topimage

2013-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

WDW旅行51/ダウンタウン・ディズニー【ワンス・アポン・ア・トイ】【トレンD】【ベイスン】 - 2013.07.30 Tue

ダウンタウン・ディズニー記事、恐らくあと1回で終われると思います。
施設の3分の1しか回れなかったパークを紹介するのに3回じゃ済まない辺りに、店舗数と中身の充実っぷりを感じて頂ければ嬉しいです。


ダウンタウン・ディズニー
ちゃっちゃと行きましょう。
次に我々が行ったお店は【ワンス・アポン・ア・トイ】です。

この大きな積み木のような入口のオブジェや何よりお店の名前で分かるかと思いますが、ここは小さな子供が大喜びするオモチャだけを集めた巨大なお店です。
『トイ(おもちゃ)』と言うだけあって、ディズニーグッズ以外にも色んな玩具が置いてあります。


ダウンタウン・ディズニー
この上の飾りを見ると東京ディズニーランドの「ギャグファクトリー」を思い出します。

各種あるキャラグッズも魅力的ですが、日本から来た旅行客としてはあまり日本でのグッズ展開が見込めなさそう(でも個人的には大好き)なアイテムを見つけると大変嬉しくなります。


ダウンタウン・ディズニー
例えばこれ、『オリジナルライトセーバーを作ろう』のコーナー。

ここでならフォースの導きによって自分の好みのセーバー(刃)の色、柄の形を好きなだけ選ぶ事が出来るんです。
憧れの自分だけのライトセーバー……。そんなの京都に就学旅行に来た中学生に木刀チラつかせるようなもんじゃないですか。
カッコイイ。欲しい。要らないのに。もう家に2本あるのに…。

結局、これは鉄の意志で断念しました。でも帰りの荷物がいっぱいじゃなかったら買っていたかもしれない。


ダウンタウン・ディズニー
あと日本で無さそうなのと言えばカーミット等のマペットグッズですね。

私もNHKの海外ドラマ枠で放送されていたのを見てただけですが、かなり好きなんですけどねえ。
同じく見てた日本人いっぱいいると思うんですけどねえ。なんで流行らないんだろう。


ダウンタウン・ディズニー
さて次はこちらの店、【トレンD】です。

こちらは先程のトイとは打って変わってアダルトな(主に女性物)のグッズを豊富に揃えているお店になります。
トレンディとディズニーをかけてトレンDなんです。
ワザワザ説明すると変にダサくなるのは何ででしょうね。


ダウンタウン・ディズニー
名前はともかく、店内はグッズ内装共に大変クールです。

主に服やアクセサリー等の小物類が充実している感じで、ディズニーキャラクターから醸し出される『甘さ』をスタイリッシュに削ぎ落とした感じになっています。


ダウンタウン・ディズニー
なる程これは良い。

こういうグッズが増えてくれれば、結構なお年になっても余裕でディズニーグッズを身につける事が出来るじゃないですか。
こういうの日本でも展開して欲しいですね。まあ日本だとかなりkawaiiに対する年齢の範囲が広いですが、
個人的にこういうタイプのアイテムは是非欲しいです。
ゆくゆくはゆりかごから墓場まで、全年齢ごとに合わせたディズニーグッズを提供して頂きたい。


ダウンタウン・ディズニー
あとオサレな内装の天井に「ザ・名高い…ミッキーマウス!」が。
…なんだろうこれ。




そして、今回更にもう一つオススメお店を紹介。それは【ベイスン】という名前の石鹸屋さんです。
どういった所なのかと言うと、まあ早い話が日本にもある『ラッシュ』のアメリカ版といった感じ。

ダウンタウン・ディズニー
今までの店の中ではダントツにディズニー色の薄いお店です。

メインで売られているのはこうした可愛い見た目のオリジナル石鹸達。
店舗はまだ少ないんだそうですが、ディズニーと提携でもしているのか、フロリダとカリフォルニアの両ダウンタウン・ディズニーにお店を構えていたり、ディズニーのハイクラスホテルの中で使われたりしているようです。

ダウンタウン・ディズニー
その利権を存分に生かしてできたミッキー柄の石鹸はお土産にピッタリ。

量り売り方式で値段も『ラッシュ』とあまり変わらないソコソコ良心的な価格。加えて種類がとても豊富なこともあり、私も自分用と友達用に数種類買って帰りました。

お土産のど定番であるお菓子たちがあんな感じ(前回のブログ参照)だったため、お土産候補としてここは予想外にオススメです。

ダウンタウン・ディズニー
※次回できっとダウンタウン・ディズニー最終回。
最後はいよいよ本丸。【ワールド・オブ・ディズニー】です。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

WDW旅行50/ダウンタウン・ディズニー【グーフィーズ・キャンディ・カンパニー】 - 2013.07.26 Fri

ダウンタウン・ディズニーにまだいます。

次のお店はこちらです。


ダウンタウン・ディズニー
【グーフィーズ・キャンディ・カンパニー(Goofy's Candy Co.)】です。
ここはグーフィーが経営(?)しているキャンディ屋さんという事になっています。
キャンディ屋とは言いますが、ようするにお菓子屋さんです。
今までパークのあちらこちらで甘ったるい香りを迸らせていていたお菓子たちが、束になって大集合しているんです。
もうその威力たるや相当なもんです。


ダウンタウン・ディズニー
ここにいたら匂いだけで虫歯になれそう。

そして匂いもさることながら、日本では決して見かけないであろう原色多過のカラーリングも目に痛い。
アメリカでは「見た目」と「食欲」どちらかを取るなら見た目を取るんだろうか。

ダウンタウン・ディズニー
そして挙句可愛くないとはどういう事だ。

いやあにしても、この思い切りの良さは素晴らしいです。
思わず買ってお土産にしたかった所ですが、こちらいくらプラスチックな感じの見た目とは言え、その実
はただのアイシング・オン・ザ・クッキー。
そりゃカントリーマアムよりは乱暴に扱っても割れる事はなさそうですが、これを持って無事原型を留めたまま人に渡せるか自信が無かったため、買うのは諦めました。
本来『お菓子』と言えば旅行土産のド定番のはずなんですけどね。

でも、これならまあまだ持って帰る事も可能ですし、お土産としてもネタとして掴みが取れる良品だと思います。
だって他のお土産お菓子でどんなのがあるのかといえば、


ダウンタウン・ディズニー
こんなのとかですし。

これ、は、……、何だ。
かみなりおこし??
雷おこしなのか?
あの浅草雷門名物の?お米を蒸したやつを炒って水飴で固めたあれなのか?
よくお盆とお正月におばあちゃん家に行った後の参拝で必ず買ってくれたあれなのか??

いやあ、幼少時代の思い出のお菓子がよもやここフロリダで、しかもこんな若干グロめのフォルムで再会できるなんて。びっくりです。
そしてでっかいです。何故こんな大きさにした。
これもし手のひらサイズになってたら思わず買ってたかもしれないのに、ここにあるのは大人の手の先から肘ぐらいまでの直径がありそうな巨大さなんです。一体誰が買って帰れるんだろう。少なくとも飛行機で来た人間は全員無理だろうな。
そして、一体何人前のつもりなんだろう。少なくとも我が家の世帯数じゃどうやっても持て余します。
小分けにしてラップしとけば向こう2年はオヤツに困らないかも。



ダウンタウン・ディズニー
それと、エリアの一角を陣取っていたこの謎のメカ。

なんなのだろうと説明を見てみると、どうやらこの目に痛いカラーの粉は『飴の元』のような物らしく、各色、各フレーバーを自由に選んで好きな味を好きな量だけセルフサービスでチューブに詰めたオリジナルキャンディを作れるんだそうな。


これはこの期に及んで飴好きが発覚した我が姉が意気揚々とオリジナル飴を作って購入していました。
そうか、飴好きだったのか。まだまだ知らない事がいっぱいだな。


また、ここには今まで他のパークでもよく見かけていたあの『エクストリームりんご飴』ももちろん売られていました。

ダウンタウン・ディズニー
左から『ミニー・チェシャ猫(アリス)・ミッキー・グーフィー』の愉快なリンゴ飴たちです。

これ、いっそ上からニスでも塗ってガッチガチに固まっていたら欲しいんだけどなあ。
防腐剤を施して部屋のオブジェとして飾りたい。


ダウンタウン・ディズニー
モンスターズインクのマイクとカーズのマックイーンも見つけました。

先程のミッキー達に比べてこちらの造形の完成度はちょっとイマイチです。正直かなり分かりづらい。
このマイクの左側にいるのは……、メンバー的にサリーでしょうか?
これはかなり心もとない再現度です。


しかし、このリンゴ飴の凄さはこれだけに留まりません。



ダウンタウン・ディズニー
このリンゴ飴を実演販売しているゾーンのカウンターに行くと、こんな紙が置いてあります。


これ、なんなのかというと、リンゴ飴のオリジナルオーダー表なんです。

しかも選べるカスタムが相当細かい。
外側のチョコを【ホワイト・ミルク・ビター】から選ぶ所から始まり、マシュマロで耳はつけるか、まぶすナッツは何にするか。
他にもM&M'Sやオレオやヴェルタースやら……、って、それは全部単体で立派なお菓子なんじゃないのか?混ぜるのか?本気なのか??


ダウンタウン・ディズニー
本気のようだ。

と言う訳で私の目の前でM&M'Sの海に沈んでいくリンゴ飴。もうここまで来たらカロリーだなんて単語を出して水を差すのも野暮ってもんです。
ここまで子供の夢を叶えてくれる夢のお店は他にないでしょう。そうここはまさに夢が叶う場所。
これ頼んでたのおばちゃんだったけど。


ダウンタウン・ディズニー
目の前で繰り広げられる【匠のWAZA】

これはホント一見の価値があります。
ショーウィンドーに並んだ豪華絢爛っぷりもオススメですが、このリアルタイムで作られていく工程は、さながらシンデレラ城内のガラス工芸の様子を見るに等しいかと。

我々も彼らのテクニックを讃えるべく、家族4人で一個のリンゴ飴を購入してみましたが、結果食べきれませんでした。
すいませんでした。


ボードウォーク
でも食べてみて初めてわかった事実。
このリンゴ飴、バカの一つ覚えみたいに甘いだけではなく、外装の甘さに反して本体である所のリンゴがビックリする程酸っぱいんです。

よく調理用として使われる『紅玉』という品種が酸っぱいリンゴの代表で出てきますが、この中にあるリンゴはその紅玉を熟れる前に無理やり出荷させたんじゃないかと思うくらいの酸っぱさなんです。
なのでこの口をすぼめたくなる程の酸っぱさと、ブラックの珈琲なんかの助けさえあれば、意外に「結構なお点前で」と美味しく食べられる感じがしました。
このお菓子、意外に上手くできています。

ま、とは言えそもそも量的に多すぎてやっぱり食べきれないんですけどね。
でもせっかくなんで、甘い物が「ダメ、絶対」な人じゃなければ、土産話の一つとして買って食べてみて良いと思います。大人数で。

