topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

WDW旅行24/イタリア館と日本館(アメリカ館は説明だけ) - 2013.06.10 Mon

エプコットのワールドショーケースエリア、まだまだ続きます。
前回までのブログで、ドイツまで行きました。
そしてそのお隣は同じヨーロッパ仲間、【イタリア館】です。

ただしこの辺りまで来た頃には、もう外で写真が撮れないくらい雨が酷くなっていたので、
あいにく外観の写真はありません。がっかり。


ここのゾーンはヴェネツィアのサンマルコ広場が全体のモチーフになっていていて、そこにチョコチョコフィレンツェやローマっぽい建物も建っています。

IMGP7670.jpg
※近影byクルーズ旅行の時の。


まあ、正直なところ、
日本にディズニーシーができた今、イタリアっぽいゾーンの広さと再現度の高さはシーの方が上かと思います。
あそこは本当にすごいですからね。

エプコットイタリア館
ただ、ここ限定のイタリア風ディズニーグッズは可愛い物がいっぱいありました。



エプコットイタリア館
各国ミッキー帽シリーズのイタリアバージョンはこれ。

ヴェネツィアのゴンドラ漕ぎの制服がモチーフのようです。


ただしココはドイツ館と同じくグッズショップとレストランがあるだけなので、見所としてはかなり少ないと思います。
食べ物大好きなイタリアを反映してか、レストランのクオリティはかなり評判高いようですが。


エプコットイタリア館
レストランの前に飾られたトピアリーはもちろんレディとトランプ(byわんわん物語)


わんわん物語 スペシャル・エディション [DVD]わんわん物語 スペシャル・エディション [DVD]
(2012/03/21)
ディズニー

商品詳細を見る

いや、正確に言えばコレ普通にアメリカでの話なんですが、
あの映画屈指の名シーンの舞台がイタリア料理屋の裏路地なので、ここに登場したのでしょう。




さて、イタリア館の次に待ち構えるパビリオンは、開催国【アメリカ館】…なんですが、スルーで。
いや本当はもっと時間を掛けて各国を見ていきたいと思っていたんですが、地味に時間が無くなっていた上に、
もう酷い雨のせいでブラブラ気ままに歩き回る事も出来なくなっていたんです。

ちなみにアメリカ館はワールドショーケースのど真ん中に鎮座しています。
さすが地元。
ただ、その割には意外に面積が狭く、ファストフードのお店とアメリカ200年の歴史(改めて書くとホント短いなあ)をオーディオアニマトロニクスで振り返るアトラクションが一つあるだけです。

なのでこのアトラクションを見る気が無いのなら、アメリカ館に寄る理由がなくなってしまうんですよね。
グッズショップも…果たしてあったのやら……。



ま、いいです。
次行きましょう次。
次は皆さんお待ちかね、我らが【日本館】です。


エプコット日本館
エプコットの泉に鎮座する鳥居の存在感たるや、見事なもんです。

ここは先のアメリカ館と比べて相当広い印象を受けました。
恐らくアトラクションを設置していないため、その分歩き回れる箇所が多いからだと思います。


エプコットイタリア館
そしてその広いゾーンに五重塔やら名古屋城的なものやらが乱立しています。

そうか、今までのパビリオンを地元の人が見たらこんな感覚に陥るんだ……。
……どこだ、ここ。


館内には鉄板焼きのレストランとカリフォルニアロールなどを売るファストフードがあり、
さらにはあのMITSUKOSHIがグッズショップとして入っているんです。


IMGP3596.jpg
なのでこの中だけは『治外法権』とばかりに日本産の他キャラクターがじゃんじゃん店頭に並んでいます。


エプコット日本館
ドラゴンボールだ、ドラゴンボールもあるぞ。


いやあ凄いですね。ディズニーに遊びに来ている日本人としては思わず度肝を抜かれます。
でも、これはこれで日本に興味はあるけど遠くて行けない人にとっちゃ凄い場所なんだろうなあ。


エプコット日本館
こっちからしたら『何か急にキディランドに着いちゃった』みたいな感じですが。


という訳で、エプコットフランス館
アジエンスやいち髪まで買えちゃうよ!

