topimage

2009-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

私のドライブテクをお見せしよう - 2009.02.25 Wed

私はバイクが好きなのでバイクに乗っている。
しかし一応車にも乗れる。

オートマ限定だけど。



てなわけで、
この間友達と一緒に一泊二日の千葉ドライブに行ってきました。

やっほっほー。


『日本で一番速く日の出が見られる』と言われる南房総。
春の訪れも関東地方の中で一番速く、
既に菜の花が咲き始めているそんな自然豊かな半島に、
日本ののどかな風景を味わうべく、ルンルン気分で車を走らせ……てたはず、なん、だけ、ど……。




フォト
とりあえず、車を下りて一番最初に撮った写真。


・・・・・・おやん?
おやおやん??

えっと、
確か私、南房総に向かって走ってたんだよね。
埼玉から。


で、たどり着いたの、が……。



フォト
みやげ物店の様子。


これ、は……
横須賀?

神奈川県ですか!?



なんとまあ。
どういうこと?

いや、確かに私は日本の地理どころか世界の地理に完璧疎い人間だけど。
日光と言われて直ぐに県が思い浮かばないけど。
中東東欧辺りの国の配置がものすごいうすぼんやりしているけど。

しかし、
さすがに房総半島が千葉にあることぐらいは知ってるぞ。
だって調べたもん。


というわけで、
よくよく自分の通ってきた高速道路の地図を見直してみる。

すると……


フォト


ははーん。
な~~るほど。

つまりあれだ、




かなり大事な所で右と左を間違えたみたいだな。





と、いうわけで、
フォト
チケット買って
フォト
車入れて
フォト
乗船~~~

フォト
改めまして。こんにちは、千葉。
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

バレンタインデー粘土★ - 2009.02.17 Tue

バレンタインデー やってましたな。




今年は当日があいにくの土曜だったため、
皆さんいまいちしまりが無かったりなんだったりな感じだったようで。




そういやその昔・・・、

それこそ小学校時代にゃ、散々このビッグイベントに燃えてた気がする。


友達の家で企画して、材料買って…、
床になら分かるがなぜか天井にまでチョコレートを飛び散らせながらも、
ギャアギャア言いながらチョコレート作ってたような気がするな。



思えばあの頃の年代が、一番このイベントに純粋にテンションを上げてたような気がするなぁ~……
っと、
先日職場でダースの逆チョコラッピングを、「しゃらくせぇ」と爆笑しながらモリモリ食べていた時にふと思い出しました。



ので、
バレンタインデーを作ることにしました。


ただし、
今さらチョコを溶かして固めて『手作り』というのもなんなので、マカロンを。
しかもちょうど時期的にお菓子の材料高が起きているため、節約のためにも紙粘土で作ってみる事にしました。


つまりはようするに、
合羽橋とかで言う所のサンプル食品。
しゃらくさく言うとフェイクスイーツです。



さて、作りますぞ。

フォト
材料はこんな感じ

・紙粘土…適量
・水性絵の具…適量(アクリル絵の具の方が色が綺麗に出るそうで。ただ今回は安さを優先)

基本的には以上。あらま楽チン。


1、適当な量に分けた紙粘土に水性絵の具を適量たらす

フォト
量が多いと色が濃くなる。ただ『地』が白いため、どうしても練りこめる色はパステル調のみ。

2、絵の具が手につかないように練り練りしてムラの無いように色づけする。

フォト
綺麗なピンク色になりました。


3、適当な型を使って紙粘土を○型にくり抜く

フォト
ここら辺はクッキーの要領。


4、切り口をやや雑に残すことで、マカロンの焼かれた感じを演出する。
フォト
ちょっと底を押してふっくら感もアピールできればなおグッド。


5、マカロンの『皮部分』が完成

フォト
青いバージョンも作ってみました。


6、白い粘土をゆるく溶いたものをホイップ袋に入れ、生クリームっぽく絞り出す

フォト
むにむにん。この工程がかなり楽しい。一気に『お菓子』っぽくなる。


7、2~3日乾燥後、ニスを塗れば完成



どーん

フォト
フォト



でけた。


うん、思ったより楽でしかも面白かったぞ。
物によってはかなり本気でサンプルっぽく見えたりするし。
一応本気でやろうとすると粘土の質&費用もピンキリだったり色々あるみたいだけど、
『とりあえず作ってみたい』レベルなら、かなりお安い費用で出来上がっちゃうことが大発見。

