topimage

2014-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

ハワイ旅行26 ディズニーストアとか夕飯をダラダラと - 2014.12.24 Wed

ハワイエッグスンシングス
さてと、遅めの昼食も無事終わりました。
パンケーキは美味しいですね。あとエッグベネディクトも。


と言うわけで、我々は今ワイキキにいるのです。
そしてワイキキに来た取りあえずの目的であったお昼も、たった今無事済んでしまいました。
時計を見れば、まだ3時とかその辺り。
……どうしよう。

別にまあする事が無いってわけでは無いんですが、これが絶対やりたい!ってものもある訳でもないんですよね。
それになにより、今日一日の情熱と体力を朝一杯で使いきってしまったので、今からワイキキビーチに繰り出したりとかそんなアクティバーな人のまねごとなんて出来ません。

と言うわけで、ダラダラとアラモアナセンターをまた歩いてお買い物とかでもしていようかと言う事になりました。

ハワイディズニーストア
その中でも一番長居したのは、ディズニーストア(@ハワイ)

ディズニーストア…。別に何の問題も無く日本にもありますね。しかもここ一応アメリカですが本国じゃないので全然『本場感』もありません。

でもこれはこれでやっぱり楽しかった。
最近の日本のディズニーストアを見ていませんが、取りあえず店のウィンドーにダースベイダーのコスプレをしている少年を貼っちゃう辺りはやっぱり日本とは違うんじゃないでしょうか。


IMGP6157_R.jpg
後、日本じゃ見た事の無い程サブなサブキャラが、しっかり人形になって売られていたりしてびっくりします。

これあれです、眠れる森の美女に出て来るフクロウさんです。
多分公式でも名前なんてないようなキャラです。「フッフロー」みたいな事だけ言うやつです。でもこの子とブーツの中に入ったうさぎさんとかと踊るオーロラ姫のあのシーン、ホント素敵ですよね。


眠れる森の美女 プラチナ・エディション (期間限定) [Blu-ray]眠れる森の美女 プラチナ・エディション (期間限定) [Blu-ray]
(2008/10/22)
ディズニー

商品詳細を見る

個人的には、そろそろディズニーヒロインも一周し直して、最近の流行りである『アタシ自立できる女なの!』みたいなのから昔らしいしとやか王道御姫様が見たいです。ショックを受けると気絶しちゃうような感じの。


ハワイディズニーストア
あとこの豪華なメモ帳みたいなのに描かれているプリンス&プリンセスたちも可愛かったのですが、


ハワイディズニーストア
なんか…シンデレラってこんな感じでしたっけ?王子も含めてこんなんでしたっけ?


あ、そうだ、あと私が買ったわけじゃありませんが日本で買うよりずっとお買い得なお店が一つありました。

ハワイディズニーストア
レゴです。

レゴって買うと意外と高いもんですが、そして別にここでもそこそこ高かったのですが、それでも日本で買うより3分の一ぐらい安くなるんだそうです。
なのでそれを調べ上げた人に頼まれて、姉がコレ買っていました。



LEGO (R) ムービー ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付)  [Blu-ray]LEGO (R) ムービー ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
(2014/08/02)
クリス・プラット、ウィル・フェレル 他

商品詳細を見る

レゴムービー、とても面白かったです。
しかし同時にあれほど『逆CM詐欺』な映画ないんじゃないかと思いました。
あのCMで見る限りは本当に本当に本当に面白くなさそうなのに……。


あとこのLEGOムービーモデルのレゴキット、


ハワイディズニーストア
でかい。

これ持って帰るの大変そうだなあ。

あ、ちなみに縮尺の比較として傍に置いたペリーは私が買ったやつです。



フィニアスとファーブ/ペリー・ファイル ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]フィニアスとファーブ/ペリー・ファイル ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
(2013/04/17)
ディズニー

商品詳細を見る

数年前にようやくハマりました。私はファーブ派です。


私基本そんなにお土産も買いませんしましてやぬいぐるみとか集めるタイプじゃないんですが、これはなんだか思わず買ってしまいました。


IMGP6172_R.jpg
なぜなら、破格の見切り品になっていたから。

この後知ったんですが、どうやら本国ではフィニアスとファーブ終わってしまったらしいです。そうか、だからお勤め品扱いだったのか……。少し悲しい。


ハワイディズニーストア
と言うわけで、見てみればやっぱり日本と結構違う所があっておもしろかったです、海外ディズニーストア。

結局私が買ったのは2ドル以下のペリーだけでしたが、それはそれで楽しい時間を過ごせたので、ほくほくで帰宅。
この日の夜はお昼が遅かった事もあったので、ホテルの最寄にある『高級ABCストア』こと『Island Country Market(アイランドカントリーマーケット)』でデパ地下惣菜みたいなやつを買ってのディナーでした。

ハワイ
うむ。これはこれで全然よろしいです。

本当はこの部屋、せっかく自分の家のより大きなキッチンが備わっているので、食材を買って何か素敵なハワイアン料理を作ったりするべきなんでしょうが、まあ…めんどいので。
でも普通にコップ洗ったりちょっとしたもの温めたり、果物切ったりするだけでも非常に使いやすくて良かったです。


