活躍していた世界は時代で言うと2005年ぐらい→未来の話ですが、こちらのスネーク、『ネイキッド・スネーク』という男がいるのは1964年、冷戦真っ盛りな頃のおはなしです。

この男が誰なのかと言うと、話はメタルギアソリッドシリーズの前にさかのぼりますが、
【メタルギア】および【メタルギア2ソリッドスネーク】の頃に出てきたソリッド・スネークの上官であり敵であり実はパパでもあったというとんでもない男、『ビッグボス』の若き頃の姿なんです。

そう、これはソリッドさんがまだ生まれる前の話。パパスネークさんのドキドキ初任務物語なのです。


そのせいか、このソフト、今までのゲームシステムとは違う点がかなり多いです。
プレイし始めてすぐにわかるのは、何よりプレイヤーの視点。


MGS2
前回までは『俯瞰カメラ』と呼ばれる上から画面を見た形でのプレイ方法で、キャラクターの視点の先にいる敵を上から目視する事ができました。
昔はこのパターンが多かったですよね。私は好きなタイプなんですけど。



MGS3
ですが3では突如キャラクターを後ろから追尾する『ビハインドカメラ』式に。


まずい、どうしよう。
これじゃ上からの視点で敵の姿をあらかじめ確認する事が出来なくなっちゃうじゃないですか。
背後なんてがら空きじゃないですか。

しかも不味い事に、前回まで散々お世話になっていた【ソリトンレーダーシステム】はこの時代まだ開発されていないため、マップ上の敵の位置を捕捉する方法は基本「画面を凝視」の一択になってしまうのです。

MGS3
わーんどこに敵が潜んでいるのか分かんないよー。

と言う訳で仕方なくちょっと進んではカメラをグルグル回して周辺確認、またちょっと進んではカメラグルグルを何度も続けながらおっかなびっくり前に進むスネークさん。
あゆみが遅い。あとカメラの回しすぎで酔う。
アクションシューティングなどでメジャーな一人称視点カメラに比べたらまだ随分ましな方ですが、車とゲームにやたら酔いやすい私としてはかなりプレイ時間が制約されてしまいます。風邪気味の日とかなんて絶対できません。


MGS3
また、今までの戦いの舞台だった『アラスカの孤島』とか『巨大プラント』とは違い、ここには数多くの動植物が生息しています。

と言う訳で、このゲームにはそれらを捕まえて食べてスタミナを回復させるという『フードキャプチャー』というシステムが導入されています。
果物のガラヴァから魚のアロワナ、ウサギやコウモリやヘビやらサソリやら…と、スネークさんの食の探究心はあっぱれの一言です。しかもご丁寧に各動植物分の無線説明、食べた時の感想まで用意されています。
ちなみにアナコンダは旨い旨いと喜ぶ癖に、軍用レーションはマズイんだそうです。


MGS3
そしてもう一つ特徴的なのは『カモフラージュ』という概念。


今回の舞台は基本密林のジャングルなので、今までのような廊下の角だとかダンボールの中だとかに潜んでやり過ごせるような場所が極端に少なくなっているのです。
なのでどうすればいいのかというと、その場その場に一番適した色合いの野戦服に着替え、周りの地形と同化して敵の目をやり過ごすのです。


MGS3
合わせてフェイスペイントもしておくと効果が上がります。


このカモフラージュ機能、これが地味に難しかった。
何せカモフラージュってことはあくまで『周囲の風景に溶け込んでいる』だけであって見えなくなっているわけじゃないんですもん。だから敵兵にじっくり見られたら気づかれちゃうんですもん。
一応画面上でカモフラージュ率と言うのもを表示はしてくれていますが、それでもどの程度のカモフラージュ率でどのくらいの位置の兵士までを欺けるのか、その感覚を掴むのが凄い難しい。


MGS3
さて今私はどのくらい上手に隠れてるのでしょーか。



MGS3
あ、意外と平気だった。



MGS3
まあでも慣れてくるとその場その場に合わせて服を選んで周囲に溶け込み、見事敵兵に無視されたりした時の喜びは中々のものです。


MGS3
また余計なネタを無駄につぎ込んでくる事でお馴染みのメタルギアらしく、いつどこの場所に行ってもカモフラージュ率が最低なタキシードを始めとした愉快なカモフラ服も豊富に揃っています。


MGS3
まあ似合ってないとは言わないけどさ。



このように、歴代のメタルギアシリーズの中でも実に特徴のある様々なシステムや豊富なアイテム、一体何時間分あるんだよと思わせる程の無線の量など、とにかく色んな物がつまりまくっているメタルギアソリッド3。
その分本編を進む以外にもあらゆる遊びが出来ると、シリーズ通してのファンの中ではこの3を一番のソフトに上げる人も数多くいるようです。

確かにこのソフトは面白かった。ゲームバランスも私にとってはちょうどよくて、(イージーモードながらも)始めてノーキル・ノーアラートでクリアできた作品でもありました。


MGS3
あと女性キャラの好みで言えば、この3に出てくる人たちがダントツで一番好きです。

前回の2では実質主人公雷電君の恋人ローズ一人しか女性は出てきませんし(しかもラスト1分以外全部無線の会話だけ)、1に出てくるメリル・シルバーバーグとナオミ・ハンターは、私の中で『見捨てたい&鼻骨を折りたいヒロインNo.1』をそれぞれ受賞しているくらいですし……。

その点、本作に出てくるザ・ボス、パラメディック、そして上の写真で脱いで下さっているEVAの3人は実に魅力的でした。


※最後はMGS4の話。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://valentinorossifumi.blog.fc2.com/tb.php/496-4b85831d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

METAL GEAR SOLID THE LEGACY COLLECTION(MGS4編) «  | BLOG TOP |  » METAL GEAR SOLID THE LEGACY COLLECTION(MGS2編)

プロフィール

ジール

Author:ジール
出版社で仕事をした後イタリアに住み着く。
その後帰国し所帯を持ってからは映像編集の仕事に従事中。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



最新記事

カテゴリ

旅行 (49)
イタリア旅行14 (41)
イタリア旅行11 (29)
イタリア滞在 (43)
クルーズ旅行 (15)
カリフォルニア旅行 (11)
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー (8)
ウォルト・ディズニーワールド (50)
ディズニーランド・パリ (3)
ユニバーサル・スタジオ・フロリダ (9)
台湾旅行 (24)
京都旅行 (23)
各地イベント体験 (40)
インテリア (26)
映画 (14)
バイク (45)
ゲーム (25)
雑記 (26)
料理関係 (20)
結婚関係 (14)
ムジェロGP (2)
サンマリノGP (2)
もてぎGP (4)
ハワイ旅行 (39)
フランス旅行 (12)
北海道旅行 (13)
ハワイ旅行 15 (14)

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
299位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
112位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。