topimage

2008-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

東北にはまだ雪があった。 - 2008.05.21 Wed




先週、私久々に一泊二日のツーリングをしましたよ。
うーん楽しかった。


今回の目的地は、
福島県の磐梯(ばんだい)地方ある猪苗代(いなわしろ)湖…
という、むやみやたら読みにくい漢字が寄り集まった場所近辺。

メンバーは私とゴードン、そして新潟より特別参加のかりんとさん
という愉快な三人組でした。




ゴードン以外の人と一緒にツーリング行ったのは地味に今回が初めて。
そのため他の人の足を引っ張らないか何気に不安でした。

ま、とはいえ、かりんとさんとは出発地点がかなり違うので(新潟と埼玉)、
一緒のツーリングとは言っても、現地直集合の現地解散方式だったんだけどね。


でも現地では結構一緒に走ったよ。
そして何より、今回はちゃんと『旅行』って感じのツーリングだった。


現地の牧場にまで行って牛乳飲んでみたり、アイスクリームが欲しくてアーチェリーしてみたり(しかもその最後の一本の矢を天井に突き刺してフィニッシュという、コントみたいなオチ付き)。
客が私たちしかいないペンションの3人部屋で、お菓子と酒でグダグダ語り合ってみたり、馬にも乗ってみたり(但し馬に乗る前の写真を撮りすぎて、いざ馬に乗る直前にカメラがバッテリー切れ)。

他にもちょっとした峠も越えてみたり、後ろから後続バイクにガンガン抜かれてみたり、途中道が分からなくなって田植えの最中のおばあちゃんたちに聞いて回ったり……。


なんというか、ほのぼのと楽しかったね。
道もそれほど混んで無くって、季節もちょうどよくって、


お陰で私のライディングテクニックも随分上がったのではないかしら?
なんだかんだ言ってバイク暦1年経ってるしね。その間に結構色んな所行ってるしね。
気づけば私も、バイク能力レベルで言えば中級ぐらいの……。


ゴードン
『……あ、そういえば、さっき皆で記念撮影した時にマリエがカメラお願いしたライダーの人、難波さんだったね』


……へ?
なんば、さん?
誰?……知り合い?

ゴードン
『…知り合いじゃないよ?難波さん(難波 恭司:80年代半ばから90年代初頭にかけてヤマハの契約ライダーとして全日本ロードレースを戦った人。世界グランプリにも出場経験アリ)は。』


…………
…………
…なんだってえぇ!?


あの人!?あの人がそんな人なのぉ!?
ってか何でそんな人がこんなとこいて、ご機嫌にカメラのシャッター切って
くれたりしてんのぉおおお!?!?

ゴードン
『あ、……知らないで頼んでたんだ』

知らないよ!こちとら未だ若葉マークも取れない初心者だもん。
さっきだって田んぼのあぜ道でのUターンに失敗したり砂利道に嵌ってすっ転んでたりしてたもん。
てか、知ってて頼んでたらどれだけ失礼なんだよこら。

ゴードン
『う~ん。俺ら撮ってもらうより、あの人撮った方が良かったかもね』



まったくだよ……。




●今回のまとめ●
1年経って、我未だ初心者。



写真1:泊まったペンションの前に全員集合。左から
    ゴードンのゼファー750、かりんとさんのエストレヤ、
    そして私のジール250。
写真2:山林のお寺を散策する二人。しかしまあ細っけえ二人だ。
写真3:磐梯山制覇を記念して、火口付近でポーズ。しかしまだ雪あるよこの山。
    頂上気温この時6度。もちろんがっつり冬装備。



またチャンスがあったら泊まりツーリングしたいな。
その時は、皆さんも是非ご参加あれ。
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

鹿さんと奈良さん - 2008.05.16 Fri




そういえば、この間のGWに家族で奈良に行ってきました。


奈良なんて中学校の修学旅行以来だよ。

しかもその時だって、『京都・奈良』の抱き合わせ旅行な上に、
全修学旅行生のメインはあくまでも『京都』
という何かと悲しいポジションに立ち続けているそんな奈良……。
が、今回メインとなる2泊3日の家族旅行。