ハワイ
そして気付いたら増えていた、私以外の人が買った『ディズニーレアキャラシリーズ』
左のウサギは、先程の眠れる森の美女でフクロウさんと一緒に出て来たブーツの中のウサギさんです。
右の鼻の大きな犬は、ダグですね。


カールじいさんの空飛ぶ家/ブルーレイ(本編DVD付) [Blu-ray]カールじいさんの空飛ぶ家/ブルーレイ(本編DVD付) [Blu-ray]
(2010/04/21)
ディズニー

商品詳細を見る

カールじいさんの空飛ぶ家。評価も高い名作ですが、キャラ展開は日本では殆どしていないですね、
少なくともダグの人形を見たのは今回が初めてです。
ダグ可愛い。


IMGP6195_R.jpg
それではそんなこんなでおやすみなさい。


※明日は一日中ホテルでだらける日です。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

ハワイ旅行25 エッグスンシングスをハワイで - 2014.12.22 Mon

ハワイ 
初体験のスキューバダイビング。大変楽しかったです。

いやーこの綺麗な海で始めてが味わえたと言う意味でも大変有意義でした。
そして改めて言う程の事でも無いですが、やっぱり水に入っていると気付かない内にものっそい体力を削られています。
夢中で30分以上泳ぎ通しの後にようやく陸に上がったら、もう疲労感の半端ない事半端ない事。
あと物すごい喉が渇いています。

ハワイ 
と言うわけで、軽食としてガイドのマットさんがおうちで作って来てくれたスパムムスビを頂きながらの休憩。

ああ、疲れた体に塩気のあるものって嬉しいわ。


その後、無事我々の後に潜った姉も帰って来てウエットスーツ脱いで酸素ボンベとか片づけて、無事アクティビティは終了。そのままホテルまで送っていただきました。
ありがとうございます。

と、
ここで本日一番のイベントは既に終わってしまった事になるのですが、始まる時間が8時とかと大変早かったため、
ホテルに戻って来てもまだ正午辺りでした。
先程スパムムスビを頂いたとは言え、時間的にもお腹が減っています。そしてこの後は、暇と言えば暇。

なので、


ハワイ 
レンタカーを飛ばしてハイウェイを横切り、


ハワイ 
昨日に引き続きワイキキまでやって来てみました。

ココに来た理由は一つ。お昼のためです。
そして向かった場所も一つ。


ハワイ 
エッグスンシングスです。


【Eggs 'n Things】、たぶん日本での知名度も相当あるお店だと思います。
そして日本にもあります。さらには私、そっちで普通に食べた事あります(その時はMotoGP関連のついででしたけど)。

じゃあ、別にわざわざこっちで食べなくて良いじゃない。とも思えるんですが、そして私は思っていたんですが、
これは我が母たっての希望だったのです。
何せ日本だとまだ休日は結構混んでいますからね。家から近いとはいえ仕事をしている母に取ってはチャンスが無い状態。それに比べれば、こちらハワイではそんなに混んでもいないって言いますし、

でもそれはこの【アラモアナセンター前】の話かも。


IMGP6033_R.jpg
もっとワイキキビーチ寄りの景観の良いココとかだと混んでるかも知れません。
なにせこのアラモアナセンター前の店舗、見て分かる通りすごくムード演出が薄い。
多分そういうのもコミコミで人気のある店のはずなので、そう言うのも含めて味わいたい人は頑張ってワイキキビーチの方とか本店の方とかに行った方が良いと思います。



エッグスンシングス ハワイ
でも内装はちゃんと可愛い。

このパキっとした黄色の壁結構好みです。
我が家の壁の一部もこんな感じなので参考にしてみたいもんですね。


で、料理なんですが、
ここはやっぱり一押し商品はパンケーキ。何は無くともパンケーキです。

が、
まあ私は一度とは言えそれを食べちゃっているので、

エッグスンシングス ハワイ
代わりにエッグベネディクトを食べてみました。
美味しい。
この上にてろんと掛かっているオランデーズソース、本気で作ろうとするとマカロン焼く並に手間がかかるめんどうなソースなんですが、そういう物を使った食べ物はやっぱり外で食べるに限ります。マヨネーズで代用して作ったのも美味しいですけどね。

エッグスンシングス ハワイ
あとパンケーキをお昼にはしかねる非甘党の父が頼んだ具だくさん過ぎるロコモコも、美味しかったです。

そして当然母は念願のパンケーキ。
私もサイドメニューでパンケーキが付いてきましたが、やっぱりココのは美味しいですよね。
1時間並ぶ価値があるのかと聞かれれば、まあ私ご飯に並ぶの苦手なのでどうとも言えませんが、美味しいとは思います。王道パンケーキの美味しいお味。


エッグスンシングス ハワイ
出口でたっぷり売ってたパンケーキミックス。
どうやら日本のお店では売っていないみたいです。
おみやげにしたらきっと喜んでもらえると思います。そんなに重く無いですしね。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

