topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

イタリア旅行01ミラノに着くまで - 2011.05.12 Thu

この間のGW中に、父・母・姉・私の家族フルメンバーでイタリアへ行ってきました。
楽しかったです。

ただ本来はこれ、去年の10月頃を目標に母が独自に企画していた
『嫁入り前の娘(この場合私)との最初で最後の母娘女子旅行☆』
が元になっていたわけなのですが、
あいにく直前になって身内に不幸があったためにキャンセルとなり、
その後私が結婚し終えてから仕切り直しで企画が持ち上がり、
ドサクサに紛れて「専行は日本画だけどやっぱイタリアにも行っときたい貧乏美大生」こと従弟と、ついでにその兄もまとめて連れて行ってやろうという話になり、それがこれまた不幸なことに身内の関係でキャンセルとなり、
そして今回に至ったわけなのです。

その間飛行機の予約を取ってみたりキャンセルしてみたり、やっぱり取ってみたりと何度かバタバタさせられましたが、
結果、当初の予定に入っていなかった父も「せっかくなら行く」と言ってくれ、「行けたら行く」と言っていた姉との仕事のタイミングも奇跡的に合い、晴れて家族での旅行が決定したわけでございます。

良かった良かった。すんごいあわただしかったけど。


というわけで、そんな我々のドタバタと混乱と混沌をコンクリートミキサーにぶち込んだような旅行記をここにつらつらと書き記したいかと思います。




まずは成田。


フォト

相変わらずいるだけでワクワクできる夢の場所。

まあココにいる時点でワクワクできるのは、私が飛行機の機体そのものの見た目にかなりテンションの上がる人間であるのと同時に、
渡航先によっては10時間を超える場合もある機上での時間をも結構楽しめるタイプだからなのではないかと思います。
世界基準的にみてもかなり低めな私のフォルムが、あの圧迫空間で功をそうしているのかと。
それと最近では酔い止めを飲んで機上→標高1000メートル越えの地でビールを陽気に開けて、後はぐっすりいってしまう という素敵な技を身につけたため、体感時間もかなりショートになりました。
どうしても暇を持て余してしまう人はお試しあれ。


で、そんなわけでこの成田の地で行うのは飛行機のチェックインと荷物等の処理なのですが……。
ちなみに今回、怒涛のGW真っただ中というわけで、言わずもがな航空チケットはかなりのお値段でした。
それでもできる限り安いモノをと探し回った結果、今回使用したのはアエロフロート・ロシア航空。
私としては初めて使用する航空会社です。

フォト

成田の時点でそこはかとなくロシアで、この先を若干不安にさせる。


今回使用したこの航空会社はソ連時代から続く由緒正しきロシアのフラグシップ。
値段も他と比べてかなり安いし北周りだしで結構ナイスな機体だと思うのですが…、
まあ難点を言えば機内アナウンスの日本語が一切合切理解できなかったレベルだった事ぐらいかと。

とにかくロシアン美人なお姉さんの日本語が9:1でロシア語にしか聞こえず、しかも超絶早口。
要所要所で「これは日本語……か?」とは想像つくのだが、それはフランス語を学んだ事の無い私が「…なんか語尾に『ボヌファ』みたいな発音したからフランス語かもっ!」
と探り探りな検討をつけているのとほぼ同レベルの危うさ。
もちろん内容なんてまったく聞き取れない。母国語なのに。

というわけで離陸直前の安全のためのお知らせも、着陸後の現地時間も一切分からない闇鍋的なフライトとなりました。
※ちなみに英語は7:3でやっぱりロシア語に聞こえました。

フォト

機内のカラーリングは、統一感があってオシャレで可愛い。


後文句を言うとすればビールが別料金性だったのと、フリーで出てきたワインがイソジンかと思うような味で飲めたもんじゃなかった事ぐらい。

フォト

ご飯は中々美味しかったです(ちなみにこれはフィッシュ料理)。

フォト

こちらは父いわく「ハズレの方」だったビーフ料理



さあそんなわけで寝たり起きたり映画見たり、上記のワインの不味さにフテ寝したりを繰り返しているうちに、わりとさっくりモスクワのシェレメーチエヴォ国際空港に到着。
ここからイタリアのフラグシップ、アリタリア航空に乗換です。