……正直、主役張れる器なのかね君? と奈良の方(誰かは知らん)
に尋ねたくなっていました。


で、結果、
面白かった。

修学旅行で唯一記憶に残っていたどでかい大仏(@東大寺)はやっぱり
度肝抜かれる程の存在感&重厚感だったし、鹿は可愛かった。

後何より、京都よりも観光客擦れしてない感じがナイスでした。

いや、物凄い観光客の数ではあるんだけどもね。
それでもやっぱり京都よりは少ないし、もう少しだけのんびりしている感じ。
駐車場で車整備しているおっちゃんがてんてこ舞いで思わず苦笑いしている感じが、京都に無い朴訥感を助長させるようでいい味出しておりました。




ただ
この時期だけ、奈良では最高気温30度に手が届いていた模様。
日射病で死ぬかと思った……。




写真1:東大寺の大寺さん。周りに他の建物が無いから。一際でかさが
    目立って異常。人がゴミのようだ。

写真2:最終日のご馳走。私より海原雄山先生がおわした方がしっくり
    きそうな御席でのご懐石。
    何故ジーンズ+Tシャツの私を入り口で止めてくれなかった。
    食べてる間ずっと居た堪れなかったじゃないか。

写真3:鹿さん。GW中なので飽きるほど鹿センベイを食べているらしく、
    基本センベイを差し出してもノーリアクション。
    せっかく買ったのに…

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

GWにしてたこと - 2008.05.08 Thu


この間は、久々に映画を見たりしていました。




知らなかったんですけども、
GW期間は、イタリアから日本未公開の作品がわんさかやってくる『イタリア映画祭』ってのが行われているんだそうです。
地味に今年で8回目。

今回はその作品の一つで試写会(立食パーティーあり)が当たった
『Non pensarci/考えても無駄さ』
って映画を、イタリア文化会館で見てきました(写真は映画の一場面)。

客層は日伊が程よく半分ずつくらい。

で、
この試写会の凄いところは、実際に監督さんや俳優女優さんもやってきて、その場で観客のインタビューに答えてくれるというおまけがついていること。
あとイタ飯がつくこと。


観客からの質問は、基本監督と主演男優の二人が質問に答えてくれたのですが、この監督(ジャンニさん)と俳優(ヴァレリオさん)の会話が、何だか終始かわいい。

Q:作中、主演の方がピアノを弾いてましたがアレは吹き替えですか?

ヴァレリオ:…出来る限りのことはしたよ。
監督:途中から両手引きになってうまくなったでしょ?
ヴァレリオ:あそこ以降のメロディ、俺しらない。


Q:この作品は大変面白く、プロシュート(生ハム)のような奥深い味わいがありました。このような作品背景を作った理由は?

ヴァレリオ:ん?…どういうこと?
監督:つまり……、プロシュートの背景に何があるか知りたいんじゃない?
ヴァレリオ:豚肉です。
監督:あとドングリね。


司会(ダヴィットさん):まだまだ質問を受けたいのですが…、生憎パスタがもう茹で上がってしまったようなんですよ。

ヴァレリオ&監督:じゃあおしまい!


……何だか、終始食い物に執着したQ&Aであった辺りにイタリア魂を無駄に感じた試写会でした。



<↓以下映画の紹介>

『Non pensarci/考えてもムダさ』
2007年/105分 監督:ジャンニ・ザナージ(Gianni Zanasi)
出演:ヴァレリオ・マスタンドレア、アニタ・カプリオーリジュゼッペ・バッティストン、カテリーナ・ムリーノ、他

あらすじ(公式より)
ステファノは、35歳のパンクロック・バンドのギタリスト。かつてはそれなりの成功を収めたが、今は落ちぶれて恋人も寝取られる始末。冴えない生活に疲れたステファノは、自分の人生を見つめ直すために、しばらくぶりに実家に帰ることを決意する。彼の帰還を温かく歓迎する家族だが、父、母、兄、妹はそれぞれ問題を抱えており、ステファノは否応無しに多くの問題に巻き込まれていく。
--------------------