ハワイ旅行24 コオリナにて始めてのスキューバダイビング(潜った編) - 2014.12.17 Wed

さて、
水着の上にウエットスーツを着込んで、腰回りに重しを巻いて、背中に酸素ボンベをしょってゴーグル付けて足ヒレ抱えて……。

我々、準備完了であります。
これから始めてのスキューバダイビングであります。

コオリナ ハワイ スキューバ
頑張るぞー。

ちなみに、この装備にて地上を歩くのは思っていた以上にきっついです。
一体私は何キロの重りを身にまとっているのでしょう。


そしてこのまま、取りあえず一番近くの砂浜までえっちらおっちら移動。
そこで取りあえず腰辺りまで海の水につかり、まずは生まれて初めて酸素ボンベを咥えてその場にプッカリ浮かんでみます。
そしてここで、取りあえず最初にして最大の難関、『酸素ボンベで息をする』という事に慣れる作業をするんですが……、

これが、
すんごい辛かった。

「みんな最初すっごい苦しいンデスヨ。でも2分ガマンすると大丈夫ニナルノ」
と、ガイドのマットさんが始める前に言っていたのですが、恥ずかしながら私、別にそういうの結構順応出来るタイプだし~とたかをくくっていました。

だって泳げない訳じゃないし。
シュノーケルとかならしたことあるし。

でも、なんかやっぱり全然違いました。
酸素ボンベと腰の重りのせいでどうしても緩慢になる体と、普段しない口呼吸と、ボンベから管を通ってなんか物すごい勢いで注入される空気の違和感。不安定な足場。体が持ってかれそうになる強い引き潮。
そしてそれらの慣れない環境から思わず陥ってしまう水に対する軽い恐怖感や、「今このボンベが外れたらとんだ事になるな」という後ろ向き妄想。

コオリナ ハワイ スキューバ
そして思い知らされる、『人と言う生き物は、水に対してすぐにデスっちゃいそう』な感じ。
思わず必要以上に深呼吸気味になってしまう体と、早くなる心臓。

そんなこんなで緩めのパニックに陥る事、約2分……。


ハワイ ダイビング コオリナ
慣れた。


いやあ酷い目に2分もあってると、人って乗り越えられるもんですね。適応って凄い。

と言うわけである意味「スキューバの通過儀礼」といわれる物をどうにかクリアしてみれば、あとはめくるめく海の世界が待っています。

ハワイ ダイビング コオリナ
前を行くのはマットさん。

でもこの時は我々を撮影するために前を進んでいるだけで、基本『スキューバど初心者』の私&母コンビの移動方法は、全部ガイドのマットさんに引っ張られるままにノシノシ移動するだけです。
一応足ヒレは付いているので泳ぐのですが、それよりは地面のサンゴを持ってハイハイしながら移動していると言った方が似合うかも。


コオリナ ハワイ スキューバ
そして時より、そのへんにあったヒトデとか持たせてくれる。

シュノーケルとスキューバの違いは何かと言うと、まず一つはずっと潜ったままいられると言う事でしょう。
この時も、始めてのダイビングにも関わらずマットさんに引っ張ってもらって35分程海底をウロウロし続けていました。


コオリナ ハワイ スキューバ
そしてハッと気付けば、今自分は海面から数メートルも下に佇んでいるんだという事にびっくりします。

これは、スキューバでしか味わえない。漂う魚も、珊瑚も、上から覗くのではなくて同じ目線で見渡す事が出来るのです。

ハワイ ダイビング コオリナ
目の前の穴からにょろんとウツボが出てきたり。

ハワイ ダイビング コオリナ
なんか良くわかんないクリーチャーみたいなのが横切ったり、

あと何より一番びっくりしたのが、


ハワイ ダイビング コオリナ カメ
カメ。


おいカメだ。カメが出て来たぞ。
しかもやたら近い。

ハワイ ダイビング コオリナ カメ
カメはハワイ語で「ホヌ」と言うそうです。海の守り神的な、大変縁起物な生き物らしいです。

ハワイ ダイビング コオリナ カメ
なんてびっくりしてたらさっきより一回り小さいのも突然現れました。

聞けばこの辺りにカメの住処があるんだとか。あとさらに運が良ければイルカとかにも会えるんだとか。
まあ今回イルカは無理でしたが、このカメに会えただけでもすごい感動しました。
ヒレをかいて泳ぐ姿はさながら飛んでいるようで、ゆっくりな動きのようでかなりあっという間に引き離されてしまいます。さすが海ガメ。

ハワイ ダイビング コオリナ カメ
さよーならー。

ハワイ ダイビング コオリナ
こうして味わった酸素ボンベ一本分のグランブルーの世界。
格別です。
これはスキューバにはまってしまう人の気持ちもわかります。
私よりもう少しでも海が好きな人間だったら絶対ライセンス取ってみたい!と思ってしまうかもしれません。

このランデブーの感覚は、多分他では代えが効かないでしょう。
シュノーケルでも、潜水艦でも多分無理です。
体験できて良かった。
あの最初の2分で心が折れて「もう私そこの砂浜で待ってます!」とか言わなくて本当に良かった。


PS.
ちなみに、

ハワイ ダイビング コオリナ
「潮の流れにもまれて離れたらデスっちゃうから」という理由で、我々初心者コンビは常に腕を組んだ一対状態で、泳ぐともなく引っ張られてのダイビングでした。

泳ぐ事自体大して好きではない私としては、むしろそのほうがお手軽で良かったのですが、一応ライセンスがあればガイドと一緒にソロで泳ぐ事も可能なんだそうです。
このライセンスのランクが上がれば上がる程、潜れる深さも深くなったり監督無しで泳げたりとか色々あるんだそうです。

