topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

WDW旅行30/アイランズ・オブ・アドベンチャー【ハリーポッターと禁じられた旅】 - 2013.06.18 Tue

アイランズ・オブ・アドベンチャーのハリーポッターゾーン、
その中の一番人気アトラクション、
【ハリーポッターと禁じられた旅(Harry Potter and the Forbidden Journey)】
の中に、いよいよ入ります。


ユニバーサルスタジオハリーポッター
まず最初にあったのは一巻にも出てきた見た人の望みを映し出す【みぞの鏡】。

…だと思います。
あれってなんかこんな感じじゃなかったでしたっけ。

すいません、前回のブログでも言ったとおり、
ハリーポッター知識が全話中半分ぶんしか無い状況でお送りしております。

ユニバーサルスタジオハリーポッター
その後、抜いたら呪われたり祟られたりしそうな植物がごまんとある温室を通り、


ユニバーサルスタジオハリーポッター
なんか寮ごとに点数を競ってたあの砂時計みたいなやつもありました。


うーん、この待機列レーン、相当長いです。
そしてただ長いだけじゃなく、実際にホグワーツの城の中を自分たちも歩いて体験ができるようになっているんです。


ユニバーサルスタジオハリーポッター
壁一面に掛けられた肖像画たちも口やかましくお喋りしています。

しかも驚くのは、ちゃんと喋っている絵の口がペチャクチャ動くんです。
凝ってるなあすごいなあ。

ユニバーサルスタジオハリーポッター
ブレブレですけど組み分け帽子もありました。
なんかずっと喋ってました。

しかも、写真には収められませんでしたが、建物のそこかしこであの主役3人組や校長先生等の姿(動画)やヒソヒソ声が聞こえたりして、
いやあこれはもう待機列を歩くだけでも、往年のハリーポッターファン(特に映画ファン)には狂喜乱舞物のアトラクションでしょう。

もしもこれがこのまま何事も起こらず出口へ出されるウォークスルー型だったとしても、
多分そんなに文句を言う人も少ないんじゃないでしょうか。

ですが、お楽しみはこれからです。


ユニバーサルスタジオハリーポッター
宙に浮くロウソクたちの下が、乗車口です。

ここで我々ゲストは四人乗りの宙吊りコースターのような座席に乗り込み、そのまま横移動で発進します。
そしてすぐに主要キャラの紅一点、ハーマイオニーちゃんの魔法の実験道具にされて……宙に浮いてしまったからさあ大変です。

このアトラクションは、いわゆる『ダークライド』と呼ばれるジャンルです。
一番近いもので言うと、多分USJにもある【スパイダーマン】だと思います。
自分たちが乗り物に乗って場所を移動しながら、ある時は眼前いっぱいの映像に引き込まれたり、かと思うと実物のオーディオアニマトロニクスに襲われたりと、その展開は実に目まぐるしいです。

そして何より、自分たちまでホウキに乗っているかのようなこの独特の浮遊感の再現が、実に素晴らしいです。
目まぐるしく変わる情景の中、上に下に振り回されるこの感じは、スターツアーズのような地に足ついた安定感のある揺れとは全く違います。

なんと表現したらいいか…、
雰囲気的にはそう、自分たちがパワーショベルのバケットの中にくくりつけられてブンブン振り回されている、
そういうタイプの拷問。そんな感じです。


ハリーポッターと禁じられた旅
ここ、ココに入ってる感じ。

嗚呼、こんな事を説明するために、ワザワザ世界のKOMATSUのサイトからショベル画像を頂いてしまった…。


とにかく、この初めて味わう体感はEPCOTにあった【ミッション:スペース】の重力体感システムと同じくらいの衝撃でした(ミッションスペースの話はこちらで)。

ストーリーの内容は……、いつの頃をベースにしているんだろう。
ちょこちょこ出てくるハリーたちはもうそこそこの青年に成長していて、でも2巻で出てきたでっかい蜘蛛がご丁寧にオーディオアニマトロニクスで気持ち悪く迫ってきますし、あと暴れ柳に襲われたりもするから…、2とか3ぐらいの話なんでしょうか。