映画はとても面白かったです。
なんかこう、『脱力系ほのぼのトレインスポッティング(ドラッグなし)』って感じで。
まあ、トレインスポッティングからエッジ部分をひっこ抜いて果たして楽しいのかと思うかもしれないけれど…、少なくともこれは楽しかった。
お勧めです。

ただし『日本未公開作品を特別上映』がこの映画祭の売りなので、ビデオリリースされるかは激しく謎。



あとパスタとお肉がおいしかった。

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

したことないことをしてみよう - 2008.05.01 Thu




と、言うわけで、この間生まれて初めて野球観戦に行ってきました。


正直言って私、野球の事を誰よりもご存知ありません。
なぜなら生まれてこの方野球をプレーした事もなければ、まともに野球の試合を見たことすらも無いからです。

なんか、お父さんが嫌いだったんだよね。
だから野球の試合があると、必ずチャンネルを替えられていた。
なんでも、『巨人のオレンジの色が嫌い』とか何とかいう理由で(他にも「応援がうるさい」とか「時間通りに終わらない」とか「選手の顔がスポーツマンらしからぬふてぶてしさ」だとか……、色々理由を上げてくれていた気がするけど大方忘れた)。


ので、
ものの弾みでうっかり行かない限り行く事は無いだろうと思っていたので、強制的にモノノ弾みを作ってみました。
最近野球に嵌りだした友人と一緒に。



そうしたら……、分かった事が一つ。


野球って、思ったより動かない。


いや、動いているんだけどさ。
動いているんだけど、決して動きっぱなしじゃない。
攻守がハッキリ分かれていて、ピッチャーが球を投げたその瞬間に全てが動いて、そしてまた止まる、そんな瞬発力の連続って感じ。
むしろ持久力という意味では、スタンドで力の限り応援歌を歌い続けてるファンの皆様の方がよっぽど持久戦で戦ってらっしゃってるなって、そんな感想。

サッカーやボクシングみたいに動き続けてチャンスをうかがうタイプとはかなり違うんだなぁ野球とは。と思った。

『一球入魂』という言葉の意味がちょっと分かったそんな春の午後でした。




写真1:渋谷に程近い、神宮球場。この回は<ヤクルトVS中日>戦をやっていました。
写真2:野球帽をかぶって応援する私。ただし帽子はMOTO GP仕様。
    これしかなかったんだもん。
写真3:さらに観戦しながら食べる刺身(マグロ)。近所のスーパーで購入。
    この前にはアボガドを丸かじりしていた。


●まとめ●
野球観戦は面白かった。しかし私の格好のミスチョイスっぷりと応援する気のない観戦スタイル(アボガドと刺身食いながらの観戦)から、周りのファンに白い目で見られていなかった自信がとても無い。

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぜひクリックお願いします!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ジール

Author:ジール
出版社で仕事をした後イタリアに住み着く。
その後帰国し所帯を持ってからは映像編集の仕事に従事中。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



最新記事

カテゴリ

旅行 (49)
イタリア旅行14 (41)
イタリア旅行11 (29)
イタリア滞在 (43)
クルーズ旅行 (15)
カリフォルニア旅行 (11)
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー (8)
ウォルト・ディズニーワールド (50)
ディズニーランド・パリ (3)
ユニバーサル・スタジオ・フロリダ (9)
台湾旅行 (24)
京都旅行 (23)
各地イベント体験 (40)
インテリア (26)
映画 (14)
バイク (45)
ゲーム (25)
雑記 (26)
料理関係 (20)
結婚関係 (14)
ムジェロGP (2)
サンマリノGP (2)
もてぎGP (4)
ハワイ旅行 (39)
フランス旅行 (12)
北海道旅行 (13)
ハワイ旅行 15 (14)

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
84位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。