※まだ続きます。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

WDW旅行49/ダウンタウン・ディズニーオススメ店(クリスマスとピン) - 2013.07.25 Thu

さあやってきました【ダウンタウン・ディズニー】。

ここは前日の【ブリザードビーチ】の帰りに1時間程と、今日の4時間程度の合計半日程滞在していました。
が、全く足りませんでした。
何せお店の数が多すぎるんですもん。
お店が30もあるんですもん。

なので、最初から全部回ることは諦めて、あらかじめ調べて気になっていた所を中心に回ってみることにしました。
※以降写真がやたら多いです。


ダウンタウン・ディズニー
まず最初はこちら、【ディズニーズ・デイズ・オブ・クリスマス】

名前と外観から分かる通り、雨の日も風の日もクリスマスのグッズだけを販売しているお店です。
特定の季節を狙った旅行が中々出来ない身としてはこうしたショップは嬉しいですね。


ダウンタウン・ディズニー
なんかどさくさに紛れてハロウィン的なモノもちょっとあったりしましたけど。

これはほら、あれですよね。ナイトメアビフォアクリスマスって事ですよね。


ダウンタウン・ディズニー
そのナイトメアのグッズも結構ありました。

いやあ日本でもたまに見ますけど、ナイトメアのアイテムってどうしてこうオシャレなんでしょ。
このテイストは我が家の求める方向じゃない事はわかっているのに思わず手が出そうになってしまいます。


ダウンタウン・ディズニー
そして何より欲しくなったのはこのゴブレット。

これ、ようく見ると柄がホーンテッドマンションの館の壁紙と同じなんです。
オシャレ、欲しい、でも合わない。
ああハロウィンのモチーフってなんでこんなに惹かれてしまうんでしょう。


と、さっきから『クリスマス屋さん』に入ったのにハロウィン物しか見てないじゃないかと思うかもしれませんが、大丈夫です。


ダウンタウン・ディズニー
この一角以外は全てクリスマス一色です。


ダウンタウン・ディズニー
こんなクリスマスの定番『特大靴下』もバッチリ完備。

しかしここの何よりのウリは、恐らくココでしか買えないディズニーの世界観をかたどったオーナメントの数々でしょう。


ダウンタウン・ディズニー
王道のミッキーマウスクラブの帽子をかたどったものや、


ダウンタウン・ディズニー
ミッキー帽子風に各キャラがアレンジされた物(写真はWALL・E)。


ダウンタウン・ディズニー
ディズニーチャンネルのキャラ、フィニアスとファーブもいました。

フィニアスとファーブ、グッズに関してはペットでありエージェントなカモノハシ・ペリーの人気がずば抜けているため、こちら本国でも彼のグッズばかりを見ていましたがここにはちゃんと彼らも居て一安心。
ちなみに私はファーブ派です。是非ヴァネッサとくっついて頂きたい。


ダウンタウン・ディズニー
そしてもちろんミッキーも多種多様に揃っています。
これはミッキーがホーンテッドマンションのキャストのコスプレをしている状態。
いつもに増してエレガントな感じで素敵ですね。
でもこれはまあ分かるんですが……、


ダウンタウン・ディズニー
この医者っぽいコスプレは……、彼の趣味なんでしょうか?


ともあれ、ここにいるともうこの店のオーナメントをあるだけ買ってどっさりもっさりツリーに付けてやりたいと願ってやまなくなってしまいますが、
まあ当然ですがこれだけ可愛い造形、それなりにお値段もいたします。
どっさり付けるには予算が相当ないと無理かも。
それに買っても完全シーズン物だしなあ。そう言う意味で言えば家のインテリアを『ゴス風』とテーマ付さえすればハロウィン物なら年中置いてあっても大丈夫か。
いや、我が家にそんな要素ないもんなあ。
ああでも是非ともコレクションしてみたい。並べてにやけてみたい。
ぐぐぐ。


あ、そうだ、
コレクションで思い出しましたが、こんなお店もありました。


ダウンタウン・ディズニー
【ディズニー・ピン・トレーダーズ】です。


これも読んで字のごとく、ピントレーダーのお店です。
このピンシリーズ達は日本のランドでもシーでも結構見る事が出来るので地名度は高いでしょう。

私もパークに行くたびに「あ~これ可愛いかも」とか毎回思ったりするんですが、


ダウンタウン・ディズニー
これこそ【集め始めた瞬間が地獄の始まり】な気がして下手に手が出せません。

自分でそこそこ収集癖があるのを分かっている分、下手に手が出ないんです。
だってこんなの集め始めたらリアルに終わりがないじゃないですか。キリがないじゃないですか。
しかもこのピン、いざバッグか何かにつけて歩くといつの間にか取れて落ちて無くしたりしてるじゃないですか。
あの留め具の性能もうちょっとどうにかなんないんでしょうかね。


ダウンタウン・ディズニー
まあでもせっかく買うなら、こういういかにも【当パーク限定】といった物がベタですがいいと思います。

後で見返しても「ああ行ったな~」と思えますしね。


ダウンタウン・ディズニー
後はスターウォーズのキャラが多かったのもアメリカの特徴だった気がします。

日本で出回ってるピンもあまりちゃんと見たことが無かったため、どれが日本人にとって珍しいのかはよくわかりませんでしたが、
ともあれ可愛いピンは本当数え切れない程ありました。
ううう、私の財布のドル札にもう少し火力があれば……。

※ショッピングはまだ続きます。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

WDW旅行48/ダウンタウンディズニーは買い物天国(序章) - 2013.07.24 Wed

前回のブログまででディズニーワールドオリジナルパーク、アニマルキングダムは終了しました。
お疲れ様でした。

フロリダ滞在も今日で最後。残り僅かな時間は刻一刻と少なくなってきています。

しかし、連日万歩計の万歩を大幅に振り切る程歩き回っているため、もう流石に疲れが体中に来ています。
今日で最後なんだからと自分を奮い立たせてみても、積もり積もった疲労は足や肩に重くのしかかり、
移動のために乗ったバスの座席に座った途端眠りこけてしまう程です。

ダメだ。疲労困憊とはこの事だ。
これが仕事中なら上司に早退の打診をするくらいに疲れています。
でも本当に今日で最後なんです。どうにかあと半日だけ体が動いてくれればあとはどうなったっていいのです。


IMGP9259.jpg
モンスターエナジーよ私に力を。

ああ、天然素材が1ミリも入っていない感じの味が体中に染み渡る。

普段こういったエナジー系ドリンクはあまり飲まないんですが、別に苦手という訳でもなく、むしろこの『主成分:科学』といったテイストは結構好きだったりもします。
それに飲むのは決まってこういったハードな旅行中や夏のイベントの時なため、飲んだ時の「祭りだ」感も結構好きだったり。

と、そんなこんなで初めて飲んだこのモンスターエナジードリンク。
MotoGPのスポンサーとかもしてくれていますね。お世話になっています。
でも味としては、正直レッドブルの方が好みな感じがしました。なんだか、やたら甘い。


IMGP9257.jpg
そしてやたらでかい。

このデカさと甘さは、ひょっとして「でっかい事は良い事だ主義」の甘党アメリカ人用に合わせてできているのかしら。
日本に輸入されたのだとちょっと違うのかも。
いつか「祭りだ」と思いたくなった時が来たら、もう一度日本で試してみたいものです。



そうして栄養補給を取りながらバスで移動し(お昼は朝食を食べ過ぎたため抜き)、着いた先はウォルト・ディズニー・ワールド1のショップ街、【ダウンタウン・ディズニー】です。

ディズニー出資のショップ街と聞くと、日本の【イクスピアリ】を想像する人も多いと思いますが、まあ概ねそんな感じです。

前回行ったカリフォルニアにもありました。(その時のブログはこちらこちらです)。

このカリフォルニアにあったダウンタウン・ディズニーの規模は、感覚的にはイクスピアリの1,5倍くらい。
イクスピアリが2階3階と縦につまれているのに対してこちらは総平屋なため、地図で見るとさらに広く感じます。

で、一方こちらウォルト・ディズニー・ワールドのダウンタウン・ディズニーなんですが、


images.jpg

多分そのさらに倍です。

しかもディズニーグッズだけを扱ったお店が店舗の半分以上を占めるため、正に旅行者たちのお買い物天国、いやある意味地獄です。
一度入ったら抜け出せません。
実際、我々はこの地に2回に分けて買い物に行ったのですが(夕飯を食べるだけも合わせると3回)、
それでも上記のマップの三分の一をどうにかクリアしただけでした。

まあ時間があまりなかったのは事実ですが、とにかくこの【ダウンタウン・ディズニー】はウォルト・ディズニー・ワールド5番目のテーマパークと思っておいた方が良いかもしれません。
5番目にして唯一パスポート無しで入れるパーク。


ダウンタウンディズニー
夢と魔法と財布が飛び交う入口はこちらです(これだけ夜ですいません)。

こちらは【ダウンタウン・ディズニー】にバスで乗り付けた場合の入口。
停車駅の名前は『マーケットプレイス』です。
一見裏口みたいに見える狭い場所ですが、恐らく各テーマパークから乗ってきた場合ダウンタウン・ディズニー最初の停留所はみんなココになると思います。

一体何処に降ろされたのかと言うと、上記の地図で言う右上の端です。
どうやら中央辺りにもう一つ停留所があるようなんですが、ディズニーグッズを主に扱っているお店は地図の右側にあらかた集中しているため、半日程度しか滞在できないとなるとそのあたりをウロウロするだけで終わってしまいます。

残る左側の『ウエストサイド』ゾーンにあるのはシルク・ド・ソレイユの常設ステージ、『ラ・ヌーバ』や24ものシアターがある映画館、プラネットハリウッドがあったりと、割とイクスピアリに近いラインナップもあったりします。

また中央にある浮島は『プレジャー・アイランド』と呼ばれ、高級なレストランやおしゃれなバーが中心の一番アダルトなゾーン。
ただしここも買い物目当てで来ているならあまり用がない所ですね。


と言う訳で、ここでは実際に行った『マーケット・プレイス』ゾーンの内容を中心に紹介していきます。

※次回へ続く

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

WDW旅行47/【フェスティバル・オブ・ザ・ライオンキング】を観る! - 2013.07.22 Mon

アニマルキングダム、【ディノランドUSA】エリアのアトラクションを紹介しました。
映画『ダイナソー』をモチーフにしたアトラクションや移動遊園地と恐竜のコラボ……、
どれもこれも日本に輸入されることはまずないだろうというラインナップばかりで、それはそれで貴重な体験ができました。


そして時刻ももうお昼すぎ。
このパークにいるのもあと僅かです。


最後はここに行きました。


アニマルキングダム
【フェスティバル・オブ・ザ・ライオンキング(Festival of the Lion King)】です。

こちらは前々回のブログで紹介した【ファインディング・ニモ・ザ・ミュージカル】と同じシアター形式のショーアトラクションです。
ただしこちらの方が歴史がちょっと古く、たしかアニマルキングダムオープン当初からずっと続いています。
会場の場所はアニマルキングダム南西にある【キャンプ・ミニー・ミッキー】のエリア。
このアトラクションの他には、ミッキーの仲間たちinサファリルックとたっぷり写真が撮れる大きなグリーティングゾーンになっています。