どのくらいお安い感じで作れるかと言うと……

フォト
クッキー型を買うのをケチって食塩瓶で代用してもなんら問題は無いくらい。


みなさんも是非いかが??

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

食っとかな、やきとり - 2009.02.13 Fri

最近、なんかよく食べる。
よく食べる、というか、
『食べておかないと』という変な強迫観念がある。


多分あれだな。
イタリア行くから『日本食食っとかなっ!!』と思っているんだろうな。




一応、イタリアの名誉のために言っておくと、イタリア料理は私の食好みの中でも堂々3本の指に入る屈指の大好物である。
というより日本食・イタリア料理が二大巨頭となり、後の一つがその時々のランダムで変化するという感じである。


だから、絶対向こうで太ること請け合いなのである。
そのため、少しでも体系を細くして向こうに渡らないといけないのに、何故だか良く食べてしまう。



と、いうわけで、
この間は「焼きとり」で有名な埼玉県の東松山へ行ってきました。



片道2時間かけて。



ゴードン
「……。」




…い、いやさ、美味しかったじゃないかゴードンや。
しかも有名なんだよ?知る人ぞ知るんだよ?加えて地方だけあってとっても安い。
良かったじゃないか。


ゴードン
「電車賃が片道で千円越えました」

…そうでしたね。




ま、ともかく、

この東松山の「焼きとり」は本当に有名らしい。
何せ世界で(多分)始めて『焼き鳥協会』を立ち上げたぐらいの『やきとりLOVE』街で、
駅周辺に点在する昔ながらの焼き鳥店はおよそ100件を越えるとか越えないとか。


フォト
というわけで、こんな提灯があちらこちらに。


これは焼き鳥大好きな私としては行かないわけにいかない。

ということで、HPでたっぷり予習して、人気店といわれる店を2,3店ピックアップ。
大体の店が午後5時からというのでそれまで東松山に程近い川越で時間を潰し、いざ出陣。

すると・・・


有名店A
「すいませ~ん、後小一時間は空かないかと」

有名店B
「すいませ~ん、今日もう予約で満席なんっすよ」


午後5時半、早くも撃沈。

いやはや凄いな。正直こんなに人気あるとは思わなかった。
その後もフラフラ色々な店を回ってみても満席だったり、場所柄、『余りに地元的』過ぎて入りずらかったりと、なかなか店が決まらず。

「すは、ココまで来て結局大戸屋かっ!?」
と二人で絶望的になってた頃に、ようやく広くて若干入りやすそうな店を発見。
なんとか念願かなって焼きとりにありつけました。

フォト
最初に出てきたタンとレバー。レバーが苦くないのにびっくりした


ちなみにこの東松山の焼きとり、「とり」と言うくせに使っている肉は豚肉が殆ど。(そのため『焼き鳥』じゃなくて「焼きとり」と書く。焼き豚と言わないのはそれだとチャーシューになっちゃうかららしい…)

このため、食べ方も塩・たれではなく客のテーブルに置かれている「味噌ダレ」をお好みでつけていただくそうなん、です、が・・・・・・。


ゴードン
「・・・・・・味噌ダレ、ない」

う、うん。ないね。
あれ、なんでだろ?いや、無くても全然食べられるくらい味がついてておいしいんだけどね。
あ、
もしかしてあれかもよ。ここの店は味噌ダレ派じゃないのかもよ?


