topimage

2010-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

自己紹介VTRの作り方 - 2010.11.23 Tue

あらまあ気づいたらもう11月も後半じゃないですか。

本当は色々話したい事が山とあるんですけどねぇ。



フォト
挙式入場の行進の話とか(画像はイメージです)。

いやああの時は本当にお世話になりました。
私のわがままに心よくつきあってくれた愉快な仲間たちに感謝。
そして特に、上記のような私のヘッポコ絵コンテをある日突然投げつけられたにも関わらず、
ちゃんとしたショーと立派なタップに組み立ててくれた、シエナ帰りのナイスガイ(しかも受験生)にもサンクスです。

フォト
この絵がねえ。ちゃんとあんな感じになるとはねぇ。


いやあ持つべきものは友。
そして備えるべきは画力ですな。
なんだよこの絵。ミミズか。


というわけで、
あまりに画力が無さ過ぎてイタリアでも現地の人の期待に答えられず、日本人としての面目丸潰れだった苦い過去を持つ私なわけなんですが、
それでも、【何かを作る】という事には人一倍貪欲であるとは自負しているつもりです。


そのため、長年培ってきた『絵を描かずに(下手だから)、いかにしてクリエイティビティな事が出来るか』というテクニックも磨きに磨かれている昨今。
イラレはさっぱりですがフォトショは使えるんです。
エンピツはHBしか持ってませんがカメラは3台持ってるんです。
服は買いませんがヤマダの来店ポイントは貯まる一方なんです。


まあ、
そんだけ訳のわからん努力をするならおとなしく絵の勉強でもしてろと思われがちですが、
そんな私の趣味と技と心意気を注ぎ込んで作ったのが、今回の披露宴で上映したプロフィールVTRでした。



フォト

テーマは共通の趣味の<ゲーム>という事で、タイトルもこんな感じ……。


折しも世代的にどんぴしゃゲームっ娘な私とゴードンですので、せっかくならそれぞれの紹介をゲーム仕立てにしてしまおうと、主に私が勝手に企ててえっちらおっちら作った作品。


フォト

テンプレート的なゲームの流れに沿って小さい頃の写真や出会いなどを紹介しました。


ありがたい事にこの映像は色んな人から好評を頂き、本当にうれしい限りでした。
父からは「やるじゃん」と言われ、
友人からは「面白い」と言われ、
姉からは「最近暇だったの?」と言われました。
ああ酷い。姉酷い。


言っときますけど暇じゃなかったですからね?
挙式を決めてから本番まで1年あったから、その間で仕事やら引越しやらの合間をチマチマ縫いながら頑張ったんですからね。

というわけで、簡単にどんな事を頑張っていたのかここにご紹介↓↓


●キューピー3分映像制作法●

1、小さい頃から今までの写真をとにかく集めるだけかき集める
これはもう自分の親が自分の写真を撮りためていてくれるようなマメな人である事を祈る他ありませんが、とにかくできるだけたくさん集めます。
集めた写真はすべてスキャナーでパソコンに取り込んでデータ化しましょう。


2、ゲームを作るソフトを使ってゲームを作りましょう。
私が今回使ったのはコレ
フォト
アスキーソフトのゲーム、【RPGツクール】です。

このソフト、知ってる人は知ってるし、知らない人は聞いたこともないソフト。
早い話が【お手軽プログラミングで素人でもRPGがつくれるソフト】です。
私が小さい頃はスーパーファミコンでこれが出ていました。
もちろん当時も購入して、【俺★自作】による「俺ゴンクエスト」だの「俺ナルファンタジー」等を作ってやると息巻いたもんですが、
このソフト、【ゲーム】と名がつくだけのシステムプログラミングソフトな訳なので、残念ながら当時の私は主人公を画面に登場させる事もかなわずに頓挫した記憶があります。

なので、今回その頃の思い出を軽く20年ぶりに思い出し、こうして実行に移ったわけなのです。

ただし今回のソフトはスーパーファミコンではなく、パソコンで動くPC版。
そもそもRPGを作らなきゃいけないのに、画面に打ち込むテキストを十字キーで選んで一文字ずつ入力する当時の方法は絶対無茶な話だったと思う今日この頃。
それに比べたらこのPC版は本当に楽ちんです。テキスト打ちが。


ちなみにこのソフトの使い方を簡単に説明すると…


フォト

(1)まず画面に任意の大きさのフィールドを出現させる。

フォト

(2)フィールドに一マスずつグラフィックブロックを置いてマップを作っていく


フォト

こんな感じで


フォト

こう


フォト

(3)画面に登場するキャラクターも配置する


こんな感じで取りあえずフィールドを作ります。

そしたら今度は自分が動かすキャラクターを作ります


フォト

(4)ドット絵でポチポチと自分の分身(上下右左×歩行分)をこしらえます。


フォト

(5)後はこの自分の分身の動きとその分身の起こすアクション(選択肢・パラメーターの変化など)によって引き起こされる他のキャラクターのアクションなどをそれぞれガシガシプログラミングしていきます。