アニマルキングダム
道の途中で見つけたシアターの場所を示した看板。
とってもキュートですね。

でもこれ、数的にドナルドの甥っ子が1人足りませんね。多分ヒューイはもうヤツの口の中ですね。
残念です。


アニマルキングダム
中はこんな感じ。360度どこからも鑑賞可能な円形劇場です。


ショーの開始までは前座(?)として、4人の出演者が四方に分かれた客席にそれぞれ動物の鳴き声を教えてその声の大きさを競い合ったりしていました。
定番のライオンから誰も知らないキリンの声まで様々。
ちなみに我々の席の担当はイボイノシシでした。ブッヒー。


アニマルキングダム
みんなで教わった鳴き声を叫ぶと、それに応えるようにしてプライド・ランドの王、シンバが万を持して登場です。


分からない人もいるかもしれないので一応補足ですが、



ライオン・キング ダイヤモンド・コレクション (期間限定) [Blu-ray]ライオン・キング ダイヤモンド・コレクション (期間限定) [Blu-ray]
(2011/10/08)
ディズニー

商品詳細を見る

シンバはこの映画、【ライオンキング】の主人公です。

1994年に放映され、アニメ映画史上に誇る興行成績を叩き出した偉大な映画です。

確か公開当時の私は、シンバの可愛さとかはどうでもよく、とにかく悪役のスカーの声に惚れ抜いていた記憶があります。
声を担当したジェレミー・アイアンズさん、日本でも有名な映画で言えばレオナルド・ディカプリオ主演の【仮面の男】にアラミス役で出ていました。
あと個人的には【ダイ・ハード3】の敵ボスとしてのキャラの方が素敵です。ええ体してます。


……って、そんな話をしたいんじゃなかった。


アニマルキングダム
ショーの内容は、歌あり、ダンスあり、パレードありと盛り沢山です。

華やかな衣装を身に纏って映画の名曲を生で披露するシンガーたち。
ライオンキング独特の大地を感じさせるパワフルな曲は、生で聴くといっそう迫力があります。

またIMGP9235.jpg
歌の他にも迫力のパフォーマンスがたっぷり。

ファイアーダンスあり鉄棒アクロバットありと目まぐるしく舞台が変化します。

まるでシルク・ド・ソレイユのサーカスをハイパーダイジェストで見ているかのような贅沢なショー。
ですが前の【ファインディングニモ】とは違い、肝心のライオンキングのキャラたちは備え付けのフロートから一切動きません。
たまに思い出したように首をかしげたり瞬きしたりするだけ。
あ、ミーアキャットのティモンだけは舞台狭しと動き回っていました。
まあ彼だけ二足歩行ですからね。他四足ですもんね。そうか、難しいか。


アニマルキングダム
照りつける太陽のように明るく元気になれるような素敵なショーでした。

ただ私的には【ニモ】の方が好みではありましたけどね。
こちらは映画の曲は歌うけどストーリーは一切追いませんし。


アニマルキングダム
ライオンキングのショー出口にはこんな可愛いモニュメントもありました。


この道の先辺りにあるのが、先述したキャラクターグリーティングゾーン、【キャンプ・ミニー・ミッキー】です。

我々はそれほどキャラクターとの写真に命をかけるタイプでは無いため普通に素通りしてしまいましたが、
ここでしか会えない格好をしたビッグ5たちと時間をかけて写真を撮れる貴重なスポットでもあります。
お好きな方がいたら是非。


アニマルキングダム
やれやれ、やっとアニマルキングダムを一周して中心部へとやってきました。

いや、正確には全く足を踏み入れずに素通りした場所も沢山あるので一周だなんてとても言えないんですが……。
ともかく、このやたら広いパークの中心に位置するこの巨木、名前は【ツリー・オブ・ライフ】と言います。

パークのシンボルともなっているこの木。実は完全な人口物でその幹にはだまし絵のように無数の動物たちが刻まれているんです。


アニマルキングダム
近くで見れば見るほどその造形の見事さに驚きます。

何人かで木の幹を睨みながら、「あ、あそこに象が!」「えっとあれは、インパラ?ガゼル?どっち??」
とかやっているとあっという間に時間が経ってしまいます。

実はこの木、こんな所で指を加えて見てないでもっと近寄ることもできるんです。
さらにこの木の麓には劇場があり、そこでは【イッツ・タフ・トゥー・ビー・ア・バグ!(It's tough to be a bug!)】という3D『体感型』アニメのショーを見ることが出来るのです。
ショーのシステムとしては東京ディズニーランドにあった【ミクロ・オーディエンス】と同じ感じ。
今あるのだと【ミッキーのフィルハーマジック】ですかね。


バグズ・ライフ [Blu-ray]バグズ・ライフ [Blu-ray]
(2011/07/06)
ディズニー

商品詳細を見る

映画の元ネタはこちら、【バグズライフ】です。

このアトラクション、規模の大きさから言うと結構目玉アトラクションのはずなんですが、行きませんでした。
何故なら前回来た時に懲りたから。

元来私は大の動物好きではありますが、虫だけはどうも苦手なんです。
それなのにうっかり好奇心で入ったアトラクションで、飛び出す3Dで大量のアリを見させられたりなんだか良く分からない虫の体液をかけられたり、挙句カメムシの匂いをリアルで嗅がされたりした日には、そりゃあもう「二度と来るかバッキャロー」となるに決まっています。
あの3Dメガネをその場で叩き割らなかっただけ大人だったと思います。
ちなみに会場にいたたくさんのキッズ達は、畳み掛ける『愉快な仕掛け』に喜ぶどころか断末魔の叫びをあげる始末。
四方八方から聞こえるこの世の終わりの様な子供達の怯えた声に、「ここは地獄だ…」と思わず呟いたものです。
ベトナム前線地区はこんな感じだったんだろうか。



ので、
もし虫が大好きでバグズライフも大好きだという方には、こちらのアトラクションがオススメです。
ツリーオブライフの造形を一番近くで見られるチャンスですよ。
私は行きませんけどね。


※今回のブログで『アニマルキングダム』は終了。次回からは『ダウン・タウン・ディズニー』でお土産祭りです。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

WDW旅行46/ディノランドUSAのアトラクションたち - 2013.07.20 Sat

【ファインディング・ニモ・ザ・ミュージカル】、面白かったです。

さてそれでは他のアトラクションにも行ってみましょう。



ディノランドUSA
前のブログでも言いましたが、このニモのショーがあるのは【ディノランドUSA】という恐竜たちのエリアです。

何故かそうなんです。
違和感丸出しですけどしょうがないんです。
多分場所が無かったんです。

しかも、この『恐竜エリア』、ただ恐竜の模型があったりそこかしこで恐竜の鳴き声が聞こえてくるだけといったタイプではなく、
恐竜の世界に『レトロ遊園地』の要素を足して混ぜて固めてポンと出したような雰囲気になっているんです。

ディノランドUSA
お陰でこのゾーンにあるアトラクションは全部こんな感じです。

移動式遊園地のような作りの見事なレトロマシンたち。
若干場末な雰囲気すら匂わすこの感じは、恐らくアメリカ人に『懐かしい時代』を彷彿とさせるのでしょう。
日本で言えば『三丁目の夕日』的な感じなんだと思います。きっと。

そうかだから恐竜とコラボしていたんですね。『過ぎ去った時代シリーズ』なんですね。
規模が違いますけどね。




ディノランドUSA
ちなみに上記の写真のアトラクションは、【プライミーバル・ウィール(Primeval Whirl)】です。

一度に4~6人は乗れそうな円形のライド。実はこれはタイムマシンなんだそうで、
これに乗って恐竜絶滅の日にタイムスリップしようというものなんですが、


ディノランドUSA
肝心のタイムスリップの演出がこう。


いや、いいです。むしろ振り切っていいです。このチープさこそがアメリカ人のノスタルな部分をついてくるんでしょう。
日本のトタン屋根にホーロー看板みたいなもんです。


ディノランドUSA
乗り物のスリル自体は、別に大した事ないです。
ただしコースはわりと緩めですが、そこを遠心力でグルグル回転しながらきりもみ状態で下りて行くため、
ティーカップとかの回転系が酔いやすい人にはオススメは出来ないと思います。

それとこのアトラクションの隣には『トリケラトプスによる空飛ぶダンボ』といった感じの【トリケラトップ・スピン(Tricera Top Spin)】があったのですが、
これはまあ明らかに子供向けだったのと、ダンボより数段可愛くないトリケラトプスに乗る気にならなかったため、パスしました。


と言う訳で、代わりに【ディノランドUSA】エリア1のビッグアトラクションに乗ることにしました。


ディノランドUSA
それがこちら、【ダイナソー(Dinosaur)】です。

このモニュメントを見て果たして何人のディズニー好きが気付くことやら。
これ、一応元ネタがあるんですよ。



それがこちらです。

ダイナソー [Blu-ray]ダイナソー [Blu-ray]
(2010/11/17)
ディズニー

商品詳細を見る



これは2000年に放映されたイグアノドン(あのモニュメントのやつ)が主人光のフルCGアニメーションです。
当時にしてはおったまげるほどリアルなCGがウリだったんですが、
生憎地名度も興行成績もイマイチでいつの間にか無かったことレベルにされているそんな作品です。

私も当時映画館に見に行ったものの、話やキャラクターにそれ程入り込む事もできず、
彼らが未曾有の隕石大災害の中、力を合わせて助け合う姿を見ても、感動というより「でもこの子達結局絶滅しちゃうのよね~」と、なんだか妙な物悲しさに襲われた記憶があります。
何せネタバレしすぎなんですよ。だって恐竜の歴史で考えれば、世界中の人が知ってますもん、オチ。


それにもし同じ感じの恐竜話なら、そのさらに昔(1989年)に日本で公開された【リトルフットの大冒険】の方がずっと面白かったです。



リトルフット 赤ちゃん恐竜の大冒険 【夢見るこどものらいぶらり~980円】 [DVD]リトルフット 赤ちゃん恐竜の大冒険 【夢見るこどものらいぶらり~980円】 [DVD]
(2009/09/02)
不明

商品詳細を見る

画像のあるのがこれしか無かったですが、どうやらこれは続編のようです。

しかも、これ今初めて知りましたがディズニー作品じゃないんですね。
その昔、海外のアニメと言えば全部ディズニーだと思っていた。
しかも検索してみたら製作総指揮がスティーヴン・スピルバーグとジョージ・ルーカスだったとは。
ああじゃあ面白いわ。こりゃ面白いわ。
監督じゃないとは言え、当時の二人と言えばハリウッドの2大モンスターとして飛ぶ鳥を焼き殺す程ノリにノってた頃ですもん。