と二人でオドオドしながら食べること早数本。
何せはじめて来た所だし、メニューに細かい説明も書いてないぐらいローカルな店なわけで、結局店の人に聞けないままそれはそれで美味しく完食。
そしたら次に来た隣のお客さん
「やっぱ味噌ダレうめえなぁ~~!」




・・・・・・味噌ダレあったぁ~~~~!!!




どうやらこの味噌ダレ失踪事件、
一番最初に店員さんが、うっかり「テーブルに置き忘れていた」事が発覚。


その後もお手洗いついでに厨房を覗いてみたら、
上を下への大繁盛の最中、恐らく『今日からバイト始めました★』っぽいお姉さん(私たちに一番最初に注文を聞いて、そして味噌ダレをくれなかった人)の大活躍のお陰で、


全 て の テ ー ブ  ル へ の 注 文 が  満 遍 な く カ オ スになってるらしい事が判明しました。


そんなわけで厨房内は大騒ぎ。

飛び交う怒号
舞い散る罵声
まさにローカル居酒屋の活気溢れる雰囲気を体感できました。

・・・・・・お気の毒、バイトのお姉さん。




と、そんなわけで、
結局「味噌ダレ」を食べずに終えた東松山のやきとりツアーでしたが、このうっかりバイトさんのお陰で私たちに意外な役得。
この人の注文ミスで、恐らく他のテーブルに渡るはずだったであったろう、
メニューに書かれてなかった『どこの部位だか分からないヤキトリたち』をたくさん食べることができました。



フォト
右端のがメチャクチャ美味しかった。でも何だか分からなかったから追加で頼めず。


・・・・・・いや、「私たちのじゃありません」って言えばよかったんだろうけどさ、こっちも正直な話、どれが私たちのじゃないかが分からなかったんだよ。

ほら、
こういう場所、私たちド素人だったし、それに頼み方も良く分からなかったから、メニューにあった肉の部位を『全部一本ずつで』って頼んだのね。
そしたら次々と出てきてくれたんだけど、最終的に串を数えてみたら、メニューの品数の軽く倍ぐらいあったの。
そして最後の会計の際、先に出た隣のテーブルの人が『頼んだ奴全然来なかったよぉ~』と愚痴をこぼしてたの。
それで気づいたの。


ゴードン
「・・・共犯」



・・・・・・かもね。すいませんでした。
でも美味しかったです。
味噌ダレなかったけど。




PS
最後、私たちもお会計を済ませたら、そこの店の奥さんっぽい人が『今日はごめんねぇ~お願いだからまた今度改めて来てね』と言って何故かチョコレートくれた。
だからまた今度行こうと思う。

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

わかった。形から入ろう。 - 2009.02.08 Sun

前回の日記でイラストに精を出す事に決めた私。

でも何分いままで絵画の心意気が露ほども無かったため、
当然ながらクオリティは低水準。
棒人間から脱却を目指そうと気合を入れて描いてたら、いっそ棒人間だったほうが良かったのではと後悔しそうなクオリティのものが完成してみたりみなかったり。



・・・よし。
わかった。


あれだな。
シャーペンで描いているのがわるいんだな。



てなわけで、ドーーン↓↓↓

フォト


こんにちは。ペンタブです。


『弘法筆を択ばず』とはよく言うが、こちとら弘法大使様とは格が違う程のど素人なので、自信を持って筆を吟味。超吟味。



ゴードン「・・・・・・」
あら、なんだろうゴードンの目線が痛い。
心の底から『この企画倒れ魔人め』と罵倒したがっているあの視線が痛い。

いやあだってこれからの時代、なんでもデジタルじゃないですか。だったらはじめからデジタルに慣れておいたほうが、今後の地デジ以降期間にも苦労せずにすんなり溶け込めるはずじゃないですか。

ね?ね?