と言うわけで、ライセンスとしては一番低いとはいえ、今回唯一資格を持っていた姉は、どうやら我々がウロウロしていた地域よりもさらに遠くまで潜りに行っていたんだそうです。


P9230120_R.jpg
優雅なソロプレイも披露。

うーらやーましー。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

ハワイ旅行23 コオリナにて始めてのスキューバ(潜るまで編) - 2014.12.15 Mon

おはようございます。ハワイが5日目になりました。
今日も今日とて快晴です。

ハワイ
グッドモーニングイチゴ。
いちごにもバランって添えるんだ……。

なんかこういう朝食代わりってとっても南国でロハスでナチュラルな感じがするんですが、残念ながらこれ冷蔵庫に入れておいたらちょうど不味い感じに凍ってしまい、味が変な事になっていました。しっぱいした。


ハワイ
まあそんな事はともかく、今日は朝からアクティビティです。

今日の朝は早いのです。そして多分、イベントとしては一番大がかりかも。
なにせ今日は、私生まれて初めてスキューバダイビングを体験するのです。



リーフツアラー(REEF TOURER) メガネ2点セット男女兼用 RC-1116Q ブラック/ブラックリーフツアラー(REEF TOURER) メガネ2点セット男女兼用 RC-1116Q ブラック/ブラック
(2013/05/01)
リーフツアラー(ReefTourer)

商品詳細を見る

これはシュノーケル、これだったらやった事があります。


スキューバはこれじゃなくて空気入りのタンクをしょってゴボゴボ海の中にもぐるあれです。それをやってみるのです。
ただし、自慢じゃありませんが、私海が苦手です。海と言うか、水。
とは言え別に泳げない訳じゃないです。あ、ウソです。クロールは多分50メートル泳げません。25がギリです。平泳ぎだったら、まあ昔学校で遠泳の授業とかもあったので泳げます。バタフライは多分やり方が分かっていない。背泳ぎは遅い。碁石拾いの成績は悪い。ビート版の上に乗ってダルシムのヨガポーズを取るのは割と好き。そんな水泳の時間を幼少時代過ごしていました。

でも、出来れば浮き輪が欲しいです。もっと言えばジェットスキーとか乗りたいです。さらに言えば水の中とかそんな入んなくて良いです。ああでも海釣りとかはしてみたいですね。イカ釣り漁船とか乗ってみたいです。イカ好きだし。


ハワイ
凄く話が関係無くなってしまった。


まあでも何はともあれスキューバなんです。
今まで南国であり美しいビーチの宝庫であるハワイにいといて一切海に触れ合わないバカンスを楽しんできていたのですが、一回ぐらいは海入ろうと言う事になってこの現地ツアーに申し込みました。
ツアー会社の名前は【Grand Blue
何故ここにしたのかと言うと、単純にダイビング予定地が我々の宿泊地である『アウラニ・ディズニー』に一番近かったからです。
でも実際お願いしてみたら、4人家族に対して1人のガイドさんが付き、2人組ずつ交代でたっぷりもぐらせてくれるというかなり功待遇な体験をさせてもらいました。


ハワイ ダイビング
そしてダイビングの朝は早い(8時頃)。
一応これにはわけがあって、朝早い方が魚が活発に動くから潜るといい景色を拝める可能性が上がるんだそうです。
成程。動物園とかも朝1で行った方が良いってよく言いますもんね。

と言うわけでさっそく生まれて初めてのスキューバに向けていそいそと準備です。
今回のパッケージは『体験ダイビング』なため、マイ酸素ボンベもマイウエットスーツも持って無い我々のために、ほぼ全てガイドさんが準備してくれていました。
なので我々は水着一つで現地まで送迎バスで向かい、その場で渡されたウエットスーツを頑張って着こむ所から始まります。


ハワイ ダイビング
ブカブカだとかそう言うのは、この際まあしょうがない。


それと同時に、流石に水面近くを泳ぐシュノーケルやバナナボートやらよりも色々と危険が伴う事もあり、最初に色んな問診票だの契約書だのにサインをする時間が設けられていたのですが、
ここで豆知識。
スキューバダイビングは安全上の理由から、持病や健康状態によってはダイビングが出来ない事もあるんだそうです。
駄目な理由の主な例としては、【心臓の疾患 てんかんや脳の疾患 肺・呼吸器の疾患 糖尿病 妊娠中】等々…。

で、実にプライベートな話なんですが、そう言えば我が父は心臓疾患持ちだった事をここにきて「あっ」と思いだしてしまったため、


ハワイ
父、この場にて突然のアクティビティ参加停止の憂き目を見る羽目に。

ああ、楽しみにしてたのにね…。少なくとも私よりずっと楽しみにしていたのにね…。可哀想に。
でも、まあしょうがありません。
何せ何かがどうにかなってどうかなってしまうなんて事ずえったいに避けたいですもんね。


DSC01245_R.jpg
と言うわけで、しょげたままの父はここでお留守番です。
あ、ほら虹出てるよ父。あれ見てなよ父。



よって参加者は私と母と姉の三人。
この中で私と母は完全なスキューバ初心者。姉はなんとこれのため半分興味本位半分でスキューバライセンスを気付けば取ってしまっていたため、
相談の結果、1往復目は私と母の『始めてコンビ』での初心者ピヨピヨダイビング。
2往復目は姉のライセンスアリダイビングという流れになりました。