フォト

こぉ~~んな感じで、ほれずががーんと……
でこれをそれぞれの家、それぞれの街、出会いの大学等々のフィールド全部のキャラクターにせっせせっせと…
ねえ、ほら、なんていうかさ…



死ぬほど面倒臭い。


いやあ正直な話、(4)の自分のキャラを一マスずつ塗りつぶしながら作ってる辺りでもう完全に『止めよっかな』とか思ったりしたぐらい面倒くさい。

っていうかマスに色塗りながら自分のキャラ作ってるってこれ絵じゃね?
要するに絵じゃね?
絵描けないからこんな方法使ったわりには、結果的には絵描いてね?

まあでも実際はこんな方法ですら、まともにキャラクターが人と認識できるレベルにすら届かず、結局既定のキャラの顔のパーツパーツをモンタージュのように切り貼りしてどうにか作ったという画力クオリティ。
いやあドット絵でも水彩画でも、描けない奴は描けないんですな。

そして実を言えば、私こういった先が見えないくらい地道で面倒な作業というのが、何故だか結構好きで得意だったりするのである。
死ぬほど面倒とは心から思ったりはするのだが、それでも結構好き好んでやっていたりするのである。


その昔出版社で編集部の仕事をしてた時でも、
行った事どころか「文字」か「模様」かの識別もできないような国の語学書などを担当したりして、
しかも最後の最後でその蛇の集団行進みたいな文字の中の一部の表記が間違っている(日本語で例えるなら『わ』じゃなきゃいけないのに『ね』になっちゃったみたいな)事が発覚して、
でも何故かデータは全部誰かが消しちゃった後で、
その上入稿が明後日だったりして、
結局一昼夜ひたすら謎の蛇の行進の中から『わ』になってない『ね』を探すような作業を強いられていたときも…、
……まあその時は流石に嫌だったけど……。


まあ何が言いたかったかと言うと、このVTRを作っている間はとっても楽しかったですよという事です。




フォト

3、最後に、【作ったRPG画像、スキャンした写真、DSトモダチコレクションで作ったキャラクター画像、PS3で作ったスライドシステム、音楽、その他諸々】をすべてプレミア(=映像編集ソフト)で合成したら完成です。



皆さんもし興味がありましたらやってみてください。
やりたくねえよと思うかも知れませんが、人によっては本当に面白い作業になると思いいます。
そしてもしやりたくねえよと思ったら是非私にやらせてくださいな。
何故なら好きだから。



今回使用したソフト・機能
・Adobe Premiere Elements 8
・RPGツクール2000VALUE!
・DSソフト「トモダチコレクション」
・PS3 スライドショー・フォトアルバムシステム
・ドット絵エディタ「EDGE2」
・Adobe Photoshop
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

結婚式の舞台裏3(挙式終了までの話) - 2010.11.15 Mon

おやおや、いつの間に日は経つものですね。
既にもう一週間経ってるとは・・・
話したい事は山ほどあるのになかなか筆が進まない。

というわけで続きの話。



フォト

どうにか準備を終えたらようやく移動


そして挙式会場まで移動したら、新郎新婦&ブライズメイド・ベストマン(男女それぞれを代表したお手伝い係さん)、そして代表立会人をひきうけてくれたかりんとさんとにゃーちゃんと一緒に、軽く挙式の流れを合わせて練習に励みました。




フォト

花嫁のドレスの裾を踏まずに歩き切る大役を任せられた父も練習練習。

父「もっとこう、もじゃっとしてない服はなかったの?」
と軽く愚痴られもしましたが、基本はつつがなく終了。



さあその後は本当に嵐のように時が過ぎて行きました。

まず挙式会場での練習が終わったと同時に親戚一同が会場内に大量投入され、その場で親族紹介&記念撮影。


次に新郎新婦だけ会場を後にしたら直ぐ傍にある忍者の隠れ家みたいな小部屋に別々に押し込められたかと思うと、今度は参列者のみなさんがドヤドヤやってきました。



神聖な教会の懺悔室のような小部屋で、【新婦が静かな緊張にうち震えながらもその時を待つ】
・・・みたいな感じの事のために作られた新郎新婦別々の小部屋なんでしょうけども、
あいにくその頃には私、慣れないコルセットに早くもあばら骨をやられかけていました。
そのせいで出番を伝えに来た専属プランナーさんが扉を開けた時にも、
たぶんその場に跪いて手を合わせでもしてたら絵になったんでしょうけども、
その時の私の格好は、一言で言うなら【『おひけぇなすって!』のアノ姿勢】によく似た状態でアバラの痛みに耐えていたため、最後の最後までプランナーさんにがっかりされてしまいました。