ちなみに我々が降り立ったこのシェレメーチエヴォ国際空港。
アエロフロートのハブ空港でありロシア二番目の規模を誇る大きな空港なのですが、むしろこの空港にしか止まらないがために、アエロフロートの航空賃が値下がりし続けているのではないかとも言われる程、かつては悪評を極めており、
その様はウィキペディアにも『空港の設備、職員の対応、市内へのアクセスなどあらゆる面で評価が低いことで知られ…』とさっくり酷く書かれる程だったそう。

ただしここ数年は名誉挽回とばかりにかなり改装・改良に力を入れており、我々が乗り換えに使用した国際便ターミナルも去年大増設。


フォト

お陰さまでぴっかぴかの素敵空港でした。


まだ新しいという事で免税店などはさほど無いですが、綺麗に整った施設は居心地がいいですし、
我々の入国審査を行ってくれた職員のマダムも、白雪姫の母親が復讐のために老婆へと変身したものの、その後何だかんだあって改心したっぽい感じの見た目とつっけんどんながらも丁寧な対応で、ぶじに事なきを得る事ができました。


フォト

ただし乗り換え掲示板は英語版を見つけないと何の手がかりも見出せない。

本当はそこそこ時間があったので空港内で「ロシア!」な感じを味わってみたかったのですが(料理店に入ってみるとか)、帰りの乗り換えの方がさらに時間が空いているということで、とりあえず先を急いでみる事に。

フォト

すると乗り換えゲートの前に自動販売機を発見。


ユーロコインが使えるということで(ユーロ用自販機とロシア硬貨用自販機と分かれていました)飛行機内での水と、あともしロシアっぽい飲物かスナックの一つでも見つけられたらな~と覗いてみると……。



フォト

ウィンドウ越しにガッツリ目が合う不気味な絵発見。

思わず即購入。


フォト

チョコでした。

・・・これはビスコの表紙の少年がかつて劇画風味だった事と同じ系統なのかしら。


フォト

ちなみにアメリカ産チップスLay'sも、ここではイクラ味。


割と普通にパクパクいけたのは日本人だったからだろうか。美味しかった。

とまあそんなわけで地味ながらもそれなりにロシア感を堪能して、あわただしくアリタリア航空に乗り込むと、そこからさらに4時間かけてミラノまで向かいます。
ちなみにアリタリアではビールはタダ。同じくフリーで出てくるワインも無料ながらそれなりに美味しく頂ける代物です。流石です。ただし料理はこっちの方が不味かったけど。


フォト

そんなわけで現地時間夜9時にミラノに到着。
ミラノからの行き方は上の看板で色々教えてくれている通り、「成田エクスプレス」的な特急列車を使うか、シャトルバスを使うか、もしくはタクシーを使うかの基本3つ。

ホテルの場所によっては色々な選択肢があるかと思うのですが、
我々はミラノ観光はせずに眠るだけの部屋を中心駅に用意しておいたので、特急列車を使って中心駅まで一直線。
その後駅から徒歩2分の超大型ビジネスホテルに転がりこむと、移動の疲れと不気味な子供のチョコを胸に抱いて夜景を見る事も無く眠りにつきましたとさ。



フォト


※続きます。
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://valentinorossifumi.blog.fc2.com/tb.php/108-3d533b02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イタリア旅行02ミラノからヴェネツィアへ(たどり着かない) «  | BLOG TOP |  » バチェラパーティをした

プロフィール

ジール

Author:ジール
出版社で仕事をした後イタリアに住み着く。
その後帰国し所帯を持ってからは映像編集の仕事に従事中。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



最新記事

カテゴリ

旅行 (49)
イタリア旅行14 (41)
イタリア旅行11 (29)
イタリア滞在 (43)
クルーズ旅行 (15)
カリフォルニア旅行 (11)
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー (8)
ウォルト・ディズニーワールド (50)
ディズニーランド・パリ (3)
ユニバーサル・スタジオ・フロリダ (9)
台湾旅行 (24)
京都旅行 (23)
各地イベント体験 (40)
インテリア (26)
映画 (14)
バイク (45)
ゲーム (25)
雑記 (26)
料理関係 (20)
結婚関係 (14)
ムジェロGP (2)
サンマリノGP (2)
もてぎGP (4)
ハワイ旅行 (39)
フランス旅行 (12)
北海道旅行 (13)
ハワイ旅行 15 (14)

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
392位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
131位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。