しかし、今思い出して見ると、どちらも災害で仲間とはぐれてしまった幼い恐竜が種族の違う仲間と力を合わせて迫り来る肉食恐竜から逃げる……と、大変一緒な内容……。


………、ま、いいか深く考えないで。



ディノランドUSA
乗りましょ乗りましょそうしましょ。

そもそも何の話をしていたかといえばそうですよ、このアトラクションに乗ったよという話をしていたんですよ。
変に制作会社の暗部を垣間見る気なんて無かったんですよ。本当ですよ。


と、いうわけでこのアトラクション【ダイナソー】の説明です。
こちら、先ほどまで色々説明していた本家映画【ダイナソー】とは、実は関係あるようであまりないです。
確かに映画に出てきていたキャラがそのまま各所に登場するんですが、このアトラクションではアニメの時のように喋るわけではないので、あくまでただの恐竜です。
なのでせっかく予習とばかりにこの作品を見たとしても、「あ~いたいたこのキャラ」ぐらいのリアクションぐらいしか取れません。だから別に無理して見なくてもいいかも。


ディノランドUSA
我々ゲストはこのようなタイムローバーに乗って巨大隕石が迫る恐竜の世界にタイムスリップします。

そして途中に出会う肉食恐竜や火の玉から逃げ惑いながら、アニメの主人公だったイグアノドンを探すというものなんですが、
これ、要するにアトラクションの形式は東京ディズニーシーにもある【インディージョーンズ・アドベンチャー】です。
インディの代わりにイグアノドンが出てきて、クリスタルスカルの呪いの代わりに肉食恐竜が襲ってくるんです。
襲ってくるんですが……、
実はこれ、「やたら暗すぎて何が起きてるか分からなかった」というのが正直な感想です。
だって本当に真っ暗なんですもん。そりゃ恐竜の世界に街灯もネオン街も無いのは分かってますよ。
でも終始一貫して暗闇の中を右に左に進むだけで、乗ってるときの気持ちとしては、
「あ、今草をかき分けて、る?」
「おお、すぐ近くで肉食恐竜の声がする、見えないけど」
「あ、あそこに見えるのは!…なんだ?」

といった具合。
結局色々と良く分からないまま、アトラクションは終了。


ディノランドUSA
途中撮られてたこの写真からも、スリルの無さが見て取れるかと思います。


うーん、これなら普通に考えて【インディジョーンズ・アドベンチャー】の方が全然面白いです。
話有名だし。周り見えるし。


PS.
そう言えばディノランドUSAエリアを歩いていたら、


ディノランドUSA
プルートがずんずんこっちへ向かってくる状況に遭遇しました。


ディノランドUSA
いよっ!


サファリっぽい格好で実に気さくに道を歩いているキャラ達。


ディノランドUSA
グーフィーも一緒にいました。

実はこの近くにキャラクターグリーティングスポットがあったようで、彼らそこから休憩に入るために移動していたようです。


ディノランドUSA
※次回で恐らくアニマルキングダム最終回です。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

WDW旅行46/【ファインディング・ニモ・ザ・ミュージカル】はまさかの本家超え感動作 - 2013.07.19 Fri

アニマルキングダムに入園して数時間、
なんだかんだで既に4つもアトラクションを制覇しました(内1つは私だけ欠席)。

前回のブログで言ったように、ここアニマルキングダムには『普通のアトラクション』と言うのが意外に少ないです。
それはまあ基本コンセプトが『リアル志向系動物園』なわけなんで当然と言えば当然ですが、
そんなわけでアトラクションは他のパークに比べて少なめなんです。
また、野生動物達が活発なのはフロリダの暑さが本気を出してこない午前中に集中している上にパーク自体の閉園も他より常に1、2時間速いため、
『アニマルキングダムは半日だけでいいや』という人がかなりいます。
何を隠そう我々もその口です。
となると、予定としてはあと2、3時間程度しか居られないという事か。
よし、急ぎましょう。


ファインディング・ニモ・ザ・ミュージカル
次に来たのはココ、【ファインディング・ニモ・ザ・ミュージカル(Finding Nemo The Musical)】です。



ファインディング・ニモ 3D [Blu-ray]ファインディング・ニモ 3D [Blu-ray]
(2012/11/21)
ディズニー

商品詳細を見る

元ネタはもちろんこちら。
2003年放映の泣く子も黙るピクサー映画。です。




ファインディング・ニモ・ザ・ミュージカル
生身の人が演じるシアター形式のショーになっています。

このシアターはどこにあるかというと、先ほどまでいた【アジア】エリアの端から南下して直ぐの所。
絶滅した恐竜たちの世界である【ディノランドUSA】エリアにあります。
……え?
恐竜?

なんでそんな所に作ったんだろう。


まあ確かに、今までいた【アフリカ】エリアや【アジア】エリアには似合わないのは分かりますけど。
あれ【オセアニア】の話ですし。
他にアトラクションが設置されているエリアで言えば【ディスカバリーゾーン】なんていう割とぴったしなとこがあるはずなんですが、この巨大シアター(1500人収容可能)を作るには、どうにもちょっと場所が足りなかったみたいです。
なので恐竜エリアのようです。

うむ。場所がないならしょうがない。
どうにか亀の甲羅やサメの肌質あたりに恐竜っぽさを見出しながら見ることにしましょう。


で、内容はというと、
映画『ファインディング・ニモ』をかなり忠実に再現したダイジェストショーになっています。
なので多分英語が分からなくても十分楽しめます。
またダイジェストとは言え正味40分の一大ショーなため、一度も映画を見たことがない人でも(かなり展開が早いですが)きっと十分ストーリーを理解出来るかと思います。

そして美しいCGアニメーションで海の世界を泳ぎ回っていたニモや父マーリンらの魚達を、一体どう人間が演じるのかと言うと、


ファインディング・ニモ・ザ・ミュージカル
こんな感じです。

演者が人形を操りながら演技をし、普通に顔も出しちゃうという方法です。
ハリウッド的には『アベニューQ』、日本人的には伝統芸能の『浄瑠璃』が一番近い演出方法になるかと思います。
東京ディズニーシー的には『マーメイドラグーンシアター』のセバスチャンか。



ファインディング・ニモ・ザ・ミュージカル
小さなクマノミ達は演者と体が一体になり、大きなサメ等は演者が海の岩や珊瑚を身に纏ってカモフラージュしています。

なんかパペット取ったらパイレーツオブカリビアンの敵海賊っぽいな。
しかしこのパペット達の造形再現度、まさに完璧です。
各キャラのサイズのバランスも素晴らしい。

そして何より特筆すべきは、このショーは全編ミュージカルで話が進むのです。
これが嬉しい。何より嬉しい。


※彼らがこんな感じで動きます(もし近々行って見るという人は閲覧注意)




個人的な意見ですが、ピクサーアニメの何が腑に落ちないって、劇中で誰も歌わない所にあるんです。
やっぱ歌ってほしいよディズニー映画には。
アリエルの歌声に憧れ、アラジンのバラードにとろけそうになった幼少時代を過ごした身としては、
ディズニーがCGアニメに移行するのを5000歩譲って許すにしても、
やっぱりどうしても歌わないってのはナシだろと思ってしまうんです。

だって素敵なんですもんミュージカルアニメって。
よく「話の中でいきなり歌いだすのはちょっと不自然で……」
とミュージカル否定派に言われるもんなんですが、そんなのアニメって時点でもう良いじゃないですか。
そもそもリアルじゃ出来ない事をしてこそのフィクションってやつじゃないですか。
そりゃ私だって自分の声がフレディ・マーキュリーみたいな良い声してたら、愛の告白だって歌でやりますよ。
でも出来ないんですよ。だから観たいんですよ。
あと何で急にフレディ・マーキュリーが出てきたかなんて知りませんよ。
『Don't Stop Me Now』って名曲ですよね。


ファインディング・ニモ・ザ・ミュージカル
そんなわけで、個人的にはピクサー物で一番と思っている「ニモ」×「ミュージカル」なんて私にとって最強の組み合わせなわけなんです。

しかし魚を人間サイズに合わせて作るとペリカンのナイジェルはおっそろしい程大きくなるな。


もちろん、映画にミュージカルシーンはないので全てオリジナル書き下ろし。ここだけでしか聞けない貴重な曲のオンパレードです。

この曲の雰囲気がそれぞれのキャラに実にマッチしていて、しかも驚いたのはそれぞれの演者の声がちゃんと映画に近いんです。
いやあアメリカ広しと言えど、良くもまあ声が似ていて歌も歌えて、パペットを操れる上にワイヤーで宙に釣られながら演技ができるような稀有な人たちを集めてこれたもんです。


ファインディング・ニモ・ザ・ミュージカル
挿入歌で一番気に入ったのは、この亀のクラッシュが歌う「Go with the Flow」です。

これが生粋のヒッピー野郎なクラッシュらしいノリノリのレゲエ調な曲で、ストーリー上若干暗くなりかけた気持ちをスカッと晴れさせてくれる最高に気持ちの良いシーンなんです。

クラッシュを演じていた人(というか亀がデカすぎるためほぼ上に乗ってるだけの人)、話してる声はまんまクラッシュその物なんですが、歌いだすとかなり甘い声で若干驚きますが、本編でも歌ってなかったんだから多分実際はこんな感じなんでしょう。


ファインディング・ニモ・ザ・ミュージカル
最~高だぜぇ~~!


いやあこれは見てよかった。
最新の照明や特殊効果技術をふんだんに使った豪華すぎる演出に俳優やダンサーたちとパペットとの見事な融合。
メロディアスな曲に乗せて驚く程ストレートに響いてくる父の愛と子供の成長。
あまり涙腺が緩い方の人間ではないためこの映画では感動こそすれど泣く程ではなかったくせに、
こちらのミュージカルでは何故か泣いてしまうという少しおかしな経験もできました。


オフィシャルの動画もどうぞ。生憎曲は入っていませんが、俳優さんのインタビューや驚く程動くパペットの目や口を間近で見ることができます。



このお父さんクマノミのマーリンの声が凄く良いんです。
情けなくて及び腰な感じがちょっと特徴的な歌声に凄く合っていて。

私はこのショーを見たその足ですぐさまサウンドトラックを探し回り、無事パーク内でCDをゲットしてホクホク顔で帰りました。
今でもMP3プレイヤーに常備です。
ディズニーの曲ってダウンロード販売していないんですよね。
だから他国のテーマパークの曲ともなるとそう簡単に手に入れる事ができないのが何とも残念。

もし今度アニマルキングダムに行くよという方がいたら、このショーは是非オススメです。
あとサウンドトラックも、合わせてどうぞ。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

WDW旅行45/AK1の絶叫マシン、エクスペディション・エベレスト - 2013.07.17 Wed

アニマルキングダム内にある、アジアとアフリカの動物園を体験しました。
正直常日ごろから『動物園が大好き!』というタイプの人間ではないのですが、
これはこれで行けて良かったと思いました。

分厚いガラスや岩を模したハリボテFRPなどは見えても、鉄の柵やオリは徹底して見せないこのプロ根性。
お陰でゲストも「ただの動物園に動物見に来た」ではなく、「タイのアユタヤ遺跡に迷い込んだらそこで虎に出会っちゃったわ」といった感じの、
ちょっとしたトゥームレイダー気分を味わう事が出来るのです。ビーチサンダルのまま。
ララクロフト並みの巨乳も持たずにこんな経験できるなんて、なんてお手軽なんでしょう。素敵です。