まあそんなもんですよ。



あ、ちなみに式の内容は人前式にしました。
特に理由はないのですが、キリスト教式だといきなり覚えのない賛美歌を合唱させられるのとかが気に食わなかっただけです。


でそんな人前式も無事に終わり、
外のガーデンに出たらそこでブーケトスやら記念撮影やらをしていました。


フォト

京都から帰ってきてくれた姉とも撮影


フォト
そして母とも2ショット。




こうして怒涛の内に挙式は終了。
その後は披露宴会場に移っての宴会です。



人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

結婚式の舞台裏2 - 2010.11.09 Tue

さて、結婚式当日話の第二弾。
話は前回の日記の続きですが、やっていることは相変わらず準備準備のオンパレードです。





どんな感じかと言うと……







フォト

頭をグルングルンに巻かれる新婦



フォト

鼻をかむ新郎



フォト

額にビシッとラリエットを装着する新婦



フォト

紅茶でまったりな新郎




・・・・・・暇なんだな。新郎・・・。









まあともかく、
忙しい人も忙しくない人も右往左往しながら準備に費やした時間、およそ2時間。




フォト

その間に挙式用のブーケも届きました。


いやあしかしこのブーケ可愛かった。

その昔、準備期間中に行った【花の打ち合わせ】の時に担当の花屋さんと話した時には、正直どうかなと不安もちょっとあったんですが…。
ほら、何せすべての打ち合わせの中で、唯一花だけが事前にリハーサルができないものじゃないですか。

ドレスなら試着するしご飯も試食するし、メイクだって事前に一回試している。
でもこの花だけはどうしても生ものだということで、
イメージをいくら伝えてもその場で実際に会場をフルコーディネートして「どうっすか?」とやる事なんてできない。

しかも、この花を決めてたのはかなり最終段階で、既に費用の半額を払いこんだりしてふところも気分もかなり寂しい時期。
正直高砂やブーケの費用は平均と言われる額より気持ち抑えめにとお願いしてしまっていたんですが・・・・・・・。




フォト

かなり好みでした。特に高砂の全面をしめ縄みたいに盛り付けていなかった辺りが。


素晴らしい。ありがとう。ありがとう。





さあて、そんなわけでいよいよラストスパート。
ドレスを着ますよ。




あ、ちなみに、

フォト

ドレスの着方は、最初に特大のパニエを床の上に設置、その上にたっぷり広がったドレスをかぶせたら……


真ん中に開いた穴に両足を突っ込み…そのまま上までジャキーンと持ち上げる!!
そしてそのままコルセットをギュウギュウに縛りあげたり体のあらゆるお肉を胸の辺りに大集合させてみたりしたら……。



フォト

はい出来上がり~~~。



なんか
勝手なイメージでこういった優雅で可憐な衣装は着る時でさえしとやかに身につけるもんな感じがしてましたが・・・、
実際着るとなると布は多いわコルセットは締め付けるわで全然優雅じゃない。
最高にキュートな部屋の中で、
キレイなお姉さんと一緒に「よいしょっ!」「はいよっ」「縛ります!」「ぐええ」
なんて掛け声を掛けあっていると、こんなのを日常来ていたであろう中世のお金持ち様たちはさぞかし御苦労なさっていたのだろうとしんみり思ってみたりしました。



そして最後にマリアベールをふわさとかぶせてみたら……




フォト

はいいっちょ上がり~~~。


ちなみに端っこに見え隠れしているのは、挙式中撮影をお願いしていた会場のカメラマンの方。

教会内でのみの撮影かと思いきや、こんなところでカッコつけたポーズ撮影とかもするんですな。




あ、ちなみに当然

フォト

新郎もカッコつけさせられてましたよ。


この時に撮った写真などは、しばらくしたら製本して送ってきてくれるんだそうな。
楽しみ。新郎の顔が。

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

結婚式の舞台裏1 - 2010.11.08 Mon

フォト


怒涛の荒波にのまれたまま、ハッと気づいたときには既に一日が終わっていた。
挙式当日の心境をまとめてみればそんな感じになります。


正直ずっと前から『当日は泣かない訳がない。でも泣きたくないどうしましょ』
という心配をず~っと抱えていたのですが、
実際の当日は正直泣き所一切なし。


先輩の式に呼ばれてお相手の新婦のお父様の潤んだ瞳を見て勝手にもらい泣きしてみたり、
あげくはyoutubeなんぞのどこの誰ともつかない他人の挙式のVTRでさえ思わずホロリと来ていたというのに、これは意外な超展開。