……って、日本館ってこれで良いのかしら?
いやあ確かにメキシコ館ではテキーラ売ってたし、ドイツ館ではヴェルタースオリジナルのキャンディをキャストが量り売りでさばいてたりしてたから、それと同じか。…それと同じか?


ディズニーは??ディズニーグッズは??
と思ってお店をグルグル回ってみたのですが、ざっと見た限りではそれらし物は見つかりませんでした。
後でマップを見たら実はお店は更に奥に続いていたので、もしかしたらそっちの方にならあったのかもしれません。

エプコット日本館
代わりと言っては何ですが、真珠のつかみ取りなら見つけました。


…え、なんで真珠?と思うかもしれませんが、これぞ日本の大事な文化。
実は真珠の養殖&大量生産に初めて成功したのは日本なんです。
クレオパトラ時代には『真珠一つで国が買える』と言われた程の高級宝石を我々庶民でも買えるようにしてくれたのが、西川藤吉と見瀬辰平のお二方。
それを称えて、ここでは自分で好きなアコヤガイを選んでお姉さんに渡すと、その場で捌いて中から真珠を取り出してくれるお店があるんです。
取り出した真珠は、付属パーツをオプションで買ってネックレスなどにしてもらえたりできます。

エプコット日本館
取り出してくれるお姉さん含め、ここでは日本人のキャストさんがわんさかです。

それは何も日本館に限らず、基本各館で働くキャストはその国の人間、あるいはそこにルーツのあるアメリカ人などが働いていますので、各国それぞれのお国柄を持った美男美女が見られたりと、それもここワールドショーケースの見所となっています。


そのため、ディズニーワールドでは日本からのキャストも募っており、現地での1年間の就労体験が出来る『ディズニー・インターナショナル・プログラム』というものが実施されています。
つまりディズニー独自のワーキングホリデーみたいな感じですね。

そして何を隠そう、我々家族が初めてここに訪れた数十年前も、きっかけはそのプログラムで見事エプコットで働く事になった知り合いのお姉さんの現地体験に惹かれてでした。
そう言えばその時は大きくなったら絶対私もここで働いてみるんだと思っていたんですが…、すいません、今まで忘れていました。

確か年齢は18歳以上が対象だったと思うので、どうでしょう。
アメリカの地でアコヤガイから真珠とか取り出してみたい方は、是非チャレンジしてみては。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://valentinorossifumi.blog.fc2.com/tb.php/431-79497efb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

WDW旅行25/フランス館とイギリス館(説明だけのモロッコ) «  | BLOG TOP |  » WDW旅行23/エプコット・ノルウェー館の【マウルストラム】とドイツ館

プロフィール

ジール

Author:ジール
出版社で仕事をした後イタリアに住み着く。
その後帰国し所帯を持ってからは映像編集の仕事に従事中。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



最新記事

カテゴリ

旅行 (49)
イタリア旅行14 (41)
イタリア旅行11 (29)
イタリア滞在 (43)
クルーズ旅行 (15)
カリフォルニア旅行 (11)
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー (8)
ウォルト・ディズニーワールド (50)
ディズニーランド・パリ (3)
ユニバーサル・スタジオ・フロリダ (9)
台湾旅行 (24)
京都旅行 (23)
各地イベント体験 (40)
インテリア (26)
映画 (14)
バイク (45)
ゲーム (25)
雑記 (26)
料理関係 (20)
結婚関係 (14)
ムジェロGP (2)
サンマリノGP (2)
もてぎGP (4)
ハワイ旅行 (39)
フランス旅行 (12)
北海道旅行 (13)
ハワイ旅行 15 (14)

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
249位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
93位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。