ハワイ ダイビング
2往復も頑張ってくださる今回のガイドさんは、こちらのマットさんです。
「ゴザと呼んでくだサーイ」
と言う高等なギャグを理解するのに多少時間を取らせてしまってすいませんでしたマットさん。


と、言うわけで、次回はおっかなびっくりスキューバ実体験編です。


ハワイ ダイビング
「カツオ ご期待下さい!」


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

ハワイ旅行22 ワイキキのトロリーと夜のハワイ - 2014.12.11 Thu

ハワイで一番美味しかったご飯を食べ終わりました。ごちそうさまでした。

まあハワイは島国ですし、食料の殆どが輸入式ですし、そもそも美味しい物を食べに行くタイプの国では無いのでそこまで食に対して期待値は持たずに過ごしていたのですが、やっぱり美味しいのはそりゃ良いもんですよね。


そう言えば、我々ワイキキには車で来ているのですが、各お店の移動のためにいちいち車を出し入れするのは面倒だったので、ワイキキ内の移動にはこちらを使いました。


ワイキキ トロリー
トロリーバスです。

ハワイのこの首都ホノルル近辺では、このトロリーバスが非常に沢山あります。
一応ごく普通のThe BUSというバスの交通網もあるんですが、このトロリーバスの方は観光スポットのルートを余すことなく網羅している上に見た目もこっちの方が断然可愛いため、きっとワイキキを観光する際にはお世話になる事がおおいと思います。

路線は大きく4本に別れていて、それぞれ『ピンクライン』だの『グリーンライン』だの色の名前になっています。


ワイキキ トロリー
ガイドマップとかに経路が書かれているので、行きたい場所とを照らし合わせて目的の路線に乗れば、後は基本巡回バスなので乗りっぱなしで着けます。
狭い場所をぐるぐるしているので、ピンクラインとかだと一周も30分程度とか。
なので世界の車窓からのワイキキ観光として使ってもいいかもしれませんね。


ワイキキ トロリー
景色のいい場所もいっぱい通ります。


ワイキキ トロリー
それとここにもありました、嵐コンサートの名残。この横断幕を引っぺがすと、したにあるのはワンピースの絵柄のようです。

可愛らしいトロリー。便利なトロリー。
ただし、それなりにややこしい事もあるんです。それは、このトロリーが大手旅行会社専用の物が多いと言う事。
この嵐横断幕トロリーだって、実はJTBのトロリーです。だから乗れるのはJTB特典を持っている人たちだけ。他にもHIS特典のトロリーとかもあるので、いざ自分が使ってみようとトロリー停留所でじっと待っていても、果たして自分が乗る資格のあるのは一体どれなのだと混乱しやすいです。

結局我々が使った路線は【ピンクライン】と呼ばれるもののみでした。これはアラモアナセンターからワイキキ周囲のショッピングスポットを全部網羅し、しかも乗車賃が1回2ドルで、その上JTBカードを提示すればタダという大変都合のいいものでした。


IMGP6104_R.jpg
燦然と輝く『無料!』の文字。

このほかにもJTBカードは昔からハワイに相当力を入れているため、一枚でも持っていると色んな所で割引とか特典をもらえたりします。
旅行のためだけに作るのは流石に手間かもしれませんが、もし持っていたら必ずお財布に入れて持ってくると良いと思います。


と言うわけで我々このピンクラインを使ってワイキキを乗り回し、肉を食べ、またこれに乗って夜のワイキキの景色を楽しんでいました。

IMGP6114_R.jpg
流石に海は夜見えませんが、それでも闇夜と街灯とヤシの木の組み合わせは綺麗です。


IMGP6118_R.jpg
首都・ホノルルにはレストランやバーやらと、そうとう夜も楽しめる場所も多いですし、買い物できるお店も遅くまでやっています。
治安も、悪い所は悪いですが良い所はまあまあ良いようですので、場所を選べば夜遅くまで遊んでいられそうです。

ですがそんな事しているとハワイの朝をパンケーキで迎えるみたいなライフスタイルは送りにくくなってしまうでしょう。どっちを取るか難しい所ですね。
まあ我々が宿を取ったコオリナ地区にはそう言った物は一切ないので、強制的にスローライフスタイルになってしまうんですが。
まあ、それもオツなもんです。


IMGP6121_R.jpg
では今日の締めの一杯を頂いて、お休みなさい。


※明日は朝っぱらから始めて海に出かけます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

ハワイ旅行21 Wolfgang's Steakhouse ウルフギャング・ステーキハウスで肉! - 2014.12.09 Tue

さてと、朝っぱらからの(ウィンドウ)ショッピング三昧でかなり足も疲れていたせいもあり、カフェ屋さんで随分長居してしまいました。

アラモアナセンター

ちなみにこの休んだお店、【Island Vintage Coffee (アイランドヴィンテージコーヒー)】。コナコーヒーも有名ですが、あとアサイーボウルも有名らしいです。