アニマルキングダム
しかも歩いて暑くなったらそこら辺でアイスまで買えちゃいます。

と言う訳で今回の旅行で初めて買い食いしたミッキーアイス。
日本のディズニーリゾートでも夏場はしょっちゅうワゴンが出ていたりしますね。


アニマルキングダム
ですが、こんなにも雑なミッキーシルエットは日本じゃ見たことがあるまい。

これで完全なオフィシャルアイスなのだから驚きです。
しかも、久しぶりに暑くなったこのフロリダの気候に全くそぐわない程のクリーム感たっぷり濃厚テイスト。
ああ、舌にだらりとバニラ味がまとわりつく……。水が、水が欲しい。


アニマルキングダム
水を求めて先に進むと、いつの間にか『アジアエリア』の端まで来ていました。

ここまで来ると同じアジアでも我々のご近所からは随分離れ、インド・ネパール辺りの山岳地帯の世界になってきます。


アニマルキングダム
脇道に建つ建物だって、見事に『世界中から集まったアルピニスト達のたまり場感』が出まくっています。

心なしか空気が薄くなったかと思う程周りの風景も激変。
思えば遠くに来たもんだ。エビアンのペットボトル欲しかっただけなのに。


そんなここ『アジア・山岳地区』には何があるのかというと、
アジアの密林をびっしょびしょになりながら下るウォーターラフト、【カリ・リバー・ラピッド(Kali River Rapids)】と、
あともう一つ。
2006年に作られたアニマルキングダム内ではかなり新しく、そして唯一のコースタータイプのアトラクション。


アニマルキングダム
【エクスペディション・エベレスト(Expedition Everest)】です。

なんだか軽く畏敬の念すら抱かせる程に雄々しくそそり立つエベレストの山。
現在ウォルト・ディズニー内にある全ての建物の中で一番高く、
その高さはあともう少しおまけをつけたら法律的に航空障害灯をつけなきゃ怒られる程の高さ(60m)なんだとか。

そしてこの山、偽物ながら『フロリダ1高い山』なんだそうです。

……。
それは、
それだけ高い山をこしらえた事を褒めるべきか、
60mの高さすらも無いフロリダ州の平野っぷりに驚くべきか悩む所ですね。


エクスペディション・エベレスト
入口手前の看板はこちら。


なんでもこのヒマラヤ山脈をイメージした雪山の中をトロッコのような物に乗って駆け巡るという、
ビッグサンダーマウンテンとカリフォルニアにあるマッターホルンボブスレーを足したような物のようです。


せっかくなんで、オフィシャル動画もご覧下さい。


ただのPVの他にコンセプトアートや実際の工事現場の映像まで盛りだくさんです。


で、
結局の所の結論なんですが。
私はこのアトラクション、パスしました。


エクスペディション・エベレスト
だってすんごい登っていくんですもん。怖気づいちゃったんですもん。


多分私のジェットコースターに対する耐性は、『富士急ハイランドに遊びに行ったら7割見学』という程度です。
酷いもんです。
ですがまあディズニー内にある『ディズニーレベルの怖さ』なら普通に楽しく乗れますし、結構ハードそうな物でも家から日帰りでは行けなそうな場所でなら「せっかくだから」と結構頑張って乗ったりします。


エクスペディション・エベレスト
ですがこれはねえ、ちょっといいや。


と言う訳で、このアトラクションはユニバーサルスタジオのジュラシックパークと同じく私一人だけお留守番。
残る家族3人でキャッキャと乗りに行きました。


エクスペディション・エベレスト
楽しそうで何よりです。

乗った家族の反応は実に良く、どうやらかなり楽しかったらしいです。
上の動画にもあったように走行途中でレールは切れるわバックはするわイエティだか雪男だかみたいなモンスターは出てくるわとかなり波乱万丈だった様子。

エクスペディション・エベレスト
そのモンスターってのはコレの事かな。顔無いけど。


エクスペディション・エベレスト
アトラクション出口には他にも様々な雪んこグッズに溢れていました。


絶叫ライドが極端に少ないアニマルキングダムの中で、コースター好きなら是非とも乗るべきであろうこのアトラクション。
うーむ、やっぱり多少無理しても乗っておけば良かったかしら。


せっかくなんで外から撮った上昇&落下の動画をご覧下さい。

※次回は個人的にアニマルキングダム1のヒットだったニモのショーの紹介です。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

WDW旅行44/アニマルキングダムで動物園体験 - 2013.07.15 Mon

【キリマンジャロ・サファリ】、終わりました。
これでアフリカゾーン、しいてはアニマルキングダム2大人気アトラクションの一つ目を早くもクリアしました。

アニマルキングダム
しかしアフリカは国旗もパキッとカラフルですね。

この『アフリカ・エリア』は文字通り先の【キリマンジャロ・サファリ】にエリアのほとんどを割いているため、
広い施設に対してアトラクションはあと一つしかありません。
そしてそのアトラクションは、【キリマンジャロ・サファリ】の出口から外に出ようと歩いていると、
なんか知らないうちに入ってしまっています。


アニマルキングダム
【パンガニ・フォレスト・エクスプロレーション・トレイル(Pangani Forest Exploration )】です。

ここは東アフリカを再現したエリアの中に、東アフリカ生まれの哺乳類、鳥類、魚類、爬虫類が勢ぞろいしている非常に見ごたえのあるエリアです。

ですが当初はキリマンジャロ・サファリの出口の延長だと思っていたため、
わりと鑑賞もそこそこにさっさと通り過ぎてしまっていました。
しかし歩けども歩けども出口が見当たらず、半分位きた所でようやく「あ、これアトラクションだ」
と気づいた次第です。

アニマルキングダム
そんな【パンガニ・フォレスト・エクスプロレーション・トレイル】には魚たちも登場します。

先ほどのサファリではトラックの上から大きな哺乳類だけを見ていたのですが、
こうやってガラス越しに近づくとこんなにもカラフルな魚たちもいたんですね。
しかもここ、池の中を横からも見ることができるのです。


アニマルキングダム
ほれこんな感じで。


……我々ゲストが歓声を上げているのも無視して、すっかり熟睡中のかばさん(in池)です。

い、息継ぎは、大丈夫なんだろうか。


アニマルキングダム
なんだかこういう風景、たまらなくディズニーっぽい。

もちろんこんなのやろうと思って出来るわけじゃないんですが、
なんでこうもユーモラスな感じに見えてしまうのでしょうか。
これもディズニーマジックのたまもの?



他にも、
動物が見られる場所はパーク東側にある【アジアエリア】の【マハラジャ・ジャングル・トレック(Maharajah Jungle Trek)】なんですが、
こちらはまあ場所から分かる通りアジア周辺に生息する生き物が集まっています。


アニマルキングダム
想像していたより2倍は多いコウモリの大群とか、


アニマルキングダム
すごく動かない虎とか。


アニマルキングダム
あとは我々には実に親しみ深い鹿の群れとかもいました。


アニマルキングダム
だからこっち見たまま固まるなよ。ロボットにしか見えなくなっちゃうじゃないか。


アニマルキングダム
他にもここには極彩色の鳥や蝶なども沢山いて実に生物多様です。

と、アフリカとアジアの両アトラクションを紹介しましたが、
この二つ、まあ言ってしまえばかなり王道ないわゆる『動物園』とも言えます。
登場する動物たちも、特に「世界のここだけでしか見られない」という物でもありませんので、
そこに別段感動はしません。

感動するのは、
「さすがディズニー」「これぞディズニー」と思わず言わしめる、徹底した『世界観作り』です。

アニマルキングダム
チベットの山頂にでも来てしまったかのようなこの景色は歩くだけでワクワクしました。


ただの動物園の順路を矢印に沿って歩いているだけなのに、まるでバッグ一つを担いで世界中を渡り歩いているような気分にさせてくれるのは本当にお見事です。

旅行自体は大好物ですが、意外にも崖を登り、沢の水をすすりながら歩くようなハードな旅はしてこなかった私にとって、
これぐらいに世界を縮めてチャチャッと雰囲気だけでも感じさせてくれるような場所は、正に願ったり叶ったりでした。



アニマルキングダム
とは言え、前述した通りここはディズニーキャラは一切出てこない『動物園ゾーン』。


なのでアニマルキングダムでの滞在時間があまり取れないようであれば、
この二つのアトラクションはパスしてもまあ良いんじゃないかなと思います。
動物自体に興味がないのならなおさら。

ただし、最初のアフリカのゾーンに入らないで【キリマンジャロ・サファリ】から脱出する方法が、私には分かりません。
どこかに抜け道があったのかな……?


※次回はアニマルキングダム2大アトラクションのもう一つに挑戦です。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

WDW旅行43/キリマンジャロ・サファリで近すぎちゃってど~しよ♪ - 2013.07.13 Sat

キリマンジャロ・サファリにまだいます。
我々はまだサファリのトラックに乗って旅をしているのです。


アニマルキングダム
ディズニーキャラも実写(?)で見られる、それがアニマルキングダムです。
どうもこんにちはプンバ。今日もイボイノシシですね。


この広大なサバンナエリアの中には、基本的にありとあらゆる草食動物が好きな時に好きな所をウロウロチョロチョロしています。

アニマルキングダム
ここでは動物が最優先。
このようにご立派な角を持った牛がノシノシやってきた場合、バックすべきはこちらのトラックなのです。

実は私、富士サファリパークとかの『近すぎちゃってどうしよう』系の動物園に行ったことがないので、
そう言った意味でもこの手の動物鑑賞法には感動しました。
いやはやこれ程近くで動物たちを見ることができるとは。


アニマルキングダム
世界三大子供に人気アニマル(予想)のキリンさんだってこんなに近くに。


アニマルキングダム
お食事タイムもこうしてかぶりつきです。


アニマルキングダム
そしてこちらも人気アニマル、ゾウさんです。


アニマルキングダム
そして右手に見えるのはバオバブの木。

……バオバブの木って、星の王子様でしか聞いたこと無かったけど本当にあるんだ。
へえこんな大きいんだとビックリしていたら、キャストのお姉さん曰く「これはまだま大きくなるのよ」との事。
凄いなあ。


そしてしばらくこの広大な荒野を進んだ後、
次に目の前に広がってきたのは小高い岩山たち。


アニマルキングダム
そこに陣取るのは肉食界の顔、ライオンさんたちです。

すごい、檻も何もない所から彼らを見ることができるだなんて。

実はこれ、アニマルキングダムがオープンした当時、非常にに目玉となった画期的な見せ方の一つで、
ここからじゃ見えないんですが、実はこのライオン達と我々との間にあるヤブの中には深くて広い堀があり、
そのせいで彼らはこっちにお肉を頂戴しに来ることができない仕掛けになっているんです。
まさに見えない境界線。


