topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

イタリア旅行03ヴェネツィアでのお昼 - 2011.05.14 Sat

こんにちは。ただ今我々は電車の中です。


さて、そういえば今回の一連の日記のタイトルを「家族研修旅行」と銘打っているんですが、
何故かと言えば、オフィシャルでは今回の旅行は「研修」という事になっているからなのです。
誰の間でのオフィシャルかと言えば、両親の間で。

若干適当に説明すると、私の両親は自営業なのです(ちなみにピザをこしらえているのです)。
そして自営業と言うからには本来自分たちで店を開ける時間、閉める時間を決めてもいいわけですし、
極端な話スープの出来が悪かったら「今日は閉店!」と逆ギレして頭から毛布をかぶってもいいわけなんです。

ただし、そうできると言われてもするかしないかはその人次第。
しかも少数なりとも他のコックやウェイターを雇っているともなれば、そう適当に店を開いたり閉じたりもできません。
でも今回は旅行に行きたい。しかもGW期間をめいいっぱい使った日数で。

というわけで、今回の旅行の間は店の前に『スープの出来が…』よりももうちょっと説得力のある『一同料理研修中につき…』と貼りだしてやってきたというわけらしいのです。
まあ実際本当に貼ったかは知りませんが、取りあえず父の中ではそうなったらしい。

まあさらに言いわけをすれば、うちの店はビル街近辺にあるため、サラリーマンの皆様がお休みしちゃうとお客さんもがっつり減ってGWに開けても意味がないのですよ。そういう事なんですよ。


で、そんなこんななメンバーだからなのか、この4人、とにかく食べ物に対しての欲が深い。
いや残りの3人と比べたら私なんぞ足元に及ばないぐらいに凄い。いや酷い。
何せ昨夜遅くにミラノについて、次の日の朝6時には既に駅のホームにいたというのに……、


フォト

おい、なんでいつの間に食べ物が増えてんだよ。

一体いつどこで増やしてきたんだよ。
いや多分だけど、私が電車の予約を取り損ねて慌ててその場で取り直したついでに本日泊まるホテルに予定時刻がずれる旨をギャイギャイ電話で報告してた時に何増やしてんだよ。


姉「はい、この緑のあげます」
……なんで?
姉「まずいから」
………。


フォト

不味いとにこやかに渡されたそのグミは、まるでヴィックスヴェポラップのような味でした。
鼻は通りそう。



ま、そんなこんなで、






blog_import_515d068f69fdcのコピー

なんとかヴェネツィアまで到着~~~。


鉄道の改札を抜けた先にいきなり見えるこの異次元への入り口の前は、
この壮大なファーストインプレッションにがっつりやられてしまった世界中からの観光客で大混雑。
はやくあの遠くに見える細い橋を、あの水辺を滑るゴンドラを…とはやる気持ちを取りあえず抑えつけて、
まずはこの重いトランクケースをホテルに放り込むべく、ヴェネツィア全土を網羅する水上バス、Vaporetto-ヴァポレット-に乗って本土の中心地へと水を漕いで行きます。




フォト

そして水上バスから外を眺めて思い知らされるのは、あの駅前の景色が『このヴェネツィア内で一番俗世っぽい景色』だったという驚きの事実



フォト

すべての建物が、うっかりするとセットかCGかとリアルに考えてしまう程の非日常世界です。

その世界観のありえ無さでいえば、TDLのファンタジーランドが現世に実在したんだ ぐらいのありえなさ。
というかTDSのあの世界観が本当にそのまんま。
いや、もともとこのベネツィアありきのそれの忠実模倣がTDSのアレなわけなんだけど、それは十分わかってるんだけど…。