ハワイ ワイキキ
鳥がつまみ食いする上手さ。

でも我々はべつに食べませんでした。
何故ならこれから本番のお夕飯があるからです。

と言うわけで移動。
向かった先は先程いたアラモアナセンターからトロリーに乗ってちょっと行ったロイアルハワイアンセンターです。

規模としてはこちらの方が狭く、けれどより栄えている中心地に近い感じで、あと高級感はこっちの方が上な感じです。
我々が向かったのは、この施設内のレストラン街っぽいゾーン。


ハワイ ワイキキ
【Wolfgang's Steak House Waikiki Beach(ウルフギャングズ ステーキハウス ワイキキビーチ)】
です。

ステーキ屋さんです。ここで我々ステーキを食べるのです。オウ、アメリカン。
このお店、行く前に調べたら日本にも支店が出ているんですね、六本木とかその辺りに。
ですがそっちで頼むとリアルに目玉が飛び出るような価格になってしまうようなので、多分行くチャンスは無いと思います。
ですがこっちだと、すくなくとも日本に比べればリーズナボー。


ハワイ ワイキキ
と言うわけで、物すごい人気店です。

我々はあらかじめ渡航前から予約をしていたので事なきを得ましたが、当日飛びこみの人の列はかなり凄かったです。
あれって何時間待ちだったんだろう……。

ハワイ ワイキキ
ちなみにこのお店、あのピンクパレスとして有名なロイヤルハワイアンホテルの直ぐ近くです。


ハワイ ワイキキ
そして同フロアに海外ドラマ【HAWAII FIVE-0】のコラボ・バーみたいなのもありました。

ちなみに現時刻は5時半。なかなか早めのお夕飯とはなりますが、このあとホテルのあるコオリナ地区まで帰らないといけませんし、お昼も軽食で済ませていたので大丈夫です。ある意味ジャストです。

ウルフギャングステーキハウス
取りあえず、かけつけのフローズンピニャコラーダをば。
今日は今まで運転を私がしていましたが、帰りは姉に任せて私酒三昧。幸せです。

ウルフギャングステーキハウス
そして一応付け合わせとして頼んでみたオニオンリングのあまりのボリュームに若干引く我が家族。
なんとなくこれの半分ぐらいを想像していたのですが、そういえばここはアメリカでした。

なので続いてやって来たお肉の量も、言わずもがな。


ウルフギャングステーキハウス
お見事です。

これがドライエイジングと言われる『熟成肉』のTボーンステーキです。熟成肉のあれやこれやについては詳しく分かりませんが、まあ『腐りかけが一番上手い』方式のあれなのでしょう。

ウルフギャングステーキハウス
そのジャストな腐りかけ手前を焼いたものが、こちらです。

熟成肉を食べてみたのは、多分これが始めてです。少なくとも、これだけ大量に食べたのは始めて。
いやーこれが美味しかった。

でかい肉の塊を食べた記憶として一番新しいのは、ちょうど同じ年の5月に行ったイタリアでの肉祭りなんですが(その時の様子はこちら)、


ダリオ・チェッキーニ マックダリオ
ここもまた、未だ話題に上る程美味しかった。

あそこの肉祭りと、ここの肉祭りは、肉の味がやはり違いました。どちらがどうだとかそんな細かい事を言い当てられる程できた舌は持っていないのですが、どちらも違ってどちらも良い。というかやはり肉は良い。
大きな塊で焼いた肉ってどうしてこんなに美味しいんでしょうね。

ウルフギャングステーキハウス
表面こんがりなのに中は半生。これぞ塊じゃないと出来ない焼き加減です。
家で2人分の肉を焼く上では、これは中々できません。

お肉のボリュームはとんでもないですが、日本と違って赤味部分しかないような部位なため、これが意外とガツガツいけちゃいます。
日本の霜降りとかだと、リアルに名刺サイズ一枚だけでお腹いっぱいになったりしますからね。
どちらが良いかと聞かれればどっちも良いのですが、たまにはこうした「噛みしめてます!肉!」ってな感じのも良いもんです。幸せ。



ウルフギャングステーキハウス
最後にはむさぼりつくされたTボーンのボーン部分だけが。
ああ、お腹いっぱいです。ごちそうさまです。
お昼を軽くしか食べないで本当に良かった。

ウルフギャングステーキハウス
お腹はいっぱいでしたが、せっかくだからと4人で1つのデザートを注文。

チョコアイスと生クリームでしか作られていないようなチョコサンデー。
毒々しいチェリーの色も含めて実にアメリカっぽいです。スヌーピーとかに出てきそう。


振り返ってみれば、ハワイ滞在中ここのお店でのご飯が一番美味しかったです。
これは頑張って予約してまで行って本当に良かった。
そして同じ量を六本木で食べたら一体どんだけの価格になってしまうのだろうと思うと震えが止まりません。
ごちそうさまでした。


※次回はトロリーと夜のワイキキ
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

ハワイ旅行20 ワイキキショッピングとトロリー - 2014.12.03 Wed

さてと、未来の乗り物セグウェイに乗ってきました。
ブイーンと走ってきました。
電動なのは走ってる時うるさく無くて良いもんですね。まあ、多分私は売ってても買いませんけども。