乗り物のスリルとしては、ジェットコースターではないのでそう言った怖さはありません。
なのでハリーポッターは好きだけど怖い乗り物は無理という人でも、【スパイダーマン】が乗れれば大丈夫だと思います。
逆に、ハリーポッターをちっとも知らない人が乗ったら、相当「なんのこっちゃ」という展開になりそうでもあるのがたまにキズ。
この世界観を知っておくためにも、せめて映画の1巻だけでも見ておいた方がいいと思います。


ハリー・ポッターと賢者の石 [Blu-ray]ハリー・ポッターと賢者の石 [Blu-ray]
(2008/06/11)
ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント 他

商品詳細を見る

うわーみんな小さいなあ。


ユニバーサルスタジオハリーポッター
ともあれ乗れてよかった。

確か日本のユニバーサルスタジオ・ジャパンでも、2014年にこのアトラクションが作られると発表されていましたね。
これは大阪に出来たら是非とも行ってまた乗りたいです。
でも日本じゃこんなに空いている事なんてないんだろうなあ、きっと。

PS.
今ブログを書くために調べていたら、なんとびっくりこのメカを作ったメーカー【KUKA Robotics】(byドイツ)、
普段は工場などで稼働するロボットアームを作っている製造会社なんだそうです。


……と、いう事は、


ハリーポッターと禁じられた旅
こうか!こうなのか!(機材画像byKUKA)


すごいぞ。私のパワーショベル説もあながち間違っては無かったんだ。多分。



※次回はハリーポッターゾーンの他のアトラクションです。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

● COMMENT ●

Re: タイトルなし

あらやだ。直しておくわ。KOMATSUに!

はじめまして。

ディズニーの旅行記などを求めてこのブログにたどり着きました(笑)

ハリーポッターのアトラクション、楽しいですよね!
乗った時にシステムトラブルで止まって蜘蛛のシーンで電気がつきましたが、本当にクレーンの先に席がついているような形でした(笑)

このブログ、読んでてとても楽しいです!

Re: タイトルなし

はじめまして。コメントいただけてとっても嬉しいです!

あのハリーポッターにも乗られたということは近年行かれた事があるんですね?!
あれ面白かったですよねえ。私はあの蜘蛛の所で「うへえ~」となっていましたから、あんな所で止まられたら完全に涙目ですよ。笑

ブログ、褒めていただけて光栄です!これからも慎ましやかに更新していきますのでよろしくお願いします!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://valentinorossifumi.blog.fc2.com/tb.php/437-3bdd0c01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

WDW旅行31/アイランズ・オブ・アドベンチャー【ハリーポッターの他の乗り物】  «  | BLOG TOP |  » WDW旅行29/アイランズ・オブ・アドベンチャー【ハリーポッターゾーン】とハリーポッターについて

プロフィール

ジール

Author:ジール
出版社で仕事をした後イタリアに住み着く。
その後帰国し所帯を持ってからは映像編集の仕事に従事中。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



最新記事

カテゴリ

旅行 (49)
イタリア旅行14 (41)
イタリア旅行11 (29)
イタリア滞在 (43)
クルーズ旅行 (15)
カリフォルニア旅行 (11)
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー (8)
ウォルト・ディズニーワールド (50)
ディズニーランド・パリ (3)
ユニバーサル・スタジオ・フロリダ (9)
台湾旅行 (24)
京都旅行 (23)
各地イベント体験 (40)
インテリア (26)
映画 (14)
バイク (45)
ゲーム (25)
雑記 (26)
料理関係 (20)
結婚関係 (14)
ムジェロGP (2)
サンマリノGP (2)
もてぎGP (4)
ハワイ旅行 (39)
フランス旅行 (12)
北海道旅行 (13)
ハワイ旅行 15 (14)

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
271位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
96位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。