しかもね、これつい最近衝動買いしたわけじゃないんだよ?
ちゃんとイタリア行った時に向こうでブログ日記とかかけちゃったらいいな~とか思って去年辺りにヤフオクでお安くお買い上げしておいたんだよ??

ゴードン「ほほう。で、それ買った時にも、これで練習しまくるって言ってなかった?」
うん、・・・ん?・・・・・・お、おやぁ??

ゴードン「・・・・・・・」
・・・・・・・。


ま、あ・・・とにかく、 



フォト


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

イタリアの準備をするぞ。 - 2009.02.03 Tue



さてさて。前回の日記でイタリアに行くと言い切ってしまったので、
もう後には引けません。


お金も払っちゃったし。


しかも、気づいてみれば準備期間が残り2ヶ月しかないじゃない。


大変!
まだやっていないこといっぱいあるのに!!
こりゃあ優先順位を決めて効率的にこなさなきゃ。



と、いうわけで、

先日こんな物を買ってみました。


フォト
じゃ~~~ん。



えっと……、
とりあえず、日本人なら絵の一つでもうまくなっておこうかなって思ってさ。


だってさあ~、
未だ幾人かの外国人が抱いてくれている、ある種のクエンティンタランティーノ的な『ファンタジックごった煮SF ジャポン像』に大爆笑しながらサムズアップしている私としては、
そんな彼らのジパングイメージに水をさすような事をしてはいけないと思うのですよ。
やっぱりJALの座席には『サムライ・ソード置き場』を作るべきだと思うのですよ。


っていうか単純に、
期待を裏切られたら悲しいじゃないですか。

クロアチア人なのに名前が「~ビッチ」じゃなかったらちょっとがっかりじゃないですか。
ロシア人なのに寒がりだったらちょっと彼の暮らしを心配しちゃうじゃないですか。
歌の下手なイタリア人とか料理のできないフランス人くらいだったら…、まあ頭では理解するけど、でも心の中ではちょっとがっかりしちゃってるじゃないですか。
つまり、そういうプチがっかりを味あわせないようにしたいのですよ。

ステレオタイプってのもそうそう悪いもんでもなし。


で、
そういう意味で見てみるとこの私、名前も別段古風じゃないし、ケンドーもジュドーも嗜んでおりません。
YUKATAとかオリガミとか日本料理程度の製作なら可能だけど、どれをとってもなんというかいまいちこう……タランティーノには見初められないかなっていう程度。

そしてなによりも………


フォト
漫 画 大 国 日 本 が 聞 い て 呆 れ る 画 力




これはまずい。
何とかしなきゃ。
留学関係なしに何とかしなきゃ。


というわけで、最近通勤車内で、この本を読みながらメモ帳にチマチマ絵を描きしたためている次第です。


フォト
せめて、マリオぐらいは描ける様になりたい。ゲーム王国日本として


ps
ブログまた更新し始めました。もうちょっとまじめな事はこっちに書いてあります↓
http://ameblo.jp/valentinorossifumi/



人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ジール

Author:ジール
出版社で仕事をした後イタリアに住み着く。
その後帰国し所帯を持ってからは映像編集の仕事に従事中。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



最新記事

カテゴリ

旅行 (49)
イタリア旅行14 (41)
イタリア旅行11 (29)
イタリア滞在 (43)
クルーズ旅行 (15)
カリフォルニア旅行 (11)
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー (8)
ウォルト・ディズニーワールド (50)
ディズニーランド・パリ (3)
ユニバーサル・スタジオ・フロリダ (9)
台湾旅行 (24)
京都旅行 (23)
各地イベント体験 (40)
インテリア (26)
映画 (14)
バイク (45)
ゲーム (25)
雑記 (26)
料理関係 (20)
結婚関係 (14)
ムジェロGP (2)
サンマリノGP (2)
もてぎGP (4)
ハワイ旅行 (39)
フランス旅行 (12)
北海道旅行 (13)
ハワイ旅行 15 (14)

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
233位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
83位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。