バージンロードを父親と歩いていたときにガッツリ自分で自分の服に足を絡め取られて、
行くも帰るも難しくなってた時にはある意味ちょっと泣きそうでしたが…。


なんかあれですね、
気合い入れて色んな演出等に首をメリメリ突っ込んでいたお陰で、どうやら『花嫁の心境』というよりは『イベントの運営側の心境』的な物に近くなってしまっていたのかもしれません。

ま、お陰で泣いてまつ毛がもげ落ちる惨事にもなりませんでしたし、湿っぽさのない明るい式になれたと思っているので私の中では大成功です。



というわけで、そんな現場監督がご紹介する当日の舞台裏part1


11/06

09:30頃
● 親友のブライズメイドに無理言って必要ないのに花嫁と同じ時刻の来館を強制し、池袋に集合(ノーメイク)

10:30頃
フォト

● 焼きたらこおにぎりをモシャモシャ食べながらシャトルバスに揺られて現地へ(ノーメイク)


11:00頃
フォト

● 会場であるキャメロットヒルズアネックスへ大きな一歩でもって入館


フォト

● 同時刻、実家からやってきた新郎ゴードンと再会(まだノーメイク)


11:20頃
フォト

新婦控室
フォト

新郎控室

● ブライズルーム・ブルームルーム二手に新郎新婦が分かれてそれぞれ準備開始
しかしこの部屋が上記の通り本当にかわいらしい。この部屋が式場の決め手の一つになったと言っても過言ではないかもしれない。


で、この後はただもうひたすらメイクメイクのオンパレード。
この時のために目黒の家から山手線・宇都宮線を通って大宮までの間一切ノーメイクを貫いていたわけなんですが、もうここから先のプロのメイクさんの手さばきの鮮やかな事。

ちゃっちゃと椅子に座らされたかと思ったら、あっという間に

フォト

シートパック魔人になってみたり


フォト

サザエさんもどきにされてみたり



フォト

つけまつげをパイルダーオンされてみたり


とにかく休む暇がありません。
その間にも担当プランナーさんが最後の打ち合わせに来るわ写真・ビデオ担当の方々は交互にあいさつに来るわ、遅れてやってきた母が階段の途中でロングドレスの裾を踏んでこけるわととにかく大変。



いやあ花嫁は忙しいとは聞いていたけど本当だったんですね。
加えて自分のこれからやらなきゃいけないことの復習を頭の中で繰り返してみたり、
ぽち袋の中身を計算しなおしてみたり、やたらめったら色んな事を心配してみたりとまあ大変。

廊下を挟んだ向こうの部屋で待機している新郎も、きっと相当緊張した顔になっているんだろうなと思ってその場にいてくれた友人に様子を窺いに行ってもらうと……。








フォト

てんめぇ。



人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

お久しぶりです - 2010.11.08 Mon


久しぶりに日記を行進します。
最近本当に色々と忙しくてジタバタドタバタしてたんですが、
それも11月6日に【結婚式大成功】という形で無事に終了することができました。



フォト

いえい。


参列してくださった皆様。
手伝ってくれた方々本当にありがとうございます。

コレだけ時間をかけて取り組んだイベントというのは後にも先にもこれっきりでしょうし、
同時にこれだけ色んな人の助けを借りた行事も初めてでした。


参列してくださった皆様、
ご飯の量は足りたでしょうか?
お酒はたっぷり飲めましたでしょうか?
会場へ向かう途中迷子になったりしなかったでしょうか?

色んな方々から「楽しかった」等のお言葉を頂いてお姉さん感無量です。


一人一人に伝えたい言葉はたくさんありますけど、取り合えず一言にまとめるとすれば・・・・・



フォト

すんげえ楽しかったっす。




人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ジール

Author:ジール
出版社で仕事をした後イタリアに住み着く。
その後帰国し所帯を持ってからは映像編集の仕事に従事中。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



最新記事

カテゴリ

旅行 (49)
イタリア旅行14 (41)
イタリア旅行11 (29)
イタリア滞在 (43)
クルーズ旅行 (15)
カリフォルニア旅行 (11)
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー (8)
ウォルト・ディズニーワールド (50)
ディズニーランド・パリ (3)
ユニバーサル・スタジオ・フロリダ (9)
台湾旅行 (24)
京都旅行 (23)
各地イベント体験 (40)
インテリア (26)
映画 (14)
バイク (45)
ゲーム (25)
雑記 (26)
料理関係 (20)
結婚関係 (14)
ムジェロGP (2)
サンマリノGP (2)
もてぎGP (4)
ハワイ旅行 (39)
フランス旅行 (12)
北海道旅行 (13)
ハワイ旅行 15 (14)

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
226位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
85位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。