アニマルキングダム
食べられないと分かった上で見るライオンは非常にキュートです。

ところで無事メスは見つけることができましたが、オスは一体どこにいるんでしょうか。
なにせエリアの好きな所を自由に歩いているため、見たい物が全て見えるとは限らないんだそうですが……、

と、その時。
いきなりマイク越しに聞こえたキャストさんの笑い声と、「ちょっとみんなアレ見てごらんなさいよ!あんなとこ…ぶぶっ、あんなとこでオスライオン寝てるわよ!」
の声に慌ててその方向にカメラを向けてみると、


アニマルキングダム
『ライオンキング』のプライドロック風岩場のてっぺんで眠るシンバを発見。

キャストさんも「いや~私も彼があんなところで寝てるなんて初めて見たわよ!みんないい経験したわね!」とサムズアップでご機嫌です。

しかし、どうやって登ったんだろう。
まあでもネコ科か。木登りは得意か。
ホント、あくまでも食われない前提ならライオンもネコと変わらない優しい目で見ていられますね。


アニマルキングダム
最後に何故か自分の卵を見せびらかしてくるダチョウさんの脇を通って、キリマンジャロサファリも終了です。

正味実に15分程のガイドツアー。実に見ごたえがありました。
さすがアニマルキングダムの目玉アトラクションです。
実は以前オープン間もない頃に来た時には、確か途中で『密猟者のトラックを発見したぞ、一緒に追跡してくれ!』的なプチイベント(というか小芝居)が入ったように記憶していたのですが、
今回はそんな事もなく、実に清く正しい動物観察ツアーでした。
あのイベントの発生はランダムなのかしら?
それとも改良で無くなったのか。はたまた若干雨気味だったから中止になったのか……。

まあ私個人としてはあのくだりは「別にいらないな」と思っていたので、なくても全然良かったです。
動物たちが見られただけで十分満足ですから。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

WDW旅行42/キリマンジャロ・サファリでライオンだ~♫ - 2013.07.12 Fri

タスカーハウスでキャラクターブレックファストを楽しみました。
いやあよかった。
本場のキャラクター達の体型のおおらかさには改めてビックリさせられました。
人間細かいこと気にしちゃいけないんですね。多分そうなんですね。


さて、
それではお腹も十分過ぎるほどいっぱいになったので、ここでアトラクションへと向かいましょう。



アニマルキングダム
そう言えば、今回のキャラクターブレックファスト、オープン30分前から始まったため、
食後でもまだまだゲストの数は少ないです。

なのでメインアトラクションに乗るなら今がチャンス。



アニマルキングダム
と言う訳でココに来ました。【キリマンジャロ・サファリ(Kilimanjaro Safaris)】です。

ここはアニマルキングダム1のメインアトラクション。
何百もの動物達が自由に暮らすエリアをオープンタイプのサファリトラックに乗って旅をするという、
まあ我々日本人にとって一番わかりやすく説明するとしたら、
『大変ハイクオリティな富っ士~、サッファリパァ~クッ!』
……です。


アニマルキングダム
乗車口手前で待っていると、そこに現れたのは32人乗りの巨漢トラック。

このアトラクション、何せ生身の生き物たちを相手にするため、時と場合によって随分と見られる動物が変わるんだそうです。
なので色々と「いつがオススメ」といった動物生態情報があるようなのですが、
少なくとも、一年を通して午前中、しかもできる限り速い時間の方が、動物たちが活発に動いてくれるんだそうです。
なのでもしこのパークに来たら基本みんなが一番最初に向かうのがこのアトラクション。
当然一番人気で一番混んでいます。


アニマルキングダム
レッツゴー。


このトラックは普通のアトラクションと違って、完全に運転手兼ガイドであるキャストさんの自走です。
すごいなあ、このアトラクションの担当になったキャストさんはこんなでかい車でジャングルの荒地を運転しなきゃいけないのか。


アニマルキングダム
と、感心している内に、早速入江ゾーンにやってきました。

すごい、目の前でカバがアニメみたいな寝方をしている……。

なんだろう、凄くジャングルクルーズみたい。
本物なのに。



アニマルキングダム
そしてほらこの木々の向こうにチラ見えしているのなんか完全にウェスタンリバー鉄道。


……不思議だ。
今までディズニーのパークでオーディオアニマトロニクスを見すぎたせいだろうか。

そう軽く混乱するゲストたちをよそに、運転手のキャストさんによるガイドは続きます。
やれ「あの動物はヒポ~ポタマスで実は凶暴だ」とか、「あそこにいるアリゲーターは全部でウン百匹いるんだ」とか。
その時その時に出会えた動物達の名前や特徴、生態系などを瞬時にレクチャーしてくれる頼れるキャストさん。兼運転手さん。
いやあこの仕事大変だわ。

そしていつの間にかトラックは池の地帯を抜けました。
すると目の前に広がってきたのは、


アニマルキングダム
ザ・荒野。

この広大な地の至るところに、生き物たちが野ざらし状態です。
これぞ正にリアルサバンナ。
ディズニー自社持ちの国立公園かと思う程のこの広さは、ガイドマップによると40万mなり。
さすが世界一の規模を誇るパークの広さ。
東京ディズニーランドの4倍は伊達じゃありません。
多分、このアトラクション(というかこの野生保護地区ゾーン)だけで東京ディズニーランドとほぼ同等の広さがあるんじゃないでしょうか。



アニマルキングダム
なんて優雅な暮らしをしているんだ君たちは。


※写真が多すぎになりそうなので、アトラクションの後半は次回へ。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

WDW旅行41/タスカーハウス・レストランでキャラクターブレックファスト - 2013.07.10 Wed

こんにちは。
ディズニーワールドの旅行記を書いている内に気づいたら旅行から2ヶ月も経ってしまっていました。
凄い。まだ終わっていないなんて。

しかも昨日は日本の東京ディズニーランドの30周年も楽しんで来ちゃいました。
丁度始まったばかりの『ディズニー夏祭り』、大変楽しかったです。


Animal Kingdom
まあその時の話は後後書くとして、取り敢えずは頑張ってこの旅行記を終わらせましょう。


長かったディズニーワールドも、どうにかこうにか今日が最終日ですし。
頑張るぞー。おー。


アニマルキングダム
と言う訳で最終日始めにまず向かったのはこちらです。

【タスカーハウス・レストラン(Tusker House Restaurant)】と呼ばれるここは、朝とお昼にキャラクターダイニングを行っているアニマルキングダム内のレストランです。

また場所がアニマルキングダムなだけあって、登場するキャラクターたちもそれぞれサファリな姿に身を包んでいて中々特徴的。

アニマルキングダム
店の内装は『インドのバックパッカー御用達安宿』を極限まで清潔&オシャレにした感じ。

ここのお店、キャラクターダイニングの中では結構お手頃価格な事でも有名で、
なおかつ料理もアフリカン&エスニックな品が揃う珍しいレストランなんです。


アニマルキングダム
しかし、塊肉と共に迎えるモーニングなんて考えもしなかったわ……。

食事方法は、キャラクターダイニングお馴染みのビュッフェスタイル(飲み物だけ無料オーダー式)


アニマルキングダム
と言う訳で、今日もお昼抜きのつもりで頂きます。


キャラクターダイニングは初日の『シェフ・ミッキー』と今回の二回のみでしたが(シェフミッキーの時の話はこちら)、
朝食メニューとしてお馴染みのこのミッキー型ミニワッフル、可愛いですね。
日本でも東京ディズニーランドにワッフル屋さんがありますが、こんな小さいバージョンだと色んな味を楽しめたりできていいもんです。
ワッフル焼き器、いつか欲しいな。


アニマルキングダム
なんて普通に朝食を楽しんでいたら、いつの間にかやってきましたドナルドさん。

そう、このレストランのキャラクタートップバッターはドナルドなんです。
ドナルドが主役なんです。
その証拠に、この朝食プランの正式名称だって【ドナルドのサファリ・ブレックファースト】なんです。
やったねドナルド、ついにミッキーを差し置いて君の『冠ブレックファースト』ができたよ。

アニマルキングダム
そんな『心は常にアイアム・ナンバーワン』なドナルドと我が父の2ショット。

一番好きなキャラクターはドナルドと公言してはばからない我が父、大満悦でした。



アニマルキングダム
そしてドナルドがいるとなればもちろん彼女も。

セクシーボイス・オブ・ザ・アヒルの異名を誇るデイジーちゃん。
今日もキュートです。


アニマルキングダム
そしてなんとまあ睫毛の魅力的な事。


アニマルキングダム
そして続いてグーフィーも。

ちなみに初日の『シェフ・ミッキー』ではしてもらわなかったんですが、
今日のために母がサイン帳を購入していたため、今回は来るキャラたち全員にサインを頂けました。

この出会ったキャラにサインをもらう習慣、日本でもそこそこ知られるようにはなったのですが、
ここ本場ではそうとう当たり前にみんなサインを求めます。
特にキッズたちはどこぞのスタンプラリーのごとくせっせとコンプリートを目指してサイン帳を手に駆け回っているのですが、
私はというと、その様子を微笑ましくは見るものの、別に「サインはいらないかなぁ~」と考えているのでどのパークに行っても貰った事がありません。
その代わりアホほど写真を撮るので。
「物より思い出」派なんで。
いや、どっちも物なんですけど。


アニマルキングダム
なんて言ってる内にミッキーも来ちゃいました。

すごいぞミッキー、さっきのグーフィーもそうだけど『シェフミッキー』で見た時と明らかに体型が違うぞ。
特にグーフィーはこの4日間で3回りは痩せたぞ。
そんなのありえるのか?ありえるのか。
アニメだもんな。伸縮自在だもんな。




ちなみにこっちのキャラクターブレックファーストも、1時間に一回ぐらいの頻度でダンスタイムがあります。



お子さんたちが民族楽器的な鳴り物を振り回しながらグルグル回る実にハートフルな時間です。


アニマルキングダム
その後、きっちりデザート盛りまで頂いて、朝食終了です。

朝ごはんのデザートがパイにドーナッツか……。

これは今日も昼食いらないな。

※次回からいよいよアトラクションです。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

WDW旅行40/ディズニー・アニマル・キングダムへ行こう - 2013.07.06 Sat

一夜明けました、おはようございます。

今日はディズニー5日目です。
遊べるのは今日で最後です。
そして、残すパークもあと一つ。

と言う訳で、今日は朝から最後のパーク、
【ディズニー・アニマル・キングダム(Disney’s Animal kingdom)】へと向かう予定です。


アニマルキングダム
…って、まあある意味では既にここ(ホテル)もパーク内なんですけどね。



アニマルキングダム
今日の朝は……、なんか、やたらごつい角をした牛みたいなのがいました。

しかし今日も結局お天気は優れないようです。
今もこうして小雨がしとしとそこの牛を濡らしています。
結局完全に晴れたのはこの旅の中で昨日だけだったのか。しかも半日。
まあそう言う意味では昨日のプールは実に正しい選択だったと思うのですが、予定ではいつプールに行ってもいいような爽やか炎天下を期待していたのに……。


アニマルキングダム
悲しいので気休めに可愛いバスルームのタイル画をご覧下さい。


さすがアニマルキングダムロッジ。ホテルの色んな所に映画『ライオン・キング』のモチーフが隠れていて素敵です。


アニマルキングダム
では、気を取り直してパークへと向かいましょう。

というわけで毎度お馴染みホテルのバスターミナルへと来たのですが、
そもそもホテルもアニマルキングダムの一部なら、別にバス使わなくたって良いじゃないと最初は思っていたんです。
良くわからないけどディズニーシーのホテルミラコスタのような感じで、裏口の宿泊者専用入口みたいな所から直でパーク・インできるんじゃないのかと。

でも、それをホテルのお姉さんに聞いてみたら「特にそのような入口は設けておりませんので普通にバスでお向かいくださいませ」と答えが返って来てしまいました。
あ、そうなんだ。
……じゃあせめて歩いて入口までなら行けるかしら?ほら、私よく舞浜駅からディズニーシーまでならモノレール使わないでそのまま歩いちゃうタイプだし。
と思って聞いてみても、それも無理との事。
そして後でもらったアニマルキングダムの地図を見て納得。


Animal Kingdom
驚きの広さ。
イラストマップじゃどのくらいか分からないと思いますが、たて横合わせた合計がなんと約2km²。


もちろんその敷地面積は世界中のディズニーパーク中で堂々の1位で、
他のパークと比較すると、マジックキングダム4個分らしいです。
……4個分?
東京ディズニーランドとほぼ同じな大きさのパーク×4?