フォト

でもいっそ、ディズニーの<夢の世界を>セットに起こしましたと言ってくれた方が納得出来るほどに、この景色は幻想的すぎる。


後に会ったゴンドリエーレ(ゴンドラを漕ぐ職人)に言わせると、
「ヴェネツィアは栄華を極めたかったのさ、だからここに『夢』を作ったんだ」
との事。
ふーん。

フォト

貪欲な繁栄への野望を『夢』で勝ち取ってみせたなんて。
なんだよ格好つけやがって、イカスじゃないか。





フォト

と、そんなこんなで川辺からの流れに見とれている内に、
いつの間にかホテルについてましたとさ。



さあ取りあえずはチェックインして荷物を部屋に放り込んだら、今度はこのヴェネツィアの大地を歩いてみましょう。そうしましょう。





フォト

……の、前に




取り合えず、昼飯だな。
何せ朝からクロワッサンとヴェポラップ味のグミしか食べてない。
昨日までは機内食のそれなりのテイストの物をそれなりにしか食べてないし…。



フォト

という事で、とりあえず適当に見つけた店に入ってみる事に。


前述した通り、何かと食の貪欲さに定評のある我らがファミリー。
もちろん日本にいる頃から観光予定地での食事の事前調査はかなり済ませていたのですが、
あいにく今日の食事のメインは夕飯一本に絞られていたため、『昼はごくごく適当に軽めにね☆』 という事でふらっと入ったのがこの店だったのです(お陰で名前も覚えていない)。

ちなみにここ、大通りを外れてふらっと歩いていた先に見つけたとはいえ、明らかに「観光客向け」と言った感じのお店でした。
まあお陰で入りやすくはあるんですが、こういった店の場合、何かと味も『観光用クオリティ』だったりする事が多いからねえ~。



フォト

と、太陽の下ビールを一杯やりながらぼんやり料理を待っていると……



フォト

スカンピ(=手長エビ)のグリル

フォト

イカ、エビ、イワシ、白身魚のグリル

フォト

ヴェネツィア名物イカスミのパスタ

フォト

タコ、シャコ、ホタテ、エビその他のマリネやらボイルやら

フォト

リガトーニ(マカロニのお化けみたいなサイズのパスタ)


ちょ、全部旨いぞおい。
ビックリだ、旨いぞ。
どれもこれもボリューム満点でシンプルながらも味が美味しくて、っていうかそもそも魚貝自体が旨い。

ビックリした。
ぱっと見観光客目当てのわりかし適当な所だとたかをくくってたのに。
あれか?もうここに来れば魚貝は全部旨いのか?
北海道に行ったら100円皿の回転ずしですら美味しくってビビったあの時と同じ感じか??
価格に関してはまあそりゃ天下に名を馳せる観光スポットなだけあってそれなりの値段はしたけれど、
それでも日本でのいいところのレストランとかと比べたらむしろ安いくらいだ。
というか、そもそもあの高級エビのスカンピを一皿頼んであれだけの量がどっかり来るわけがない。
もう一皿目のあのスカンピの時点で、我々奇声、ウェイターびびるのコンボが完成していたからね。
もうあれだけでヴェネツィア来てよかったと、「一番好きなエビは手長エビ!」と公言してはばからない私の姉はもうしておりました。
いずれにしろ、最初に美味しいかどうか疑ってすまん。
おいしかったです。



フォト

※続きますが、上記の通り『軽めにね☆』のつもりで頼んだ料理の量基準があの程度になる辺りに、今回の『研修』の意味の本気度を感じていただければ幸いです。





スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://valentinorossifumi.blog.fc2.com/tb.php/106-e3758f79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イタリア旅行04ヴェネツィアの高すぎたディナー «  | BLOG TOP |  » イタリア旅行02ミラノからヴェネツィアへ(たどり着かない)

プロフィール

ジール

Author:ジール
出版社で仕事をした後イタリアに住み着く。
その後帰国し所帯を持ってからは映像編集の仕事に従事中。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



最新記事

カテゴリ

旅行 (49)
イタリア旅行14 (41)
イタリア旅行11 (29)
イタリア滞在 (43)
クルーズ旅行 (15)
カリフォルニア旅行 (11)
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー (8)
ウォルト・ディズニーワールド (50)
ディズニーランド・パリ (3)
ユニバーサル・スタジオ・フロリダ (9)
台湾旅行 (24)
京都旅行 (23)
各地イベント体験 (40)
インテリア (26)
映画 (14)
バイク (45)
ゲーム (25)
雑記 (26)
料理関係 (20)
結婚関係 (14)
ムジェロGP (2)
サンマリノGP (2)
もてぎGP (4)
ハワイ旅行 (39)
フランス旅行 (12)
北海道旅行 (13)
ハワイ旅行 15 (14)

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
249位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
93位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。