アラモアナセンター
あと、パーキングエリア近くで本来の朝食場所予定地の広告を発見。

うーん、これを見るに、どうやら我々が止めた駐車場の真逆辺りにあったようです。
くやしいので、これは暇がある明日にでも行き直そうかと思っています。


アラモアナセンター
と言うわけで、午後はアラモアナセンターをショッピングしてみようと思います。

私が幼稚園時代に行った時から既にあったアラモアナセンター(1959建設)。日本でも御馴染のお店も結構ありますが、ハワイでしか買えない物を売っているお店だとか、日本未上陸なお店とかも結構あったりします。


アラモアナセンター
この間の嵐コンサート、【ARASHI BLAST】とのコラボ商品とかも結構あったりしました。
これは本当にこの時期限りのレア商品ですね。
別に買わなかったですけど。


アラモアナセンター
その中で私が買ったのは、【Bath & Body Works】とか。

ここ、昔からTHE BODY SHOPよりも好きなんですけど、未だに日本には未上陸なんですよね。なのでアメリカに行かない限りあんまり買えるチャンスがありません。
ボディショップよりもさらに匂いがキツくてアメリカンな感じのローションやソープやハンドジェルとかが一杯あります。ハワイ限定のアイテムも沢山あるので、お土産にも最適です。


アラモアナセンター
いっぱい買いました。
いやー他にも歩いたり店を見たり買ったり色々やって、気付けば結構な夕方っぷりです。
足が疲れた。



アラモアナセンター
と言うわけで、ちょっとカフェで一休み。

ここは【Island Vintage Coffee (アイランドヴィンテージコーヒー)】です。
多分ハワイ産のコーヒーショップ。100%コナコーヒー(コナ地方のお高級豆)と、アサイーボウルが美味しいと有名だそうです。
一応日本にもお店があるんだそうです。
コナコーヒー、おいしかったんですけど、入れ方がアメリカンコーヒー方式なわけなので、個人的にエスプレッソ派な私としてはそこまで感動的と言うわけではありませんでした。

アラモアナセンター
あと、モール内射撃場の広告とかもありました。
ふーん、本当に部屋の中に射撃場とかあるんだ。


P.S.
次回は一番美味しかった夕飯の話です。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

ハワイ旅行19 ワイキキでセグウェイ体験 - 2014.12.01 Mon

ハワイのホノルルにあるアラモアナセンターフードコート内にて遅めの朝ご飯を頂きました。

時刻は現在丁度お昼の12時。
本日はこれよりアクティビティの申し込みをしているのです。
なのでそれの集合場所である、アラモアナセンター出口付近で待ち合わせ。


ホノルル
時間丁度にバンのお迎えが来ました。

と言うわけで家族4人で乗車。その後おそらく3分しない程度の所で「ツキマシタヨー」と下ろしてもらい、今回申し込んだアクティビティのオフィスの中へと入ってみると、そこに待っていたのは

ホノルル セグウェイ
セグウェーイ


こんにちは、セグウェイです。今日はこのセグウェイに乗るんです。
多分、知名度で言えばダイソンとかルンバ以上に知られているはずのセグウェイ。
でも道路交通法的な何がしかのせいで日本だと乗って公道走れないセグウェイ。
代わりに成田空港の警備員さんとかが乗っているのなら見た事あるセグウェイ。それに乗るんでセグウェイ。


このアクティビティを主に希望していのは私の父母。私自身はそこまでセグウェイに興味は無かったのですが、まあせっかくならと言う事で一緒に参加してみる事にしました。
基本的に、私の場合旅行先では「日本で出来ない事が出来たらいいよね」という名の元色んな事をしているわけなので、その結果が昨日やった実弾射撃だったり、今日のセグウェイ体験だったりするわけなんです。



と言うわけでやってみましょうセグウェイ体験。

ですがまずはインストラクターのお姉さんにセグウェイの原理を教えてもらい、その後いきなりの行動は死を意味する事もあって少しの間室内での『乗る』→『制止』→『ちょっと動く』→『停止』の練習をやっていました。


ホノルル セグウェイ
狭いフロアの中を変な物に乗って音も無く動いているのは中々にシュールです。

そもそもセグウェイとは、ジャンルで言えば電動立ち乗り二輪車です。



YAMAHA(ヤマハ) 2014年モデル PAS VIENTA5(ヴィエンタ5) 26インチ PM26VYAMAHA(ヤマハ) 2014年モデル PAS VIENTA5(ヴィエンタ5) 26インチ PM26V
()
YAMAHA(ヤマハ)

商品詳細を見る

【電動】で【二輪】と言う意味ではヤマハのパスを思い起こさせますが、こっちは『電動アシスト』なので違います。
セグウェイは完全な自走二輪車です。

ホノルル セグウェイ
基本的にアクセルは無く、平たく言うと前傾すると前進、水平になると停止という仕組みになっています。
私てっきりこの持ってる棒を倒して進むもんだと思ってたんですけど、これは右左にふる事によって方向を回転させる時だけに使うんだそうです。
逆にそっちにびっくりした。それこそバイクのように体重移動で曲がるんだと思ってた。どうやらセグウェイでのハングオン走行はしないようです。