すいませんでした。フロリダの面積舐めてました。


アニマルキングダム
と言う訳で大人しくバスで移動です。

そう言えば今まで散々お世話になっているバスですが、こちらに画像を載せたのは初めてかもしれません。
15分に1本の間隔であらゆるパーク・施設を行き来するオフィシャルバス。
パーククローズ直後の帰宅ラッシュ時などはそれなりに混雑しますが、座れなかった事はほとんどありませんでした。
またそれ以外の時間だとご覧の通りかなり空いていて、一瞬向かう先が「あれ、今日やってないの?」
と軽く不安になる程です。
そしてご覧の通り座席は大変硬いです。


Animal Kingdom
さあ着きました~。

※次回からはアニマルキングダムの中へ。最初はキャラクター・ブレックファーストです。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

WDW旅行39/ディズニーボードウォークとフライング・フィッシュ・カフェ - 2013.07.05 Fri

念願の『唯一行っていないディズニーワールド』だった【ブリザードビーチ】で優雅な時間を過ごすことができました。

ですがもうオシマイです。
何故なら空を見上げたら驚く程どんよりした気候になっていたからです。
早くも吹く風が結構涼しくなっているからです。


ボードウォーク
なので逃げるようにパークを後にしました。

とは言え、朝は若干のんびり起きてパークについたのは11時頃。
その後スライダー乗ったり流れるプールで流れたり軽いお昼を食べたり色々して、
雨雲に追われるように退園した今の時刻は午後の3時頃。
うん、プールにしては結構長くいたんじゃないでしょうか。


そしてこの後我々はお土産の聖地【ダウンタウン・ディズニー】(3倍でかいボンボヤージュとイクスピアリが合体したような場所)でお土産めぐりをしていたんですが、
このダウンタウン・ディズニーには翌日の方が長く滞在しているため、その時にまとめて中の施設の紹介をします。

ので、話は飛んで次のエリアへ


ボードウォーク
ここは【ディズニー・ボードウォーク(Disney's Board Walk)】です。

アメリカ大西洋側のリゾートによく見られるボードウォーク(板張りの道)を再現し、
その道沿いにショップやレストラン、ナイトクラブが連なるエンターテイメントエリアです。


ボードウォーク

と、いう事は、つまりは先述した【ダウンタウン・ディズニー】とエリアの内容自体は同じです。
しかも、こちらの方がより小規模で店も少なく、正直人もあまり多くありません。


ボードウォーク
ですがそれがいいのです。

小規模な分、ここには静かな時間が流れていて、少し古い感じの音楽が聞こえる中、ボードウォークの床をコツコツと気持ちよく音を立てながら散歩するこの贅沢な時間は、とても日本では味わえません。


ボードウォーク
お土産屋さんももちろんありますが、なんだか全体的に品が良い感じ。

ディズニーグッズは好きだけど家に飾るにはもうちょっと落ち着いた感じが…と思っている人には実にピッタリな感じのアイテムが沢山揃っていて、
『キャラ物グッズは基本買わない(揃え始めたら取り返しがつかなくなるから)』
と心に決めているはずの私の心をガンガンに攻め立ててきます。
ああ、困った。全部欲しい。


ボードウォーク
またここには色んなレストランがあり、早朝から空いているベーカリー屋さんもあったりします。

このボードウォークには高級ホテルとして名を馳せる『ボードウォークイン/ヴィラ』やアンオフィシャルの中では一番人気のホテル【スワン&ドルフィン】もあったりするので、そこに泊まる人たちはここで朝ごはんの焼きたてパンを買ってホクホク食べたりするんだそうです。
なんと優雅。


ボードウォーク
しかし随分と腹に重そうなお菓子が並ぶショーウィンドーだこと。

ああでもあの左上に見えるオレオの耳でできたミッキーは形が凄く可愛い。
こっちに来てから色んな所で見る凄い造形のリンゴ飴ももちろんこの場で手作りしていて見ているだけでも凄く楽しくて……、


ボードウォーク
思わず、一個買っちゃいました。

これはミニーちゃんのリンゴ飴。
芯はもちろんリンゴで、その上にキャラメル、さらにその上にチョコでコーティングがされ、
耳はマシュマロ、下の赤いのは着色されたザラメ的な何か。キュートな水玉部分はM&M'sの白色みたいな物を貼り付けています。

……素晴らしい。
これ一個作り上げるのに1キロぐらい砂糖使っているんじゃないだろうか。


でも、これは今は食べません。もうお夕飯の時間が近いのです。
と言う訳で今回のディナーはこちら、


ボードウォーク
【フライングフィッシュカフェ(Flying Fish Cafe)】です。

フライングフィッシュとは読んで字のごとく『トビウオ』の事。
老いも若きも男も女も、あの魚を見てピンと来るネーミングは同じなんですね。


ボードウォーク
でも店内のイメージはなんとなくクラゲが多いです(照明とか)。


そしてここ、勝手ながら我が家族の中で半ば伝説と化した名店なんです。
初めて来たのは2回目のディズニーワールドの時。
正直ダウンタウン・ディズニーに比べて知名度の低いボードウォークの、その中でも日本のどのガイドブックにも紹介すらされていなかったこのお店を、当時我々の空港⇔ホテルの送迎をしてくれた現地日本人の方が「ここすっごいおすすめですから!もし時間あったら是非食べてみてください!」と紹介してくれたのが始まりでした。


ボードウォーク
フライングフィッシュと名のつく店なだけあって、もちろんシーフード系の料理が充実しています。

ですが彼がおすすめしたのは、魚ではなく牛肉のステーキでした。
その時は家族全員で「おいおいシーフードレストランでステーキかよ」と心のツッコミを入れたのですが、
でもまあ現地の人が言うんだからそんなに不味い事はないだろう。いや、現地の現地人の言う事は時として我々日本人の舌に合わないパターンもあったりするが、今回教えてくれたのは日本人だし…。

と、言う事でワザワザシーフードを頼まずにステーキを頼んでみたんです。
そしたら、



CIMG3176.jpg
黒焦げだよーん。


おいふざけんな、金返せ。
まだ払ってないけど金返せ。
払ったつもり貯金をしたいから金返せ。

と、思ったのが我々4人の第一印象。
ですがこれを食べてみたら、あらまあびっくりすんごい美味しいんです。
確かに全面コンガリじゃ済まされないほどに真っ黒焦げなんですが、食べてみると何故か苦くない。
それどころかそのカリカリな部分が中のジューシーな肉の旨みのスパイスになっていて、とにかくステーキが美味しいんです。

それ以降ここで食べたステーキは我々の中で伝説となり、「いつかまた食べられたらいいねえ」と語り合っていたんです。

そして、もう来ないと思っていたチャンスは再び我々の前に現れて、


ボードウォーク
あの黒焦げ絶品ステーキも我々の前に再び現れました。


ああ美味しい。凄く美味しい。
日本の良いステーキと言うと、基本味付けは『塩コショウのみ』と言うのが王道で『下手な味付けは素材を殺す』とされています。
その考えについては基本的に全面同意なのですが、
このステーキに限って言えば、焼く前に付けているであろう下味が物凄い美味しいんです。
秘伝のシーズニングソルトか何かなんだろうか。ああ私にもその『旨い粉』を売って欲しい。




ボードウォーク
あと驚くのは外側の丸焦げに対して中のレアっぷり。

これは相当な火力で一気に焼かないとこうはならないだろうなと思っていましたが、


ボードウォーク
本当に燃え盛る炎の中で焼いていた。

やはりこれぐらいの火力がないとこうはならないのか。
『旨い粉』を買っても家じゃ再現できないのか。
うーん悔しい。こんなに美味しいのに食べるチャンスが少なすぎます。


というわけで、もしパーク外でどこかご飯を食べるチャンスがあったら、是非ともここでシーズニングステーキを食べてみてください。


PS
そういえば夕食前に買ったあのリンゴ飴ですが、


ボードウォーク
ホテルに戻ってからのデザートになりました。

というか、これ棒が付いているとは言え歩きながら食べられるような物じゃもうないだろ。
どう考えても色んなものがボロボロ落ちるだろ。


ボードウォーク
食後のウィスキー入りミルクと共に、ナイフで切って3人がかり(父はパス)で食べました。
食べきれませんでした。
すいませんでした。

※明日からは最後のパーク、アニマルキングダムです。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

WDW旅行38/ブリザード・ビーチのアトラクションたち - 2013.07.04 Thu

ディズニーワールドのウォーターパーク、ブリザード・ビーチに来ています。
GW中なのにプールに入れるなんて。
まあ昨日までの気候だったら絶対に入りたくはありませんでしたが、
でもそれはここ数日の気温が若干異常なだけで、フロリダは常に常夏真っ盛りが売りの陽気な南国州のはずなんです。


ところで、

ブリザードビーチ
入口にさらっと居たこいつ。

何とも馴染みの無いキャラクターですが、一応このパークのメインキャラクターです。
その名もアイスゲーター君。フロリダの先住民(?)であるワニをモチーフにしています。
名前もモチーフも存在感も、完全に『ご当地ゆるキャラ』感満々ですが、
このアイスゲーター君が初めての雪に大喜びし、

ブリザードビーチ
あそこの頂上にあるジャンプ台から飛んで、

ブリザードビーチ
更衣室の屋根を削り、

ブリザードビーチ
ショップの壁を突き破ってしまいましたとさ。


と言うストーリーがあるんです。

なるほど、こんなうっかり見逃してしまいそうな所にも物語を仕込んでいるとはさすがディズニー。



ブリザードビーチ
ちなみにその激突したショップにあった『砂を入れてひっくり返せばあっという間に砂の城ができるバケツ』がすごく可愛いかったです。

うーん、買えば良かったかも。

この他にも、ここではとにかく『ゲレンデ用アイテム』と『ビーチ用グッズ』の混合が面白く、
色んな所でくすりとさせられます。


ブリザードビーチ
『スキーレンタル』のお店が一日で雪が溶けたため、急遽『ロッカー&タオルレンタル』のお店に。

と言う訳で我々もここでロッカーとタオルを借りて屋根の削れた更衣室でお着替え。
ようやく中へと入りました。


なお、私の持っているカメラは防水機能がないため、
これ以降の写真は全て携帯カメラになります。
ああ、生活防水機能付きって素晴らしい。ありがとうXperia。イッツア・ソニー。


と言う訳で、まあじゃあ取り敢えず上の方に行ってみましょう。
山の頂を登るために色んな場所に階段が設置されていますが、一番楽な方法は、スキーリフトです。

ブリザード・ビーチ
水着のままリフトに乗る。やってみると想像以上にシュールです。

しかもリフトの柱にはスキー場でよく見る『揺らさないでください』の注意書きとかもあったりしてなんだか面白い。


ブリザード・ビーチ
しかし雪が無い状態で下を見ると結構怖いもんなんだと初めて実感。


このリフトはパーク正面に1基しかないのですが、これで上がると相当楽な上にちょっとしたアトラクションとしても楽しいので、常にそこそこ並んでいる人気スポットでした。


ブリザード・ビーチ
そして頂上付近から見えるこのだだっ広い景色。

うーむ何て山の無い地域なんだ。
はるか向こうに見える茶色い建物は、ハリウッドスタジオにある【タワーオブテラー】です。
右側にシンボルのミッキー型給水塔も小さく見えます。



このパークには、大小6つのスライダーと大きな波のプール、そして全長914mの長さを誇る流れるプールがあります。
この規模の大きさはさすがです。
入場料$49は伊達じゃない。

しかもどれもこれもちゃんとスキー競技をモチーフにしていたりして、


ブリザード・ビーチ
こちらは【スノー・ストーマーズ(Snow Stormers)】。アルペンスキーの大回転の感じで隣の人と競争ができます。

ブリザード・ビーチ
こちらは【トボガン・レーサー(Toboggan Racers)】
トボガンと呼ばれる アメリカ先住民族のソリ(ただしゴム製)に乗って8レーンでのスライダーレース。

これは実際自分が滑る番になると水まみれで周りなんて見えないため、見ている人たちの方が俄然盛り上がっています。


さらにはこのパークの入口手前からずっと異彩を放ち続けているモニュメントがこちら、


ブリザード・ビーチ
【サミット・プラメット(Summit Plummet)】です。

こちら、れっきとしたアトラクションです。
その高さ36.6mという世界最大クラスのウォータースライダーです。
ビルにするとその高さは12階建て相当なんだそうな。


ブリザード・ビーチ
横から見るとよくわかる、危険すぎるその角度。

ここからその身一つで一気に滑り落ち、その速さは時速100キロ近くにもなるんだとか。
もちろん、こんな物私が乗るわけがないのですが、なんと興味を持った我が姉がやってみると言い出したため、
頂上まで応援にだけは行きました。


ブリザード・ビーチ
ひょーーー。


目もくらむ高さとは正にこの事です。
ですがこの高さから見事滑空を決めて戻ってきた姉の感想と言えば、
「高さとか角度云々より流れる水の水圧が痛すぎてそれどころじゃなかった。『修行僧かよ』と思っているうちに終わった」とのこと。
……、なんか私の想像してたのと違う。

どなたか勇気のある方、試しに滑り降りてみて感想を聞かせてください。


ブリザード・ビーチ
こうして山の頂上から色んなスライダーで降りてきた後は自分達が荷物を置いた陣地まで、外周を流れる【クロスカントリー・クリーク(Cross Country Creek)】でどんぶらどんぶら移動します。

これのモチーフはその名の通り『クロスカントリー』ですね。
1キロ近いコースのあらゆる所に小屋や水かけスポットや秘密の洞窟やらがあって、ただプカプカとを周遊しているだけでもとても楽しめます。

しかもこの日は随分と人も少なかったため、日本じゃ考えられないくらいのんびりぷっかり流れるプールを楽しみました。
ああ、極楽。

一応スライダー系はほぼ全て制覇しましたが、最終的にはこの流れるプールでのんびり流されているのが一番楽しかったかもしれません。
何よりこの瞬間になって、ようやく『リゾートに来た』と思えるようなゆったりした時間を過ごす事が出来ました。



ブリザード・ビーチ
と言う訳で、このあたりでのんびりお昼でも。

この写真右下にあるキッズメニューがとんでもなく可愛かったです。
入れ物がバケツでシャベル付きだなんて。


ブリザード・ビーチ
ですが生憎私はキッズではないため、代わりに生ビールを頂きました。
大人。

いやあ泳いで滑って浮かんだ後に飲むビールは旨い。
おつまみに頼んだ塩味の効きまくったフライドポテトも最高です。
ああ、今、私は全力で常夏のフロリダを満喫しています。
渡米4日目にしてようやくです。
長かった。そう呟いてようやく出会えたこの抜けるようなフロリダの青空を、少しでも長く満喫しようと空を見上げると…、


ブリザード・ビーチ
………。


やばい、降りそう。



※そんなわけでブリザードビーチは今回でおしまい、次回はディズニー・ボードウォークです。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

WDW旅行37/タイフーンラグーンとブリザードビーチで泳ごう - 2013.07.02 Tue

フロリダ、4日目の朝です。おはようございます。

そして、
なんと、

アニマルキングダムビレッジ
晴れたーーーー。


初めて晴れた。こんなにも晴れた。
すごいぞ太陽が眩しいぞ。
いやあこの天気を待っていました。まさか4日目にして初めて見る景色だとは思いませんでした。
雨が降ってないって素晴らしい。


アニマルキングダムビレッジ
ちなみに朝一で窓から見えたのはシマウマさんでした。
おはようございます。


正直、連日記録を打ち立てんばかりに歩き通しだった我々、
さすがに体にこたえてまくっていたのでもう今日は基本的にホテルのベッドでゴロゴロしていようか。などといった大変後ろ向きな計画を立てていたんです。

だって本当にずっとずっと雨だったんですもの。
もう濡れてない靴下が一つもないんですもの。
スニーカー乾いてないんですもの。



アニマルキングダムビレッジ
でも晴れた。
テレビの天気予報を見る限り、どうやらこんなに晴れて気温も高いのは今日だけの様子。
そうか、今日だけなのか。
じゃあしょうがない。


アニマルキングダムビレッジ
と言う訳でここに行くことにしました。

行き先は【ディズニー・ブリザード・ビーチ(Disney's Blizzard Beach)】です。
ビーチです。ウォーターパークです。


そもそもウォルト・ディズニー・ワールドには、現在2つのウォーターパークがあるんですが、そのうちの一つが、
【ディズニー・タイフーン・ラグーン(Disney's Typhoon Lagoon)】

これは「荒れた南国の湾」をモチーフにしていて、パークを象徴するモニュメントは、真ん中にそびえ立つメイデイ山の頂上に突き刺さった台風で飛んできた汽船です。

ええ、船が、山に突き刺さっているんです。
で、その船が汽笛を鳴らすとパークで一番大きな入江風プールに2m級の波が押し寄せるんです。
……ええ。



何を言っているのか分かんないと思うので、こちらのオフィシャルPVをご覧下さい。


こんな感じです。
つまり台風の過ぎ去った南国の無人島で遊ぶウォーターパークなんです。
ここは私が初めてディズニーワールドに来た時に行ったんですが、
当時若干騙されて体験したシュノーケルのゾーンで『サメと一緒に泳ぐ』ハメになり(ハメというか本来それがウリのアトラクションです)、
軽くパニックを起こしてライフガードのお姉さんに救助されるというほろ苦い7才児の思い出があります。
【シャーク・リーフ】というアトラクションでした。興味のある方は是非。


ですが、今回行くのはこちらではありません。
行くのは1995年にオープンした比較的新しい方のパーク、【ブリザード・ビーチ】の方です。


【タイフーンラグーン】は「荒ぶった南国」がテーマでしたが、この【ブリザード・ビーチ】は一体どんなテーマなのかと言うと、「”溶けかけた”スキー・リゾート」です。

……。



詳しくはこちらをご覧下さい。


つまりここは、フロリダに突然豪雪が降って、大喜びでスキー場作ってみたけどすぐ溶けちゃったよーでもそりゃ溶けるよねーフロリダだもんねー。
…といったパークなんです。


ブリザードビーチ
なのでパークの色んな所に、雪がまだ残っています。


ブリザードビーチ
そしてそこかしこにある設備が全部『雪山ロッジ風』です。

うむ、このギャップは確かに面白い。
そしてこのパーク、我々家族の中では『唯一行っていなかったディズニー・ワールド』でした。
なのでこれで、晴れてディズニーワールド全部制覇という事になります。
おめでとうございます。
ありがとうございます。


では早速中に入ってみましょう。
……の、前に、ディズニーワールドのウォーターパークに行こうとしている人にお知らせがあります。
実はこのウォーターパーク、普通のパスポートでは入園対象になっていません。


ブリザードビーチ
なので入口でパスポートを買う必要があります。

今我々が持っているパスポートは、『1日に何個も違うパークをハシゴして良い』という【パークホッパーパス】です。
これと【ベースチケット】と言われる『1日1パーク限定パス』の2つはウォーターパークが対象外です。
もしこれより更に上のランクの【ウォーターパーク&ファン・モア・オプション】と呼ばれるチケットを持っていれば入ることができますが、
これは通常料金に+$57必要で、最低でも2つのウォーターパークを両方行かないと元は取れません。
なので普通の人はこの場で1日券($49)を買って入ることになると思います。


ブリザードビーチ
一日券でもパスポートの見た目は全く同じなので、後日また普通のパークに入るときに間違えないようにしましょう。


ブリザードビーチ
さて、入園です。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。クリックお願いします。







人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ジール

Author:ジール
出版社で仕事をした後イタリアに住み着く。
その後帰国し所帯を持ってからは映像編集の仕事に従事中。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



最新記事

カテゴリ

旅行 (49)
イタリア旅行14 (41)
イタリア旅行11 (29)
イタリア滞在 (43)
クルーズ旅行 (15)
カリフォルニア旅行 (11)
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー (8)
ウォルト・ディズニーワールド (50)
ディズニーランド・パリ (3)
ユニバーサル・スタジオ・フロリダ (9)
台湾旅行 (24)
京都旅行 (23)
各地イベント体験 (40)
インテリア (26)
映画 (14)
バイク (45)
ゲーム (25)
雑記 (26)
料理関係 (20)
結婚関係 (14)
ムジェロGP (2)
サンマリノGP (2)
もてぎGP (4)
ハワイ旅行 (39)
フランス旅行 (12)
北海道旅行 (13)
ハワイ旅行 15 (14)

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
226位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
85位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。