ホノルル セグウェイ
と、まあ色んな説明を受けながら最低限の操作方法は教わったので、ここで車道にでての練習です。

ホノルル セグウェイ
すいーん。

炎天下のハワイ・ホノルルのオフィス街。おっかなびっくりセグウェイを乗り回す不審な日本人家族。そりゃ道行く人の視線が痛いに決まっています。見せもんじゃねえやい。


ホノルル セグウェイ
でも、そんな羞恥にも耐えて、ようやく基礎練習終了いたしました。

なのでこれからが本番。ちょっとセグウェイにのったままご近所一周観光散歩の旅へと出発でーす。

ホノルル セグウェイ
しゅいーん。


……だめだ。まだシュールだ。

我々の希望したオプションは、色々あったコースの中でも一番低価格の『お手軽ちょっと楽しんでみましょうコース』的なやつだったため、多分乗っていた時間としては1時間も無かったと思います。
回った場所も、ホントにご近所周辺。ですがそれでもご立派な裁判所前を通過してみたりとかワイキキビーチを遠目に見てみたりとか、オシャレなホテル前の駐車場でちょっとやんちゃな走行にチャレンジしてみたりとか、結構色々させてもらえました。

本当の目玉はこれに乗ったままワイキキビーチやらダイヤモンドヘッド周辺をのんびり観光とかできる数時間コースだったんですけどね。


ホノルル セグウェイ
乗り物としての感想は、『慣れてしまえば結構楽だけど、慣れるまでが難しい』という若干当たり前すぎる物でした。
まず『前進・後退』が体重移動で行うため、ヒールとかの既に傾斜している靴は非常に向いていないと言われました。それと写真のように慣れさえすれば普通に止まって写真を撮ったりガイドさんの話を聞いたりとか出来るようになるんですが、【止まる=中心にバランス】という形になるので、なんか気が抜けない。これもまあ慣れ何でしょうけども。
つまりブイーンと走っていて素敵な景色があっても、後続の家族の方に振り向いて「ねえあそこ…」なんて指でもさしてると、あっという間にバランスが崩れて挙動不審になって冷や汗が出てしまうと言う感じなんです。意外と気が抜けない。慣れれば片手で写真ぐらいは撮れるようになったけど。


ホノルル セグウェイ
後個人的に一番キツイなと思ったのは、『サスペンションが無い』と言う事。

このお陰で車道の段差もちょいとした道の出っ張りも、全部自分の足にダイレクトアタック状態なため、多分これ長時間キツイです。
それこそ空港内のツルッツルな床なら快適だけど公道には、そう言う意味では向かないと言う点では賛成。



BRIDGESTONE(ブリヂストン) Newスケアクロウ 18サイズ SCN18.A オレンジBRIDGESTONE(ブリヂストン) Newスケアクロウ 18サイズ SCN18.A オレンジ
(2012/08/24)
BRIDGESTONE(ブリヂストン)

商品詳細を見る

つまりこれ、感覚的なジャンルで言えばバイクじゃなくて一輪車なんですよね。


ブレーキもなく、ハンドルに身を預ける事も出来ず(よりかかったら前傾しちゃうからね)、さらには体重移動がそのまま速度に直結するため、自転車や車のように『惰性で動かす』と言う事が出来ないんです。
この自転車でいう「シャー!」ってなってる状況が作れないと言うのは、乱暴に言えば運転中『暇が無い』とも言えるわけなので、なんだかこう地味に気が抜けない。
正直なところ、後半のガイドツアー中は体重移動に気を配るのが面倒になって「手元にコントローラーとかあればいいのにな」とか思っちゃったりもしていました。

DSC00395_R.jpg
もしくはHONDAがいつの日か気が向いたら出そうとうっすら思っている『UNI-CUB(ユニカブ)』のように、「せめて座りたいな」と思ってしまいました。


…軟弱者め。

ホノルル セグウェイ
でもまあ、最終的には万歳状態での制止も可能な程上達してのフィニッシュとなりましたとさ。

日本だと取りあえず、買っても良いけど道は走れないセグウェイ。なのでそれをここで乗れたと言う事自体は非常に面白く、やって良かったと思える経験でした。

ただし価格が825,000円(税抜き)……。最高時速約20 km/hで搭乗人数1人で積載スペースほぼ無で最長走行約38 kmか……。

PAS以下の価格になっても、PAS買うかな…。



PS
ホノルル セグウェイ
物凄く関係無いけど突然サングラスが砕けました。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ジール

Author:ジール
出版社で仕事をした後イタリアに住み着く。
その後帰国し所帯を持ってからは映像編集の仕事に従事中。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



最新記事

カテゴリ

旅行 (49)
イタリア旅行14 (41)
イタリア旅行11 (29)
イタリア滞在 (43)
クルーズ旅行 (15)
カリフォルニア旅行 (11)
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー (8)
ウォルト・ディズニーワールド (50)
ディズニーランド・パリ (3)
ユニバーサル・スタジオ・フロリダ (9)
台湾旅行 (24)
京都旅行 (23)
各地イベント体験 (40)
インテリア (26)
映画 (14)
バイク (45)
ゲーム (25)
雑記 (26)
料理関係 (20)
結婚関係 (14)
ムジェロGP (2)
サンマリノGP (2)
もてぎGP (4)
ハワイ旅行 (39)
フランス旅行 (12)
北海道旅行 (13)
ハワイ旅行 15 (14)

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
379位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
133位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。